« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »

書評<猟犬の國>

平和ボケの国といわれる日本でも、国内の防諜活動を専門とする組織がある。「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」を組織の存立基盤とする自称「イトウ家」だ。彼らは我々の生活に潜り込んだ”危険”を除去するために活動する。そんな組織に公安警察の新人、幸恵はスカウトされた。そしてペルー人のスパイを同行、新人教育を受けることになる。

著者の他のフィクションの中で、たびたび登場する「イトウ家」をメインにもってきた小説である。いくつかの短編で構成され、メインが「マージナル・オペレーション」にも登場する幸恵の新人時代の物語だ。新人だがつっかかるとこはつっかかる幸恵、冷酷なスパイを自称しながら、どこかロマンチストである先輩ペルー人。そのラブコメのようなやり取りの下には、犯罪や諜報、社会の不安定工作といった重いテーマが潜む。広がる著者の世界観の物語に今後も期待したい。

初版2015/08 角川書店/kindle版

|

« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/62461137

Listed below are links to weblogs that reference 書評<猟犬の國>:

« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »