« 映画「RUSH」を見てきた | Main | F-4C ANG Completed »

2014.02.18

書評<シークレット・レース>


欧米では抜群の人気を誇る自転車ロードレース。肉体の限界に挑戦するサイクルレースは、ドーピングがごく当たり前のように行われてきたが、”沈黙の掟”と周到な対策により、世間に全面的に告発されることはなかった。だが、アメリカでその構造にメスが入り、ツールド・フランスを7度勝利したランス・アームストロングの成績剥奪につながることになる。本書はランスのチームメイトであったタイラー・ハミルトンがその半生を振り返り、アメリカの田舎町のやんちゃな少年がロードレースのエースになるかたわら、ドーピングに手を染め、それによって内心がどのように動いていたかを告白する。

スポーツ関連のノンフィクションとして評価が高く、ドーピングの問題にも興味があったので本書を手に取ってみたが、スポーツ観戦はサッカーぐらいの自分にとって、サイクルレースの実態は衝撃的であった。散歩もろくに出来ないほど特殊な肉体を作り上げ、そこからさらにドーピングによって常人とは異なる心肺機能を発揮させる過酷なトレーニング。敗北したチームは即スポンサーを失う恐怖からくる、苛烈なレースとチーム内の序列の複雑さ。そうした事情のすべてを、タイラー・ハミルトンは告白していく。
そしてチャンピオン、ランス・アームストロングの強烈な個性。ドーピングが疑われ、不利な立場に追い込まれてもなお、栄光を守るために戦う攻撃的な性格。本書の主人公、タイラーはランスのチームを離れてもなお、彼と関わらざるをえない。それはドーピング使用告白後も続く。
本書はただドーピングを告発する本ではない。タイラー・ハミルトンの半生と、世界的なサイクルレースの全貌を描き切った、優れたノンフィクションである。

初版2013/05 小学館/小学館文庫

« 映画「RUSH」を見てきた | Main | F-4C ANG Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<シークレット・レース>:

« 映画「RUSH」を見てきた | Main | F-4C ANG Completed »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ