« 書評<ザ・シークレット・フットボーラ―> | Main | 静岡ホビーショーに行ってきた2013 その②合同作品展2-1 »

静岡ホビーショー2013に行ってきた その①メーカー新商品レポート編

昨年に福岡に転勤になったウイングバックですが、まあ札幌からホビーショーに行ってたことを考えれば静岡空港への直行便もあるし近いもの、と開き直って静岡ホビーショーに今年も行ってきました。
まずは極私的に気になった各メーカーの新商品を紹介しましょう。
例によってハセガワから。
Rimg00501
かなり前から予告されていた1/16ソッピース・キャメル。多色成型のプラパーツの構成されていて、エルロンなど作動。最低限の塗りでミュージアムモデルの類似品ができる模様。
Rimg0052
こちらも予告済み、1/72MV-22オスプレイ。コクピット部分はオールクリアパーツで構成。その他はハセガワ・スタンダードで良い感じの試作品。「主翼折り畳み、できますか?」とブースの方に聞くと、「分割はあってますので、後はお客様の方でローターをなんとかして貰えれば・・・」ですって。それが一番難しい。それと、発売されるパッケージは普天間駐留部隊のものでないのは意外。
Rimg0057
待ってましたのハセガワ版1/72VF-25メサイア。バンダイのはどーしても脚回りなど細部がいまいちヒコーキっぽくないので、こちらも買いですな。
マクロス関係ではバンダイの完全変形1/72VF-1バルキリーがスーパーパックとともに7月発売。注目の的でした。
そのバンダイからは1/100MG RX-78ガンダムver.3が発売。
Rimg0262_2
もうver.2の金型代を償却できたのか、とそちらの方に驚愕。なんだかんだと1stガンダムですなあ。
タミヤは空モノは1/32F4U-1コルセアの決定版および1/3510式戦車が満を持して発売。
Rimg0061
10式戦車は「エッチングパーツを使わなくても満足できる出来」に仕上げた自慢の1品とのこと。AFVモデラーでなくても、これは買い。
最近はじけてるアオシマからは1/24マクラーレンF1 GTRロングテールモデルとか注目作がありましたが、個人的には「護国トレーラー」に注目。
Rimg0249
最終的にモノホンの「右翼街宣車」が出たら、アオコを褒めてつかわす(笑)。
アオシマからはもう1点、73式給油車。
Rimg0272
AH-1Sコブラとの組み合わせが楽しみな一品です。
ファインモールドのブースは当然のように「ガールズ&パンツァー」の痛ジープが鎮座。昨年のSHSでガルパンの製作発表があったときにはこんなにブームになるとは、自分もDVD買うぐらいに好きな作品になるとは思いませんでした。ほんと、模型業界の救世主です。
そのファインモールドには参考出品だが1/35高機動車。
Rimg0250
MPMS(多目的誘導弾システム)とかバリエーションが無限に広がるので、ぜひとも発売にこぎつけて欲しいものです。
TOMYTECのスペースシリーズでは、参考出品だがシャトル発射施設が展示。
Rimg0086
これだよ!これを待ってたんだよ!必ず発売してくれ(笑)。
輸入モデルでは空自救難隊のU-125AがSWARDから1/72で発売される模様。
Rimg0072
輸入代理店のビーバーコーポレーションの関係でいうと、何社かからサーブ・ビゲンの1/48新規金型モデルの発売があるみたいなのね。レベルから1/72グリペンの開発がニュルンベルクで発表されているので、1/72でもハセガワのドラケンとの間を埋めるキットが発売されてほしいなあ。
最後は東京マルイのエアガン関係。実銃のサウンドとリコイルが再現できるコッキングエアライフル。
Rimg0063
無線で手元のスピーカーでサウンドを伝えるみたい。世界7か国で特許とのこと。どれくらい、バリエーションが派生するかは未知数。
Rimg0065
従来からある電動ライフルがサバゲーマーに要求に対応して高機能・高価格化しており、その一方でいわゆるBOYSシリーズでは物足りないという客層に向けたライトプロ・シリーズ。コルトM4からスタートしたラインナップが拡大中。実物触った感触はやっぱり5~6万円する本格派シリーズより劣るものの、例えば軽く室内でプリンキングするとかには最適。

以上がメーカーブースレポートでした。明日から、合同作品展の方をレポートします。

|

« 書評<ザ・シークレット・フットボーラ―> | Main | 静岡ホビーショーに行ってきた2013 その②合同作品展2-1 »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

静岡、お疲れ様でした。
展示会はすごかったですね。人もすごかったですが(^^;
しかし懇親会が楽しかったw
楽しい酒とお話でした(^^)
ではまたお会いできるのを楽しみに。

Posted by: yaszo | 2013.05.21 at 07:54

お疲れ様でした。
しっかりと観察されてますね。
もう、おいらとは目の付け所が全然違うなぁ・・と。
ネットに慣れてしまってるせいか
実物を見てもピンとこない、変な感覚が身に付いてますw

Posted by: ドカ山 | 2013.05.21 at 09:25

U-125が出るなんて…
エアのドミニーから改造しなくてよかった。

Posted by: toy | 2013.05.21 at 12:49

>yaszoさん
2次会はほとんどプラモの話、してませんでしたね(笑)。
また来年になると思いますが、よろしくお願いします。

>ドカ山さん
お疲れ様でした。
ホビーショーは目の付け所で全然違う風景が広がってるんでしょうね。
ネットで事前情報が溢れてるので、感動は少ないかも。

>toyさん
なんともマニアックな商品が出ますね。
自分は高いレジン製を買わなくてよかったです(笑)。

Posted by: ウイングバック | 2013.05.21 at 22:44

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/57424147

Listed below are links to weblogs that reference 静岡ホビーショー2013に行ってきた その①メーカー新商品レポート編:

« 書評<ザ・シークレット・フットボーラ―> | Main | 静岡ホビーショーに行ってきた2013 その②合同作品展2-1 »