« 書評<アトランティスへの旅 -失われた大陸を求めて-> | Main | 書評<あの日> »

2016.01.03

書評<世界の終わりの七日間>

地球へ小惑星が激突することが判明し、社会が崩壊しつつある中で、自分の正義を貫く刑事の姿を描くミステリー、第3弾にして最終回。
前作で主人公は警官仲間たちが最期の時を過ごすカントリーハウスに身を寄せたが、行方不明となった妹の捜索に出かける。そこで出会う、異常な状況、奇妙な人たち。小惑星衝突が迫る中で、主人公は矜持を保ち続けることができるか?

警察組織も既になくなり、事実上社会が崩壊している世界。以前の世界の価値観を保ったまま、捜査を続ける元刑事の方が、狂気に満ちているのではないかと疑いたくなるような状況。そこでも結局、犯罪は犯罪であり、悪人は悪人であることを、見事に描き出した作品だ。今作では、異常な状況の中で、守らなければならない家族を抱える人間の困難もまた印象的だ。パニック小説と、犯罪捜査ミステリーの奇妙な融合に成功している、そんな小説である。

初版2015/12 早川書房/ハヤカワミステリ

« 書評<アトランティスへの旅 -失われた大陸を求めて-> | Main | 書評<あの日> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<世界の終わりの七日間>:

« 書評<アトランティスへの旅 -失われた大陸を求めて-> | Main | 書評<あの日> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ