« 書評<機龍警察 火宅> | Main | 書評<宇宙人相場> »

書評<奇妙なアメリカ: 神と正義のミュージアム>

日本では博物館はさほど身近な存在ではないが、アメリカには様々なテーマを取り上げたミュージアムが各地に点在し、国民にとって非常に身近な場所である。科学、美術、歴史など様々なテーマを取り上げたそれらミュージアムには、現在のアメリカが如実に現れている。本書は8つの代表的なミュージアムを実際に見学し、アメリカの市民の多用な価値観を分析していく。

日本では、国や自治体ではなく、個人や団体が大規模なミュージアムを常設しているのは比較的珍しいが、アメリカはそういったミュージアムが数多く存在する。個人が運営するものであるから、そこには施設運用者の訴えをダイレクトに受け取ることができる。例えば進化論を否定する”インテリジェント・デザイン”を取り上げたミュージアムなどは科学の主流では決してないものだが、そこに多くの人が訪れるということは、進化論を否定する市民が数多く存在するということである。
このように、ミュージアムにはアメリカの”矛盾”が反映されている。核兵器に対するアンビバレンツな感情、ビリオネアへの妬みや嫉み。著者は”先進国アメリカ”が抱える問題を、8つのミュージアムを探訪して見事に指し示すことに成功している。

初版2014/06 新潮社/新潮選書

|

« 書評<機龍警察 火宅> | Main | 書評<宇宙人相場> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/60922318

Listed below are links to weblogs that reference 書評<奇妙なアメリカ: 神と正義のミュージアム>:

« 書評<機龍警察 火宅> | Main | 書評<宇宙人相場> »