« MirageF.1C-200 Completed | Main | 書評<ザ・ボーダー> »

2019.09.16

書評<狙撃手のゲーム>

アラバマで引退生活を送る伝説の狙撃手、ボブ・リー・スワガー。彼の元に、中年の女性がアドバイスを求めに来る。彼女の息子はイラク戦争で戦死したアメリカ海兵隊のスナイパーだったが、彼女は息子の戦死に謎を感じ、独自に調査を始める。中東、アフリカ、ヨーロッパ…彼女は傷つきながらも、調査を成し遂げ、息子を殺害した敵スナイパーを突き止める。スワガーは、彼女の情報をイスラエルのモサドに提供することを提案する。それが、途方もない”ゲーム”の始まりだった。

 

”スワガー・サーガ”の最新作は、まるで原点に戻ったような一人のスナイパーとの戦いであり、捜索である。FBIを引退したニック、モサドのエージェントらの助けを借り、神出鬼没のシリア出身スナイパーの探し出し、アメリカで実行されるであろう作戦の目標を突き止めようとする。完璧に見えた捜索網を突破する敵と、専門的な知識で追跡を続けるスワガーとエージェントたち。

だが本作で魅力的なのは、やはり事件をスワガーの元に持ち込む中年女性、ジャネット・マクダウェルだろう。息子を殺された彼女の執念はスワガーをして「途方もない勇気」と言わしめ、スワガーの命を救い、最後のクライマックスで犯人捜索のヒントをもたらす。遠慮がちでさえない50代女性のはずが、明晰な頭脳と行動力で読者を唸らせる。まさに主人公なみの活躍である。彼女は復讐を成し遂げたが、再登場を期待したい。

 

« MirageF.1C-200 Completed | Main | 書評<ザ・ボーダー> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« MirageF.1C-200 Completed | Main | 書評<ザ・ボーダー> »

My Photo
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter


無料ブログはココログ