« 書評<徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男> | Main | F-15E(1/72 GWH) Completed »

書評<ゲートSEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり〈1〉抜錨編>

銀座に開通した異世界への「門(ゲート)」。剣と魔法の世界の帝国を自衛隊の火力で退け、異世界でゲートを中心に自治領を確保した日本であったが、異世界の各国との関係、また異世界への進出を求める世界各国との関係など、とても安定した状態を築いたとはいえない状態である。よって、自衛隊に求められる役割もより大きくなり、海自の艦船も極秘に活動していた。異世界を巡る物語、第2シーズンの始まりである。

剣と魔法の世界を、現代兵器で制した自衛隊。本書は主人公も舞台も転換した第2幕である。主役は海自の潜水艦と潜入要員であり、異世界の大型海棲生物と戦い、中世の櫂船を率いて戦う。正直言って地味な駆け引きである。幼稚と言われようと、中二病と言われようと、ゲートの魅力は「異世界で圧倒的な火力を見せつける」であったと思うので、今のところ、そうした爽快感というか、カタルシスはない。今後の展開に期待だ。


初版2017/07 アルファポリス/ソフトカバー

|

« 書評<徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男> | Main | F-15E(1/72 GWH) Completed »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<ゲートSEASON2 自衛隊 彼の海にて、斯く戦えり〈1〉抜錨編>:

« 書評<徳は孤ならず 日本サッカーの育将 今西和男> | Main | F-15E(1/72 GWH) Completed »