« 新田原基地エアーフェスタ2017に行ってきた その②地上展示編 | Main | 書評<エロマンガ表現史> »

書評<日本人のための第一次世界大戦史 世界はなぜ戦争に突入したのか>

全面的に参戦したわけではないので、日本において一般的には知名度が低い第一次世界大戦。しかしながら、現在の兵器はほぼ1次大戦のテクノロジーの延長線上にあり、世界情勢の混迷も、2次大戦後の大国の振る舞いではなく、むしろ1次大戦後の国境分割や植民地分配に影響している。本書は1次大戦の持つ歴史的影響を、分かりやすく解説する。

自分はミリオタなので、1次大戦の兵器や作戦面の知識はあるが、実質的に世界初の総力戦であった1次大戦の経済的・政治的な影響については知らないことが多かったので、たいへん勉強になった本である。著者は金融関係の出身なので、特に戦争資金の調達や総力戦での金融面の影響など、非常に興味深い事実の連続であった。各論ではなく、歴史の中の1次大戦を知る書として、最適である。


初版2017/10 PHP研究所/kindle版

|

« 新田原基地エアーフェスタ2017に行ってきた その②地上展示編 | Main | 書評<エロマンガ表現史> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 書評<日本人のための第一次世界大戦史 世界はなぜ戦争に突入したのか>:

« 新田原基地エアーフェスタ2017に行ってきた その②地上展示編 | Main | 書評<エロマンガ表現史> »