« 書評<ネコ・かわいい殺し屋―生態系への影響を科学する> | Main | 書評<監督の異常な愛情> »

2019.04.30

書評<脚・ひれ・翼はなぜ進化したのか: 生き物の「動き」と「形」の40億年>

生物が単細胞として地球に生まれ、地球のあらゆる場所を席捲するようになったのは、「移動」という手段を進化させてきたからである。「繁殖」という生物の第一命題をクリアするには、移動し、生息地を増やすことが不可欠なのだ。本書は移動手段としての「脚、ひれ、翼」に注目し、その構造を解析、いかに海、陸、そして空を席巻するようになったかを解説していく。

 

本書の帯に「生き物の形を決めたのは物理だった」とあるが、本書のテーマを表す一文である。脚、ひれ、翼を詳細に解剖していくと、いかに地球の重力環境下で効率的に移動できるかが理解できる。単なる”姿かたちの印象”ではなく、数学的な解析をすることで、その進化がいかに巧みなものであったかが分かる。

本書はさらに、動かない生物である植物の移動手段、そして単細胞生物の線毛といった移動手段にも話が及ぶ。脚や翼に比較して単純な構造にみえるミドリムシの線毛も、その”パーツ”を分解していくと、たとえばミドリムシがおかれた環境下において、物理学にかなった構造をしているのだ。生物の進化の奥深さの一端を理解できる一冊である。

 

初版2019/03    草思社/ハードカバー

« 書評<ネコ・かわいい殺し屋―生態系への影響を科学する> | Main | 書評<監督の異常な愛情> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 書評<ネコ・かわいい殺し屋―生態系への影響を科学する> | Main | 書評<監督の異常な愛情> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ