« 書評<人類五〇万年の闘い マラリア全史> | Main | 書評<ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由> »

書評<小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦>

小惑星探査機「はやぶさ」の困難な地球への帰還のドラマは、宇宙に関するサイエンスに興味を持つ人だけでなく、多くの一般的な日本人を魅きつけた。その科学的成果は誇るべきものであったが、困難な旅となった原因は、日本の宇宙開発の事情によるところも大きい。
本書は、その「はやぶさ」の後継機となる「はやぶさ2」の開発の経緯を、解き明かすものである。「はやぶさ2」は「はやぶさ」の後継機ではあったが、その開発の過程は決して平坦なものではなかった。計画自体は「はやぶさ」の帰還より前に始まっていたが、本来は予算獲得などの援護射撃となるはずであった「はやぶさ」の帰還の後も、計画には紆余曲折があった。その紆余曲折の原因は何か?開発に関わったサイエンティストや技術者へのインタビューにより、そのことを探っていく。

小惑星探査機「はやぶさ2」に関する解説書は多数あるが、本書は「はやぶさ2」そのものの技術的開発の分量は少なく、本題はむしろ開発の過程におかれているように思う。もっといえば、その過程を精査することによって、日本における宇宙開発の問題をあぶり出すことも、主題の1つだろう。そのことを、宇宙探査計画のPM(プロジェクトマネージャー)など複数の方々へのインタビューをうまく構成し、読者への理解を促している。
例えば探査衛星開発のコンセプト段階における「理学と工学の主導権争い」なんかは、非常に興味深い。ロケット開発が先か、宇宙の学術的な調査目的の作成が先か、考えてみれば重要なことなのだが、通常は”フロンティア・スピリッツ””人類未踏の地への挑戦”とかで一般にはアピールされるだけだ。曖昧な目標では予算は動かない。日本の宇宙開発の現場ではどんなことが考えられ、どんなことが検討され、それが計画となっているのか?本書の中では「はやぶさ2」は例示に過ぎない、と言ったら言い過ぎかもしれないが、そこが「はやぶさ2」を扱った類書との違いであろう。


初版2014/09 日経BP社/ソフトカバー

|

« 書評<人類五〇万年の闘い マラリア全史> | Main | 書評<ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/61768267

Listed below are links to weblogs that reference 書評<小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦>:

« 書評<人類五〇万年の闘い マラリア全史> | Main | 書評<ドイツの脱原発がよくわかる本: 日本が見習ってはいけない理由> »