« 陸自 2013年度健軍駐屯地記念行事に行ってきた | Main | 陸自 2013年度大村駐屯地記念行事に行ってきた »

陸自 2013年度目達原駐屯地記念行事に行ってきた

晴天に恵まれた3連休初日、陸自目達原(めたばる)駐屯地記念行事に行ってきました。
Dscn0313

目達原駐屯地は佐賀県唯一の駐屯地で、西部方面飛行隊の飛行場と九州補給処が同居しており、多彩な展示をみることができる駐屯地。到着後、さっそく装備品展示に向かいます。
Dscn0217

Dscn0227

203mm自走榴弾砲とFH70野戦抱。装備品展示はそれぞれ九州補給処でどのような整備がなされるか説明があって、これら野戦砲に関しては、ゴムパッキンなど消耗品の交換など行っているとのこと。
その他装備品展示は先週と似たようなものなので、ほどほどに見て祝賀式典会場へ。
例によって来賓祝辞など長い話に耐えた後、観閲行進。
Dsc_0078

Dsc_0137
まあフツーの装備品の観閲ももちろんあるのですが、補給処ならではとしては、フォークリフトの大集団とトレーラーの写真をチョイス。フォークリフトはねえ、大集団で行進するよりも、神業技術の実演とは、他の方向性の方がいいのではないのでしょうか(笑)。
そんでもって、ヒコーキ好きとしては飛行隊の編隊飛行と展示飛行。ランダムに写真貼ってきます。
Dsc_0449

Dsc_0453

Dsc_0227

Dsc_0269

Dsc_0373

Dsc_0342
残念だったのは、機動飛行したのはUH-60JAとOH-1だけで、AH-1Sとの混成運用が始まっているAH-64Dロングボウ・アパッチが編隊飛行のみだったこと。どこかの空軍みたいに、ループとかいずれやってほしいものです。
式典が終わると、椅子など撤去してヘリの展示場所を作ります。ここでちょっと面白かったこと。
OH-6は人力で滑走路から移動。
Dsc_0547
AH-1Sコブラは車輪をつけて引っぱりトーイング。
Dsc_0592
UH-60JAとAH-64Dはトーイングカーで押して移動。
Dsc_0568

Dsc_0620
同じ基地にいるヘリでもこう違うと、格納庫にしまうときとか大変そう。
30分ほどその作業を眺めたあと、おもむろにまずはロングボウ・アパッチに近づき観察。
Dscn0281

Dscn0299

Dscn0306
アパッチ、デカいヘリコプターですわ。つくづくも、こいつの機動飛行を見たい!
お次はUH-60JA。西方重視の一環で、ブラックホークの配備は首都圏の他は九州に優先的に配備。キャビン内部を公開してました。
Dscn0316

Dscn0321

Dscn0328
ふふ、現代ヘリのハイテクの1つ、赤外線抑制のブラックホール・オカリナを激写してやったぜ。
偵察ヘリは2種、OH-6とOH-1。
Dscn0271

Dscn0270
そこそこの人出でしたが、敷地が広いせいか、ゆっくりとヘリコプター群を観察することができました。
今回、駐屯地祭でははじめて新兵器のSIGMA50-500mmAPOを試してみましたが、いやあ、その重さに負けて筋肉痛です(笑)。ヘリの飛行展示中も思わずレンズを下ろしてしまい、後半はフォーカス合わせるのも一苦労。当分は修行ですな。
ともかく、ヘリコプターの様々な表情を見ることができた1日でした。
最後に今回のサービスショット。
Dsc_0016

ViP席の警護についていた隊員さんなのですが、充実した装備といい、シロウトにも分かるただならぬ雰囲気といい、パッチそのとおりの部隊の人とは思えないんですが、勘ぐりすぎですかねえ・・・。
それにしても、なんで目達原を「めだばる」、吉野ヶ里を「よしのがり」と読むんだ?地名は謎が多い。

個人的メモ
往路;笹原7:23→7:43二日市7:48→8:01鳥栖8:09→8:24吉野ヶ里公園→シャトルバス
復路;シャトルバス→吉野ヶ里公園13:32→13:46鳥栖13:56→14:08二日市14:11→14:32笹原

|

« 陸自 2013年度健軍駐屯地記念行事に行ってきた | Main | 陸自 2013年度大村駐屯地記念行事に行ってきた »

自衛隊イベント」カテゴリの記事

Comments

 乙であります。アパッチはむしろ霞ヶ浦や立川のほうが(明野もそうかしらん)ぶんぶん飛んだりするんでせうかね。
http://kwat01.web.fc2.com/airshow/tachikawa2010/f06_ah-64d.htm
 ↑2010年立川

 地名に関しては、飛行機マニア的に割と知られているのが「新田原基地の最寄り駅は新田原駅ではない」というあたりですかね。それよりワタシは長い事「高遊原」が読めませんでしたし、今が旬な滋賀県の「饗庭野演習場」も旬になるまで読めませんですたw

Posted by: KWAT | 2013.10.12 at 20:44

>KWAT氏
九州は「原」を「ばる」と読む地名が多いのは確かなんですが、それにしても、ねえ。
第3飛行隊はアパッチの運用が始まったばかりのようなので、まだまだ練度を上げてる途中ですかね。見せてもらえるだけマシなのかも。

Posted by: ウイングバック | 2013.10.12 at 21:16

最後のVIP警備されていた隊員さんのベストは初期のSOEです。実物は丈夫すぎて更新しにくい背景がありますね。隊員さん個人で購入しているので家族持ちはなかなか大変です。しかし、譲った装備品を今でも愛用してくれていたとは嬉しいですね。

実は本人がココを見た人に教えてもらい知ったそうです(笑)確かに目立つ人ですからね(^o^)

私もこれからのレポート楽しみにします。

Posted by: へっぽこ | 2013.10.28 at 11:33

>へっぽこさん
個人購入の装備品でしたか。ほんと、自衛隊の隊員さんには頭が下がります。
おまけに本人さんにも写真が見つかったのですか!なんか恥ずかしいです(笑)。
またレポートを上げていきますので、今後もチェックしていただければ幸いです。

Posted by: ウイングバック | 2013.10.28 at 13:35

夕方に同僚達にココのブログを見せたら「相変わらずの人で元気そうで良かったと」皆(笑)でした。
しかし、このブログの人も鋭い感性の人だねと言ってました。
普通は装備品(ハイテク機器)に目が行くのに、それを扱い、関わる「人」に目がいくとは洞察力のある人だと。
確かに『シロウトにも分かるただならぬ雰囲気といい、パッチそのとおりの部隊の人とは思えないんですが、勘ぐりすぎですかねえ・・・。』は
当たっていると思いますよ。

私的には、躍動するヘリを何故こんなに綺麗に撮れるのだろうと感心していますが( ´ ▽ ` )

来年は人事異動されていると思いますが、もしかしたらドコかの駐屯地で先頭切って「行進」されているはずです。
その時も楽しみにしています。

Posted by: へっぽこ | 2013.10.28 at 22:52

>へっぽこさん
感性まで褒められて嬉しいです。メカフェチではありますが、やはり訓練された隊員さんの表情に目がいきます。今後も隊員さんの凛々しい姿を探していきます。

Posted by: ウイングバック | 2013.10.30 at 20:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/58370518

Listed below are links to weblogs that reference 陸自 2013年度目達原駐屯地記念行事に行ってきた:

« 陸自 2013年度健軍駐屯地記念行事に行ってきた | Main | 陸自 2013年度大村駐屯地記念行事に行ってきた »