« 目達原駐屯地記念行事2017に行ってきた | Main | 熊本復興飛翔祭(予行)に行ってきた »

Mig-31B FOX HOUND Completed

トランぺッター1/72MiG-31フォックスハウンド、完成しました。
Dsc_0001

MiG-31はソ連/ロシアが防空様に運用している迎撃戦闘機。Mig-25を基として開発され、翼配置などの外見は踏襲されていますが、乗員はレーダーオペレーターを加えて2名とし、エンジンもターボファンに変更、メインウェポンであるR-33は胴体下面に密着して搭載されるなど、ほぼ別の戦闘機として生まれ変わっています。特徴的な運用方法として、搭載しているフェイズド・アレイ・レーダーをデータリンクでつなぎ、ミニAWACSとして探知範囲を拡げることができ、広大なロシア領土を守るべき能力を持っています。

Dsc_0011

キットはトランぺッターが2月に発売した新商品。近年の同社のキットと同じく、繊細なスジ彫りと細かなディテールが再現されている良キット。ウェポンも満載ですが、まあ価格もそれなりに高いです(笑)。

Dsc_0014

いまだに中華製キットを揶揄する方もいらっしゃいますが、気をつける点さえ抑えておけば、ストレートに組む限りはさほど苦労することもありません。自分なりに気をつける点をまとめておきます。
①組む前にまず、離型剤は必ず落とすこと。自分は家庭用洗剤にランナーごと一晩つけておきます。
②最低限の資料は必要。といってもディテールがおかしいとかではなく、説明書が不親切で、選択式のパーツやウェポンのコンフィギュレーション、細部の塗装がいまいちよく分からないので。このへんは、実機写真を参考にするしかないですね。
③パーツの嵌合の問題は少ないですが、ダボはガンプラみたいに合いません。かといって切り落とすと位置決めや強度が不安なので、仮組みしながら調整してます。
いずれも基本的なことばかりなので、現用機モデラーとしては、どんどん新商品発売してほしいところ。あとは価格だけはなんとかしてほしいかな(笑)。

Dsc_0021

塗装はヴォイスカPVO(防空軍)所属の786IAP,3rdAD VVS”青の74”を再現。長距離迎撃用にR-33および内翼パイロンにR-40Rを搭載したコンフィギュレーションにしています。

Dsc_0039

機体全体はフラットブラックでシャドーを入れた後、クレオスC35(明灰色)をやや明るくしたものをベッタリならないように吹いています。レドームや電波を透過させる素材だと推測されるパネル部分はクレオスC305。後は全体にスミ入れとフィルタリングして、動翼のアクチュエーター部分に油汚れを加えています。

Dsc_0031

Mig-25に似ていながら、空力的に洗練されているディテールが魅力的なMiG-31。トランぺッターのキットは特徴をよく捉えているので、皆さんで買って、生産ロットを上げて、次の新商品は少しでも価格を下げていただきましょう。

|

« 目達原駐屯地記念行事2017に行ってきた | Main | 熊本復興飛翔祭(予行)に行ってきた »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Mig-31B FOX HOUND Completed:

« 目達原駐屯地記念行事2017に行ってきた | Main | 熊本復興飛翔祭(予行)に行ってきた »