« 書評<クジラとアメリカ: アメリカ捕鯨全史> | Main | 陸自 2014年度相浦駐屯地記念行事に行ってきた »

書評<土漠の花>

アフリカのソマリア沖に跋扈する海賊に対処するため、政府は海上監視用に海自のP-3Cを派遣した。基地警護隊として、陸自第一空挺団とともに。ある偶然から、アメリカ海軍の墜落したヘリの捜索に、空挺団の小隊に派遣されることとなった。そして彼らはそこで現地ゲリラに追われる女性を助けると共に、そのゲリラから決死の逃避行を強いられることになる。果たして、彼らは生き残ることができるか?

「海外派遣された自衛隊の実戦」のフィクションだが、政治的な話は一切なし。武力と知力を最大限に発揮し、生き残りをかけるサバイバルの物語だ。見知らぬ土地での、火力も機動力も劣る部隊の決死の逃避行に、各隊員の人生の背景が巧みに織り込まれ、勇気と自己犠牲を見せつけられる。一気読み以外の読み方が見つからない、ノンストップアクションだ。

初版2014/09 幻冬舎/ハードカバー

|

« 書評<クジラとアメリカ: アメリカ捕鯨全史> | Main | 陸自 2014年度相浦駐屯地記念行事に行ってきた »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/60428485

Listed below are links to weblogs that reference 書評<土漠の花>:

« 書評<クジラとアメリカ: アメリカ捕鯨全史> | Main | 陸自 2014年度相浦駐屯地記念行事に行ってきた »