« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »

書評<極大と極小への冒険>

我々人間の感覚は、地球で暮らすぶんには非常に優れているものの、宇宙規模で起こることを観測するには、あまりにその知覚する範囲はせまい。本書は「数」「大きさ」「光」「音」「熱」「時間」について、その極大と極小がどこにあるのか、探っていく。

本書を読んで感心したのは、その比喩のうまさである。例えば大きさの章から引用。「地球の重力と小さな磁石で力比べをしたら、磁石はクリップを簡単に持ち上げて、勝ってしまう」。物理でいう”力”の関係は、どんな本を読んでもなかなか分かりにくいが、この比喩で初めて腑に落ちた気がする。極大と極小を説明するために、記載される数字は極端なものが多いが、直観的に理解できる解説と比喩のおかけで、この世界の”広大さ”を理解できた気にさせる、そんな1冊だ。

初版2014/06 紀伊国屋書店/ソフトカバー

|

« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/60236737

Listed below are links to weblogs that reference 書評<極大と極小への冒険>:

« 書評<あなたのなかの宇宙:生物の体に記された宇宙全史> | Main | 書評<本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人> »