« 書評<石油の帝国> | Main | 書評<福野 礼一郎 人とものの讃歌> »

2015.09.27

書評<ゾンビ日記2>

人々がゾンビ化し、さまよう街で、彼彼女らを38口径のチーフス・スペシャルで、ひたすらゾンビを屠ることを繰り返す女がいた。その儀式めいた射撃にはいかなる理由があるのか?始まりも終わりもない、ゾンビが日常となった世界の日記。

押井守カントクが書く、ゾンビ物語の第2弾。といって、確たるストーリーがあるわけでもなく、ただひたすら繰り返される儀式と、それにまつわる哲学問答が繰り返される、押井守スタイルとしか言いようがないフィクションである。世界観やその説明もあったものではない。まあそれは彼の文体だ、といえばそれまでであるが…例によって、押井守信者にしかおススメしない作品である。

初版2015/08 角川春樹事務所/ソフトカバー

« 書評<石油の帝国> | Main | 書評<福野 礼一郎 人とものの讃歌> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ゾンビ日記2>:

« 書評<石油の帝国> | Main | 書評<福野 礼一郎 人とものの讃歌> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ