« 書評<タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物> | Main | 書評<天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 > »

2014.06.02

Su-33 Day1st

2014年の静岡ホビーショー合同作品展に参加して、製作意欲が高まったときこそ、疲れた体にムチうって新作をいきましょう。お次はコレ。
1301216130097
ハセガワSu-33フランカーD。フランカーの艦上型であり、カタパルトなしで離着艦ができるよう、カナードを追加、テールフィンを短くしたタイプです。ゲームやアイマス機のヒットを受けて、ハセガワが何十年ぶりの新金型によりソ連機を開発。そのインパクトは絶大なものがありました。また今年の7月にはフランカーのSu-35が発売されるとの事で、このタイミングで製作しておくべきでしょう。そして、まだスケジュール調整の目処がついていませんが、北海道モデラーズエキシビジョン参加を目指しての製作でもあります。
さっそく製作開始。
Dscn1920
今回は興もノッているので、苦手なエッチングを使いましょう。DreamModelの製品で、エアインティーク下面の開状態を再現。着陸状態で製作するのでありえないシチュエーションなのですが、見映えを重視。
さらにテンションが高いうちに、パーティング処理とマスキングが面倒なAAMを組み立てて塗装。
Dscn1922
キットのパーツでレーダーホーミングからIRホーミングまで、各種ミサイルを取り揃えることができます。フィンがやや厚いのが難点ですが、強度の問題上から、そのままで塗装しています。
なんとかSu-35発売までに仕上げよう。

« 書評<タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物> | Main | 書評<天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 > »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Su-33 Day1st:

« 書評<タコの才能 いちばん賢い無脊椎動物> | Main | 書評<天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 > »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ