« MV-22B Day2nd | Main | 書評<食卓のメンデル: 遺伝子組み換え食品の正しい見方> »

書評<英国一家、日本を食べる>

イギリス人のトラベルジャーナリストが妻と小さな子供を引き連れて日本に長期滞在。北は札幌から南は沖縄まで、上はメンバー制の料亭から下は大阪の串かつまで、日本の様々な食文化に触れ、レポートしていく。

皮肉屋の英国人が日本食をどう感じるか?それが知りたくて本書を手に取ったのだが、期待以上の面白さだった。ジャーナリストだけあって、日本食の海外文献で予習し、来日して日本の料理界のVIPたちとも会う事により、様々な日本料理とその歴史を高い俯瞰の視点で見てレポートする。そのレポートは我々日本人にとっても自分たちの料理を再勉強できるものだ。
もちろん、料理の体験も面白い。欧米人にとってはタブーともいえるクジラにも挑戦していたり、様々な人の縁を辿って名店を訪問したりと、一種の冒険物語に近い。さらに、妻と子供の反応が良いアクセントになっており、読む側を飽きさせない一冊だ。

初版2013/04 亜紀書房/ソフトカバー 

|

« MV-22B Day2nd | Main | 書評<食卓のメンデル: 遺伝子組み換え食品の正しい見方> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

この本、私も買って読みましたよ。

ポケモンの人気にもびっくりですよね。

Posted by: taki | 2013.08.12 05:59

>takiさん
この本、多少ズレてるところもあって、それがまた素直な感想で面白いですよね。
ポケモンこそが”クールジャパン”の代表格なんでしょうね。

Posted by: ウイングバック | 2013.08.12 21:52

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<英国一家、日本を食べる>:

« MV-22B Day2nd | Main | 書評<食卓のメンデル: 遺伝子組み換え食品の正しい見方> »