« 書評<捏造の科学者 STAP細胞事件> | Main | 書評<イスラム国 テロリストが国家をつくる時> »

書評<捏造の科学者 STAP細胞事件>

2014年、日本の科学史に残る大事件として記憶される事件が起こる。あらゆる細胞に分化するSTAP細胞の発見と、それが捏造であったことが明らかにされたのである。理化学研究所の若き女性マネージャー、小保方氏による捏造は当然のごとく世間の注目を浴び、共同研究者であったベテラン生命科学者の自殺者という、最悪の結末を招いた。本書は生命科学の取材歴も長く、多くの研究者とのコネクションも持つ毎日新聞の記者が、STAP細胞の取材をまとめ、捏造事件の全体像を明らかにする。

”割烹着姿のリケジョ”とか、一般マスコミが飛びつきそうなキーワードとともに存在が明らかにされたSTAP細胞と、それが捏造であると明らかになるまでの”ドラマ”。本書では毎日新聞である記者の、新聞紙面では掲載し切れない直接取材やメールでのやり取りが明らかにされ、事の次第を時系列で詳細に知ることができる。
また、著者は共同研究者で、自殺した笹井氏との親交が深いことから、「笹井氏を軸にしたSTAP細胞事件簿」として読むこともできるのも本書の特色だ。科学研究費の予算獲得を巡る競争を勝ち抜く管理者としての笹井氏、功を焦る研究者としての笹井氏という、STAP細胞事件の遠因が明らかにされる。
だが、本書では肝心の小保方氏の姿が薄い。大学時代から論文を登用し、研究室を渡り歩く異例づくしの経歴と登用など、周辺情報ばかりで(もちろん彼女を登用した大学や理研は避難されてしかるべしだが)、肝心の小保方氏のパーソナリティ、捏造へ向かう動機、情念が見えないのだ。小保方氏がマスコミから逃げ回り、取材拒否しているから当然かも知れないが。彼女が口を開き、語らなければ、本件は終了とはいえないと思う。マスコミの追い込みをのぞむ。何せ、本件は自殺者まで出しているのだから。

初版205/01 文藝春秋/ハードカバー

|

« 書評<捏造の科学者 STAP細胞事件> | Main | 書評<イスラム国 テロリストが国家をつくる時> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/60989590

Listed below are links to weblogs that reference 書評<捏造の科学者 STAP細胞事件>:

« 書評<捏造の科学者 STAP細胞事件> | Main | 書評<イスラム国 テロリストが国家をつくる時> »