« 三井三池炭鉱・万田坑跡に行ってみた | Main | 書評<にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語> »

2014.01.14

書評<第三の銃弾>

アメリカの田舎町で隠遁生活を送っているかつての名スナイパー、ボブ・リー・スワガーに、奇妙な調査依頼が舞い込んだ。依頼は住宅街で轢き殺された小説家の妻からで、夫の死に不審な点があるというのだ。そしてそれは、50年前のJFK暗殺に関わるものと思われた。スワガーは熟考の末に調査を引き受けることに。なぜ、犯人は暗殺を実行したビルの中で、ベストポジションともいえる場所で射撃しなかったのか?なぜイタリアのマイナーなライフルが使われたのか?なぜ発射された銃弾は、通常想定される弾道とは違う、謎の弾道をとったのか?タイトルにもなっているが、なぜ「第三の銃弾」の痕跡は残らなかったのか?スワガーは調査を進めていくうち、過去との因縁に絡み取られていくことになる。

著者の看板、<スワガー・サーガ>の最新作のテーマは、2013年に50年目の区切りを迎えるJFK暗殺。その暗殺方法と犯人の実像に謎が多いことから、今なお様々な陰謀説を今も生み出している。今回、スワガーは彼の世界の中心である、銃器を通して暗殺の謎に挑む。<スワガー・サーガ>はなんといってもガン・アクションが魅力だが、本作はそのテーマからミステリー的な謎解きが多く、アクションは抑え目。さらに物語の後半は、JFK暗殺の黒幕の独白が文章量の半分を占める。だが、スワガーが状況証拠から暗殺の技術的な謎を明らかにしていき、黒幕の独白が政治的な動機を明らかにしていく物語の構成が、読者をグイグイと引き込む。本書は立派なフィクションなのに、これが最適解だと誤解しそうになるほどだ。
本書はアメリカを”エリートの独善”で守ろうとした男と、アメリカを銃弾で守ってきた男の対決を、見事に書き切ったエンターテイメントである。

初版2013/11 扶桑社/扶桑社ミステリー文庫

« 三井三池炭鉱・万田坑跡に行ってみた | Main | 書評<にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<第三の銃弾>:

« 三井三池炭鉱・万田坑跡に行ってみた | Main | 書評<にわかには信じられない遺伝子の不思議な物語> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ