« Mig-21MF Completed | Main | 第二音戸大橋とアレイからすこじま公園で夜景撮りしてきた »

F-106B Completed

トランぺッター1/72F-106Bデルタダート、完成しました。
Dsc_0002
コンベアF-106デルタダートはセンチュリーシリーズと呼ばれる、1950年代~60年代に開発されたアメリカの超音速戦闘機の1つ。F-106は要撃戦闘機であるF-102を基礎に、エリアルールの採用やスタイルをブラッシュアップし、アメリカ本土で防空の任に就きました。AAMを機内搭載した大型のデルタ翼機は機動性も高く、F-15イーグルが登場するまで”ベストファイター”と呼ばれました。F-106Bはその複座トレイナーとなります。

Dsc_0007

キットはトランぺッターの1/72をストレート組み。細部はややダルいものの、組み上げるのにさほど手間はかからず。F-106Bをインジェクションキットで発売してくれることだけでも感謝です(笑)。今回は試験部隊の機体であるため、ウェポンベイは閉めましたが、キットではもちろん再現されています。

Dsc_0008_01

塗装はエクストラデカールを使用して、1979年のB-1B試験部隊でチェイサーとして使われた機体を再現。エアクラフトグレーと自家製のインターナショナルオレンジを吹いた後、経年劣化した機体であることを想定し、やや強めにフィルタリングしています。

Dsc_0030

Dsc_0048

昨年制作した、MENGのF-106Aとツーショット。翼端灯やリベット、エアブレーキなど各所に解釈の違いはありますが、意外にスタイルの違いはなくて両者ともエリアルール独特のくびれた胴体がよく再現されています。

Dsc_0054

センチュリーシリーズの機体は超音速戦闘機らしいスピード感と、後年のスマートな期待とは違う力強さが両方感じられて、見ていてあきませんね。ここまでくると、ゲテものF-102Bの発売にも期待です(笑)。


|

« Mig-21MF Completed | Main | 第二音戸大橋とアレイからすこじま公園で夜景撮りしてきた »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3634/66940193

Listed below are links to weblogs that reference F-106B Completed:

« Mig-21MF Completed | Main | 第二音戸大橋とアレイからすこじま公園で夜景撮りしてきた »