« 書評<米軍基地がやってきたこと> | Main | 書評<大絶滅時代とパンゲア超大陸: 絶滅と進化の8000万年> »

書評<スーパーカー誕生>

車体の中央、すなわちミッドシップにエンジンを積んで運動性を高め、ノーズを低くして空力特性を良好にし、人の目を魅くスタイリングを実現する。それがスーパーカーである。ある種の人々を魅きつけてやまないスーパーカーたちは、どのように開発されてきたのか?徹底したエンジニアリング的視点と、開発担当者たちのインタビューにより、「スーパーカー伝説」を解き明かしていく。

著者はメーカーの宣伝資料に頼らず、常にエンジニアリング的視点で車を捉え、表面的な批評を避ける、日本では数少ない自動車評論家の一人である。ゆえに、著者が解説するランボルギーニやフェラーリの解説はたいへんな説得力を持つ。
もちろん、機械的な解説だけではない。自動車産業は世界経済に大きな影響を与える産業なので、そこには経営者たちの思惑、世界の経済情勢、国家の栄枯盛衰が複雑に絡み合う。1モデルが年数百台しか生産されないスーパーカーにも、その影響はもちろん及ぶ。それがスーパーカーのエンジンに、シャシーに、ギアに如実に現れるのだ。著者は前述したエンジニアリング的視点に、時代の移り変わりを上乗せし、本書を見事なノンフィクションに仕上げている。クルマ好きは必読だ。

初版2015/11 文藝春秋/文春文庫

|

« 書評<米軍基地がやってきたこと> | Main | 書評<大絶滅時代とパンゲア超大陸: 絶滅と進化の8000万年> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/63495403

Listed below are links to weblogs that reference 書評<スーパーカー誕生>:

« 書評<米軍基地がやってきたこと> | Main | 書評<大絶滅時代とパンゲア超大陸: 絶滅と進化の8000万年> »