« 書評<細胞内共生説の謎: 隠された歴史とポストゲノム時代における新展開> | Main | 書評<反ワクチン運動の真実: 死に至る選択> »

2018.12.24

"F-4EJ "MiG SILHOUETTE" Completed

ハセガワ1/72F-4EJファントムⅡ "MiG SILHOUETTE"、完成しました。

Dsc_0014
F-35Aの本格導入に伴い、長きにわたり航空自衛隊で日本の空を守ってきたF-4EJファントムⅡが2019年で引退します。この機会に、FCSなどが改修される前の仕様でF-4EJを製作しました。

Dsc_0009_2
キットはハセガワの限定版をストレート組み。シートベルトをファインモールドの別売品、ピトー管を同じくファインモールドの金属挽き物に交換しています。塗装とデカール貼りに傾注。

Dsc_0020
塗装は”1984年に百里基地所属の301SQにて施された、ミグシルエット”と呼ばれる仮想敵機役を務めた有名な機体を再現。ライトゴーストグレーを全面塗装した後にC340グリーンでMig-21のシルエットをマスキングにて塗装。上面、側面とも空中で見事にMig-21が浮かび上がったそうです。

Dsc_0041_2

2005年発売のキットを中古にて購入したのですが、すでにデカールが限界に近くすぐにバリバリと割れるので、扱いに相当苦労しました。空自からのファントム引退に伴い、旧塗装のファントムを作りたい人も多いはず。プラッツあたり、オールドファッションのコーションマークセットを発売してくれないかなあ、とつくづく思った製作でした。

これにて2019年の模型製作も〆。来年もよろしくお願いいたします。来年もよろしくお願いいたします。


« 書評<細胞内共生説の謎: 隠された歴史とポストゲノム時代における新展開> | Main | 書評<反ワクチン運動の真実: 死に至る選択> »

プラモデル」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference "F-4EJ "MiG SILHOUETTE" Completed:

« 書評<細胞内共生説の謎: 隠された歴史とポストゲノム時代における新展開> | Main | 書評<反ワクチン運動の真実: 死に至る選択> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ