« 書評<サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ> | Main | 空自那覇基地「美ら島エアーフェスタ2016」に行ってきた その①「基地祭1日目編」 »

書評<誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち>

音楽を巡る環境、意識はここ20年で大きく変わった。音楽の販売方法の中心ははCD販売からデータのダウンロード販売に移行し、しかも今の若い人たちは違法ダウンロードにさして抵抗もない。この状況はどうして生まれたのか?大衆が求める音楽を的確にかぎ分けるメジャーレーベルのドン、音楽を圧縮する技術を開発した科学技術者、CD工場から未発売のCDを窃盗する男。3人の人生を通して、音楽産業の急速な変化を描き出す。

本書はさほど固い歴史書などでない。むしろ、3人の男たちの冒険の物語だろう。とにかく大衆が求める音楽を追求していった結果として、自らを追い出したレーベルを買収するほどに成長した会社を率いるプロデューサーの、金を生み出す才覚。ただ優れた技術を開発するだけでは世界規格になることは出来ず、政治を学んでいく技術者。お金というよりも、むしろネットのヒーローとなるために窃盗を続ける男。3人の熱が、CDアルバム販売という主流を切り崩していく様子は、どう考えてもワクワクする冒険、強烈な熱を持っている。画期的な技術が違法行為を呼び、違法行為が巨額を貪るメジャーレーベルを潰していく。音楽を生業にしている方々には申し訳ないが、痛快ですらあるのだ。抜群に面白い一冊だ。

初版2016/09 早川書房/Kindle版

|

« 書評<サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ> | Main | 空自那覇基地「美ら島エアーフェスタ2016」に行ってきた その①「基地祭1日目編」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<誰が音楽をタダにした? 巨大産業をぶっ潰した男たち>:

« 書評<サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ 目指さないクラブ> | Main | 空自那覇基地「美ら島エアーフェスタ2016」に行ってきた その①「基地祭1日目編」 »