« 書評<ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた> | Main | F-106A Day1st »

2016.02.23

JAS-39C Gripen Completed

ドイツレベル1/72サーブJAS-39グリペン、完成しました。
Dsc_4964_2
サーブ・グリペンはスウェーデンの国産主力戦闘機。スウェーデンはW.WⅡ以後、武装中立国という政治的条件から主力戦闘機の国産化にこだわり、また地政学的条件からSTOLが可能な多任務をこなす比較的小型な戦闘機を求めたことから、ダブルデルタのドラケンや、カナードを採用したビゲンなど、特異な戦闘機を生み出してきました。ドラケンはその系譜に連なる新鋭機で、クローズカップルド・デルタという開発当時の最新モードだった主翼形態を採用。小柄な機体ながら兵器搭載量が大きなマルチロール・ファイターとなっています。
Dsc_4965
キットはドイツレベルが2015年に発売した新金型キット。冷戦前後に開発された軍用機は、予算削減から試作機の期間が長く、その段階でキット化されるため、量産型が生産されるころにはかなり外見が変化し、どのキットも実際に配備されてる機体とやや異なるという、微妙な状態が長く続きました。しかし、ハセガワからユーロファイター・タイフーン、レベルから本キット発売と、ユーロ・カナードと呼ばれる新世代機も、ようやく量産型のキットが揃いつつあります(1/72の話です)。
このキットの発売も非常にありがたいものの、出来はちょっと微妙。複座型とのコンバーチブルを想定されているため、胴体はコクピットの後ろで分断され、主翼部分とともに嵌合が悪く、パテが必要。スジ彫りも運河彫りで、ギアドアやストレーキパーツも分厚い。今回はストレートで組みましたが、最近の中華製キットのレベルにしようとすると、かなりの改修が必要でしょう。
Dsc_4968
塗装はチェコ空軍の211sq、2014年のタイガーミート僟をチョイス。下面クレオスC308、上面C337のカウンターシェイド。黒立ち上げして、複合材の一枚板の主翼部分などが単調にならないようにグラデーションつけてます。骸骨が描かれているカナードと垂直尾翼の大面積のデカールは、やや固めなもののデカールフィッターがよく効き、大面積でもピタリと貼れます。
Dsc_4986_2
昨年秋ぐらいからずっと出来のいい新商品作り続けているせいか、キットレビューはやや辛口なものになってしまいました。そろそろ静岡ホビーショーへ向けてのネタに取り掛からないといけないこともあって、完成を急いだのも影響し、荒い出来になったのも反省点。複座型でリベンジですかね。
さて、次いってみよう。
Dsc_4978


« 書評<ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた> | Main | F-106A Day1st »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

完成おめでとうございます。このキット、モデルアートの作例見て
仕上げのスキルが要求されそうで、これならイタレリ作ったほうが
早そうだと購入を断念いたしました。

上手な人が手を入れれば、バッチり決まりますな。
派手なマーキングも決まってます。

>takiさん
ちょっと嵌合が厳しいですが、小さなキットなので、意外と何とかなりますよ。
プロポーションは良好ですしね。
takiさんなら大丈夫ですよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JAS-39C Gripen Completed:

« 書評<ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた> | Main | F-106A Day1st »

My Photo
September 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ