« 書評<人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史> | Main | 書評<【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛> »

2016.07.05

書評<クロニスタ 戦争人類学者>

人類が個々人の認知や感情を共有する“自己相"が普及した社会。社会的規範や価値観も共有することにより、いわば人類の脳を”1つの個”としてまとめ、紛争をなくすことを目指し、人類は可塑神経網作成ナノマシンを脳内に構築した。
だがそれは、自己相での管理を嫌う民族や個人との軋轢を生みだした。共和制アメリカは彼らを”難民”と称し、強引な自己相構築を進めていた。その際に、自己相を各民族に合わせて調整するのが”戦争人類学者”、クロニスタである。クロニスタである主人公は、その自己相普及の過程で明らかに従来の人類とは違う、金髪の少女に出会う。それをきっかけに、主人公は自己相が持つ危険性に近づいていく。

人類がテクノロジーにより、1つの個に近づいていく。だがその過程で、個々人の個性や感情を「共有していく」ことの危険さに気づく...数多くのSFで繰り返されてきたモチーフだ。本作は「テクノロジーを共有する人とそうでない人の軋轢」から「テクノロジーそのものの危険性」へ近づいていく物語であり、ストーリーが進むにつれて親友やヒロインとの関係までが崩れていく様は、いくたのSFに負けぬスリルがある。同時に、繰り返されるモチーフ故、ちょっと先が読めてしまうのも残念。著者はポスト伊藤計劃の筆頭らしいが、本作は人類に対してドライにいくかウェットにいくか、いまいちハンパな立ち位置だと思う。しかしながら、SF分野の見事なストーリーテラーであることは確かだ。次作に期待する。

初版2016/03 早川書房/ハヤカワ文庫JA

« 書評<人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史> | Main | 書評<【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<クロニスタ 戦争人類学者>:

« 書評<人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史> | Main | 書評<【中東大混迷を解く】 サイクス=ピコ協定 百年の呪縛> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ