« May 2016 | Main | July 2016 »

IAI Lavi/J-10S Completed

トランぺッター1/72J-10S改IAIラビ、完成しました。所属サークルMMDの10周年記念テーマ「10」への参加作品となります。
Dsc_9397
J-10S(殲撃十型)は中国国産の現在の主力戦闘機。1980年代後半、西側の技術援助を前提に開発は始められましたが、天安門事件を契機に関係は途絶。以後、イスラエルの技術援助を受け(両国とも否定はしている)、開発が進められました。クローズ・カップルド・デルタの機体構成が1980年代に開発中止となったIAIラビを想起させることは確かですが、エンジンや電子機器の小型化が遅れたために、軽量戦闘機といいながらF-16クラスより一回り大きな機体です。
Dsc_9400
J-10Sの設計上の原型ともいわれるIAIラビは、1980年代初頭にイスラエルで開発が進められていた国産戦闘機。アメリカの資金援助と技術援助を受けていることから、F-16をクローズ・カップルド・デルタに構成し直したイメージの機体でした。しかし、アメリカは財政難や技術流出の恐れから資金援助を取り止め、開発は中止になりました。この辺の歴史は、日本のFSXとどこか被ります。
Dsc_9402
本作は前記したMMD10周年企画にJ-10を選んだものの、中共の戦闘機は個人的にどこかダサさがつきまとう気がするので、「もしIAIラビが実戦配備されていたら」とのテーマでイスラエル空軍の砂漠迷彩仕様としました。
トランぺッターのJ-10Sのキットはリベット表現が目立つ中華スタンダードで、組み立てにさほど苦労はなし。ただし、ダボとダボ穴は合うようで合わないので、仮組みは必ずしましょう。
Dsc_9407
塗装はモデルカステンの特色セットを使い、イエロー・グリーン・ブラウンの砂漠迷彩を採用。「シャフリルに似たAAM」と「AIM-7Fに似たAAM」を西側仕様に塗装、ターゲティング・ポッドを装備すればあらフシギ、西側の機体に化けます。塗装パターンはF-16Iを参考にし、デカールはイスラデカールを使用しています。
Dsc_9422
写真撮影中に三脚に装着したカメラが倒れ込み破損、下面は接着跡で見れたもんではなかったりしますが、せっかくここまで作ったもの、北海道モデラーズエキシビジョンに持ち込むこととします。早く札幌に行って、みんなに会いたいよー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

IAI Lavi/J-10S Day4thあたり

今年の北海道モデラーズエキシビジョンは7月30日より。ありがたいことに今年も福岡より駆けつけられそうなので、所属サークルのテーマ「10」にちなんだモノの製作に入ります。
モノはこれ。
100000001002982734_10204
トランぺッター1/72J-10S。ただし、中国空軍仕様は個人的好みで回避したいので、今は亡きIAIラビ仕様にします。

IAIラビは1980年代前半、イスラエルが国産戦闘機の配備を目指し、アメリカの支援を受けて開発していた戦闘機。しかしながら、そのアメリカが「F-16を買え!」とのお達しを出したうえ、支援打ち切り。泣く泣く諦めた経緯があります。ここらへん、同盟国とはいえ、航空技術の発達を警戒するアメリカらしく、少し日本のFSXの際の駆け引きと似てますね。

ところでイスラエル、天安門事件以来の西側の武器輸出禁止以降、中国への「技術支援」というかたちで中国の兵器開発に関わっているとのウワサが絶えない。それが形として現れたのがJ-10シリーズです。中国もイスラエルも公にはもちろん認めませんが、その姿はどう見ても往年のIAIラビ。エアインティークなんかには時代の流れも感じますが、まあそういうことなのでしょう。

前置きが長くなりましたが、今までもイスラエル空軍を贔屓にしてきたウイングバックなので、最新型であるJ-10SをIAF(イスラエル空軍)仕様にします。

組み立てはサクサク進んだので省略。本日は砂漠迷彩の塗装順序をまとめておきます。
まずはサーフェサーでキズを確認した後、フラットブラックでシャドウをつけます。

012c90877271733f00250fe99f09ed2c5_2

01915e23c03c3f6e5d9e39d3485397cb039

下面はC308を吹いてマスキング。その後、モデルカステンのイスラエル空軍カラーセットのイエローを全体に吹きます。

01f1bcb8e080e2b46424399ce6e14fc47ed

0196323345e08ec8f22f5ae3821013e7300
カモフラージュパターンはF-16Iを参考にし、コクヨのひっつき虫をマスキングに使用してグリーンとブラウンを吹きます。もちろん一発ではうまくいかないので、修正しながらの作業です。
018b174e20b92a4c7fde02d38f73f15ee18
なかなかに似合うのではないでしょうか。
それなりに先進技術を持つ国なら必ず持つ、国産戦闘機の夢。プラモデルで実現しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2016 | Main | July 2016 »