« 書評<監督の異常な愛情> | Main | 書評<異世界最強トラック召喚、いすゞ・エルフ> »

2019.05.02

書評<鋼鉄の犬>

IEDにより負傷した軍用犬とともに陸軍の職を辞した調教師(ハンドラー)、アル。失意の底にあったアルに、相棒であるルークの主治医が、PMC(民間軍事会社)からのオファーを紹介する。オファーは調教師(ハンドラー)であるアルの能力を求めたものだが、調教するのは4本脚で歩行する知能ロボットであった。危険な内戦の地で、実施での試験が始まる。

 

ネットでときどき見かける、4本脚の動物を模したロボット。携行する装備が増えすぎた兵士の補助として、アメリカ陸軍では実際に導入が検討されている。本書はフィクションではあるが、そうした最新の軍用ロボット事情を反映したものである。

そして本書のもう一人の主人公、軍用犬のルーク。脚を負傷しているが、そのモフモフぐあいで現地の子供たちとの懸け橋となり、ときに軍用ロボットといいコンビを見せたりする。

本書は今後の戦争でロボットが発揮するであろう能力と、我々の相棒である犬の持つ力をバランスよくミックスした、優れたフィクションである。

 

初版2018/12    マイクロマガジン社/kindle版

« 書評<監督の異常な愛情> | Main | 書評<異世界最強トラック召喚、いすゞ・エルフ> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 書評<監督の異常な愛情> | Main | 書評<異世界最強トラック召喚、いすゞ・エルフ> »

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ