« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »

2014.09.02

書評<極大と極小への冒険>

我々人間の感覚は、地球で暮らすぶんには非常に優れているものの、宇宙規模で起こることを観測するには、あまりにその知覚する範囲はせまい。本書は「数」「大きさ」「光」「音」「熱」「時間」について、その極大と極小がどこにあるのか、探っていく。

本書を読んで感心したのは、その比喩のうまさである。例えば大きさの章から引用。「地球の重力と小さな磁石で力比べをしたら、磁石はクリップを簡単に持ち上げて、勝ってしまう」。物理でいう”力”の関係は、どんな本を読んでもなかなか分かりにくいが、この比喩で初めて腑に落ちた気がする。極大と極小を説明するために、記載される数字は極端なものが多いが、直観的に理解できる解説と比喩のおかけで、この世界の”広大さ”を理解できた気にさせる、そんな1冊だ。

初版2014/06 紀伊国屋書店/ソフトカバー

« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<極大と極小への冒険>:

« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ