« 書評<フェラーリ メカニカル バイブル> | Main | 書評<売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ> »

2017.10.28

書評<永遠のPL学園~六〇年目のゲームセット>

高校野球のファンや関係者ならずとも、高校野球の強豪としてPL学園を知らぬものはいないだろう。しかしながら、PL学園野球部は、昨年から休部しており、その栄光は過去の彼方となった。部内での暴力事件が直接の引き金ではあるが、背後には宗教団体のPL教団の動きも大きな要因となっていた。高校野球の象徴であったPL学園野球部の興亡をさぐる。

旧態依然の体育会系の象徴でもある高校野球。指導者のシゴキ、部員の激しい上下関係など”時代遅れ”の象徴であり、度重なる暴力事件を起こしたPL学園野球部はその典型であった。プロ野球関係者など、それが人生のプラスに働いた人間には美しい思い出であろうが、そうでなかった人間の方が多いのではないか。それが時代の変化により、表舞台に頻出するようになってしまった。それが野球部の実質的廃部の一因には違いない。
だが、興味深いのは、本書のもう一つの主題である、PL教団そのものの興亡の実態であろう。カリスマで信者を集めた教祖が亡くなる。貧しく、頼るところが宗教であることも多かった時代から、経済成長し変わる社会。PL教団の象徴たる野球部が、教団の衰退とともに弱体化していくのもむべかるかな、である。せまい世界に閉じこもっていく宗教団体に、外に開かれた”宣伝媒体”はもはや必要なくなったのだ。
日本のスポーツの位置づけが変わる中で、旧態依然の体制を変えることが出来なかった野球部と、時代にそぐわなくなった宗教団体。弱者を救うはずの団体が、自分たちにそぐわないものを排除していく団体に変貌、そして衰亡していく姿が描かれた、すぐれたノンフィクションである。


初版2017/03 小学館/kindle版

« 書評<フェラーリ メカニカル バイブル> | Main | 書評<売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<永遠のPL学園~六〇年目のゲームセット>:

« 書評<フェラーリ メカニカル バイブル> | Main | 書評<売春島 「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ> »

My Photo
May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ