« 書評<奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語> | Main | 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか »

2019.12.15

新田原基地エアフェスタ2019に行ってきた

日程的に余裕がなく、参戦を諦めかけていた新田原基地エアフェスタ2019ですが、ファントムのラストフライトを見逃すと後悔しそうなこと、たまたま狙っていたフライト便が取れたため、急遽宮崎へ移動。新田原基地にたどり着くことが出来まました。

Dsc_7257

Dsc_1057

Dsc_1117-2 

 Dsc_1044

新田原基地はF-15Jイーグルが2飛行隊所属する基地であり、飛行展示はイーグルが主役のはずですが、多くのおじさんたちにとって、来場の最大の目的は、かつての所属部隊の301SQ の記念塗装機の飛行展示でしょう。

Dsc_1867

Dsc_1813

Dsc_1703

Dsc_1664

Dsc_1653

いやー、ほんと行ってよかったですね、という飛行展示。会場順光で撮影できるよう配慮された飛行経路、プラモ仲間による位置取りアドバイスもあり、素晴らしい写真が撮れました。本家の百里ではタンクなしの飛行展示だったので、お得感もあり。

Dsc_2587_20191222192501

Dsc_2789

RF-4Eの方は、、来年が観閲式のため、正真正銘のラストの飛行展示。今年は豪雨災害もあり、最後まで活躍してくれました。

今回は人混みを避けるため、午前中で撤収。高鍋から宮崎空港に移動して、快適なフライトで博多へ帰着。これまではずっと高速バスでの参加だったのですが、楽を覚えてしまいました(笑)。これにて本年度の自衛隊イベント参戦は終了。今年も楽しく有意義な一般公開を楽しむことが出来ました。激務の隊員の皆さんに感謝を。

個人的メモ

<往路>福岡空港19:25⇒20:10宮崎空港

<復路>高鍋駅13:47⇒14:16宮崎空港16:40⇒17:35福岡空港

« 書評<奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語> | Main | 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか »

自衛隊イベント」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 書評<奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語> | Main | 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか »

My Photo
February 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Twitter


無料ブログはココログ