« 書評<恋するソマリア> | Main | 書評<毒殺―暗殺国家ロシアの真実> »

F-20 Day1st

2015年の静岡ホビーショーから2週間。熱が冷めないうちに、次を始めましょう。
01e01f83830546d02d1d50eb3b19b373455

8月に参加予定の北海道モデラーズエキシビジョンの我がクラブの今年のテーマが「ホワイト」。それに、SAコンテストもある。ということで、まずはコレ、ハセガワの1/72のF-20タイガーシャークのデモンストレイターといきましょう。ホワイトの面積がやや少ない気がしないでもないですが。

01cfe1aebc77ee22ea3d8c1fee6a2566743

ごく普通にコクピットやエアインティーク内を先に塗装しといて、4時間ほどで土の字に。このお手軽さこそがハセガワの後期レギュラーシリーズなので、このままストレートに組み立てて、素直に塗装しましょう。出来れば凸モールドのまま、長い間流通してるいにしえのモデルも、ハセガワスタンダードでリニューアルしてほしいものです。
1機はボックスアートのとおりに339号機に塗装、もう1機は同じパターンのブルー…まあ、ありがちなパターンです(笑)。

そうそうSAコン、審査がたいへんなんだそうなので、出来る人は締め切り考えずに早めに応募して欲しいそうですよ。

|

« 書評<恋するソマリア> | Main | 書評<毒殺―暗殺国家ロシアの真実> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/61674805

Listed below are links to weblogs that reference F-20 Day1st:

« 書評<恋するソマリア> | Main | 書評<毒殺―暗殺国家ロシアの真実> »