« 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか | Main | 書評<未完の計画機3> »

2020.01.02

書評<人喰い――ロックフェラー失踪事件>


 


1961年、オランダ領であったニューギニアのジャングル奥地で、ロックフェラー家の御曹司、マイケル·ロックフェラーが行方不明となった。行方不明のまま、葬儀なども営まれたが、当時より「現地民に殺され、人喰いの犠牲になった」との噂は絶えなかった。げんにオランダ人の牧師たちは現地民の証言を取っていたのだ。事件から50年後、著者は真実を追うため、当時の記憶をまだ残す人物がいるかも知れない集落へ潜入する。

自分はこの事件のことを知らなかったが、「暗黒のジャングルで未開の地の原住民にロックフェラーの息子が喰われた」との話はオカルト界では有名なエピソードであったそうだ。著者は当時の宣教師たちが残した資料を調査し、マイケルの"死亡原因"を確信しながらも、いまだに到達するだけでも苦難が待ち受けるジャングルに向かう。そもそも、大富豪の後継者の一人であるマイケルがなぜ、ニューギニアに赴かねばならなかったのか?当時のニューギニアはどんな状況だったのか?マイケルを喰ったと推測される「殺人と狩猟と精霊とともに生きる」民族、アスマットとはどんな部族だったのか?著者が事件を追ううちに、マイケルがジャングルで犠牲になったのは当然かとも思えてくる。それは著者が現地に入り、ジャングルの実態をリアルに描いたからこそだ。この地球上に、都市住民にはまだまだまだ知らない世界と文化が生きているのだ。


初版2019/03    亜紀書房/Kindle版

« 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか | Main | 書評<未完の計画機3> »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか | Main | 書評<未完の計画機3> »

My Photo
February 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Twitter


無料ブログはココログ