« 書評<戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか―> | Main | 相浦駐屯地記念行事2018に行ってきた »

北熊本駐屯地記念行事2018に行ってきた

陸自第8師団が駐屯する、北熊本駐屯地記念行事に行ってきた。
Dsc_7897
第8師団は特科、戦車部隊を改編し、広域に対応する第8機動師団に生まれ変わったばかり。火力支援部隊が74式戦車から16式機動戦闘車に装備更新したのは、その象徴です。
展示車両は、その16式機動戦闘車のほか、対空、対戦車(舟艇)、対艦ミサイル車輛が勢揃い。どこの誰にアピールしているのかは知りませんが(笑)。
Dsc_7964


Dsc_7923


Dsc_7975


Dsc_7982


Dsc_8006
展示車輛を撮影した後、観閲行進および訓練展示の撮影ポイントに移動。さすが自衛隊隊員の産地、熊本県。来賓挨拶は両院議員から県知事まで勢揃い。
しばし来賓祝辞を聞いた後、観閲行進。機動戦闘車、複数いるとさすがに迫力。
Dsc_8149


Dsc_8235


Dsc_8294


Dsc_8314
訓練展示はせまいながら、島嶼防衛を模して充実メニュー。偵察部隊がゲリラを拘束して、普通科と火力支援部隊が後続の敵部隊を制圧するというメニュー。ドローンを戦場監視に使ってるのは初めて見るかも。
Dsc_8438


Dsc_8603


Dsc_8706


Dsc_8710


Dsc_8739


Dsc_8762


Dsc_8866


Dsc_8875
これは詳しい人なら誰でも思ってることでしょうが、防御能力、バリエーション展開が低い96式WPCの後継をなんとかしないと、カッコイイ16式機動戦闘車も、宝の持ち腐れなんですよねえ...
課題は山積みの機動師団の改編、行く先を見守りましょう。


|

« 書評<戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか―> | Main | 相浦駐屯地記念行事2018に行ってきた »

自衛隊イベント」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北熊本駐屯地記念行事2018に行ってきた:

« 書評<戦争の日本中世史―「下剋上」は本当にあったのか―> | Main | 相浦駐屯地記念行事2018に行ってきた »