« 書評<遺伝子―親密なる人類史> | Main | 書評<ウルフ・ボーイズ――二人のアメリカ人少年とメキシコで最も危険な麻薬カルテ> »

福岡駐屯地記念行事2018に行ってきた

前日、ワインとカクテルによる攻撃を受けた後、めっちゃ二日酔いでしたが、福岡駐屯地記念行事に行ってきました。
遅めの入場でしたが、観客席のなんとか写真撮れそうな位置を確保。エライ人の話を聞き流した後、観閲行進。
Dsc_3097


Dsc_3118


Dsc_3215
16式機動戦闘車、10式戦車に、新型化学防護車と、新機材が出揃ってきましたね。
続いて、訓練展示。偵察部隊が視察の後、特科の援護射撃のもとに車両が突入、んで普通科が制圧するシナリオ。
Dsc_3386


Dsc_3693


Dsc_3705


Dsc_3763
狙撃兵の射撃による敵指揮官の排除、なんて場面も。赤い紙吐いて倒れたりして、芸が細かい。

Dsc_3967


Dsc_4400
今回の訓練展示は、防毒マスクつけた化学戦仕様。暑いのにご苦労様です。
本日の写真のハイライトは、FH70と16式機動戦闘車のマズルフラッシュを撮れたこと。今日は「大きな音がします」とアナウンスする女性とタイミングがばっちり合いました(笑)。

Dsc_3591


Dsc_4226


Dsc_4341
好天で人も多かったので、地上展示機材は見もせずに帰宅。短い時間でしたが、福岡駐屯地の皆様、お疲れ様でした。


|

« 書評<遺伝子―親密なる人類史> | Main | 書評<ウルフ・ボーイズ――二人のアメリカ人少年とメキシコで最も危険な麻薬カルテ> »

自衛隊イベント」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/66765520

Listed below are links to weblogs that reference 福岡駐屯地記念行事2018に行ってきた:

« 書評<遺伝子―親密なる人類史> | Main | 書評<ウルフ・ボーイズ――二人のアメリカ人少年とメキシコで最も危険な麻薬カルテ> »