« 書評<ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争> | Main | 書評<絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ> »

2018.11.10

Tu-128 Completed

トランぺッター1/72Tu-128Mフィドラー、完成しました。
Dsc_9657

Tu-128フィドラーは1960年代に開発、配備されたソ連の迎撃戦闘機。大量の燃料と大型AAMを搭載、全長30mにも及ぶ大型戦闘機で、ソ連領空に侵攻してくるアメリカ空軍の爆撃機が主任務。そのため、戦闘機にも関わらず大型機の設計を得意とするツポレフ設計局の手により開発されるなど異例、異形の戦闘機です。

Dsc_9662


キットはトランぺッターの新商品をストレート組み。合いは悪くありませんが、練習機型を後で発売するためか胴体が前後2分割されているなど強度に不安があるため、プラ棒やプラ板で補強しています。ディテールに関しては、リベット表現などがやや大味で、同社のMig-29やMig-31とは差があります。設計チームが違うのか、大型機の表現としているのかは謎。

Dsc_9664

また、オモリなしで尻もちつきません。脚の強度に不安があるので、オモリなしを推奨。ジェットノズル回りのエッチングパーツは冷却空気取り込み用。

Dsc_9674

塗装はブラックサーフェサー吹いた後、クレオスC8シルバーにクリアーを足して吹きつけ。特色のアルミナイズドシルバーを重ねぶきした後、エナメルでスミ入れ兼フィルタリングして、エイジングを表現。シベリアの過酷な環境での使用を想像しながら綿棒で擦り、やり過ぎたら薄くシルバー吹いて面が単調にならないように仕上げます。

Dsc_9667

デカールは付属のモノですが、解説などは特になし。派手なマークがついている方にしました(笑)。

Dsc_9697

Twitterの方にも書きましたが、Tu-128フィドラーは「長距離進出して爆撃機を要撃する」という任務に特化したフシギな魅力がある機体です。大きなキットですがこれぞ高速ジェット機という形態なので、工作はシンプルに、塗装を楽しめました。面白いキットでおススメです。


« 書評<ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争> | Main | 書評<絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Tu-128 Completed:

« 書評<ドローンの哲学――遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争> | Main | 書評<絶滅できない動物たち 自然と科学の間で繰り広げられる大いなるジレンマ> »

My Photo
June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Twitter


無料ブログはココログ