« 書評<心を操る寄生生物 : 感情から文化・社会まで> | Main | 書評<世界の駄っ作機8> »

書評<戦争がつくった現代の食卓-軍と加工食品の知られざる関係>

缶詰がナポレオンの欧州遠征のため、保存食が求められ開発されたのはよく知られた歴史だが、現在の我々の食卓にも、軍事用に開発された技術が多く導入されている。プロセスチーズ、長期保存パン、レトルト、エナジーバーといった食品、サランラップやフリーズドライといった食品包装技術は、アメリカ軍のある研究所に起源を持つ。本書はそれらの知られざる歴史を追う。

著者はいわゆる”手作り信仰”ともいえる料理研究家で、子供たちにも学校にサンドイッチなどの昼食を持たせていた。ある日、著者は気づく。学校が給食で提供する、長期保存がきくフリーズドライ食品や冷凍食品の方が、自分の調理する昼食より、栄養価が高いのだ。そこで著者はそれらの食品の起源の取材を始める。その中心には、2つの大戦の戦間期に設けられた陸軍のネイティック研究所と、民間の食品製造業者の協力があった。世界中に長期派遣される兵士たちに、栄養と美味しさを届ける。その技術が、いかに我々の日常に入り込んでいるかを本書は明かしていく。ミリオタならすでに知っている知識も多いが、スーパーに並んでいる加工食品のテクノロジーが実は、長期研究が必要だったことなど、苦難もみてとれる。軍、つまり国家が研究費を提供し、民間業者が研究と製造を進める。アメリカの強さも垣間見ることが出来る1冊である。

初版2017/07 白揚社/ハードカバー

|

« 書評<心を操る寄生生物 : 感情から文化・社会まで> | Main | 書評<世界の駄っ作機8> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<戦争がつくった現代の食卓-軍と加工食品の知られざる関係>:

« 書評<心を操る寄生生物 : 感情から文化・社会まで> | Main | 書評<世界の駄っ作機8> »