« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »

2015.10.16

書評<猟犬の國>

平和ボケの国といわれる日本でも、国内の防諜活動を専門とする組織がある。「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」を組織の存立基盤とする自称「イトウ家」だ。彼らは我々の生活に潜り込んだ”危険”を除去するために活動する。そんな組織に公安警察の新人、幸恵はスカウトされた。そしてペルー人のスパイを同行、新人教育を受けることになる。

著者の他のフィクションの中で、たびたび登場する「イトウ家」をメインにもってきた小説である。いくつかの短編で構成され、メインが「マージナル・オペレーション」にも登場する幸恵の新人時代の物語だ。新人だがつっかかるとこはつっかかる幸恵、冷酷なスパイを自称しながら、どこかロマンチストである先輩ペルー人。そのラブコメのようなやり取りの下には、犯罪や諜報、社会の不安定工作といった重いテーマが潜む。広がる著者の世界観の物語に今後も期待したい。

初版2015/08 角川書店/kindle版

« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<猟犬の國>:

« 書評<「ドイツ帝国」が世界を破滅させる 日本人への警告> | Main | Academy1/72 F-4J Completed »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ