« Su-33 Day1st | Main | 書評<越天の空 (上)> »

2014.06.03

書評<天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 >

”救世群”と呼ばれる致死性のウイルス感染者と、非感染者の争いから、地球と小惑星群に移住していた人類が”ほぼ絶滅”して300年。わずかに残った非感染者を絶滅せんと、プラクティスはなお執拗に残存人類の居住地へ攻撃を続け、非感染者はそれに対抗していた。だが、その戦いはたった1人、居住地の首領しか知らない。だが、ある意味で安定を保ってきた居住地にも、絶望がせまろうとしていた。壮大な物語が紡がれるシリーズ第8弾前編。

第8巻にして、ようやく”因果”が第1巻とつながった。争いを地底深くに押し込め、自らを太陽系外に拡散した人類であると”設定”し、過去を葬り去った人類が、ようやく真実を知ることになる。どんなふうにプロットを組むのかは推測するしかないが、10巻に及ぶ小惑星群に移住した人類の物語を、それぞれ違う人物の視点で描き、なおかつ因果を巡らせる著者の手腕は見事という他ない。
この物語も終わったわけではないが、SFやラノベ界は未完連作が多中で、著者の才能と努力には敬服するしかない。物語とは別に、そんなことをつくづく思わせる長編である。

初版2014/05 早川書房/ハヤカワ文庫NV

« Su-33 Day1st | Main | 書評<越天の空 (上)> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 >:

« Su-33 Day1st | Main | 書評<越天の空 (上)> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ