« July 2020 | Main | November 2020 »

2020.08.18

書評<熱血! “タイガー"のファントム物語>

初版2020/08 イカロス出版/ソフトカバー

令和2年度に空自のF-4EJファントムⅡが退役する。本書はそのファントムⅡを駆り、日本の空を守ってきたファントムライダーであり、後に分屯基地司令とTACの副司令 まで勤めた著者が、ファントムの飛行特性、訓練や実任務、あるいはパイロットたちの私生活まで、その経験を余すことなく綴ったものである。

令和2年度に退役する空自ファントムⅡ周辺が盛り上がっている。我々マニアはどうしても航空機、あるいは被写体としてのファントムⅡに感情移入してしまうが、もちろん主役はパイロットとそれを支える人たちである。
だが、空自の隊員さんたちの”生の声”はなかなか聞けない。基地祭などで触れるのはほんの一面だけだ。本書の著者は歴代の空自主力戦闘機のパイロットであり、また飛行隊長や基地司令を経験された方であり、空自のパイロットの生の声を存分に聞くことが出来る。
空自ではどのような教育課程を経て、パイロットになるのか?ファントムⅡをはじめとした歴代の主力戦闘機はどのような特徴があり、スクランブルをはじめとした実任務や訓練はどのように実施されているのか?そして、パイロットはどのような心構えのもと、日本の空を守っているのか?飛行隊長という現役パイロットでありながら管理職でもある立場で、著者が意識していたことは何か?誇り高きパイロットの本音が綴られる。
もちろん、お堅い話ばかりではない。著者が現職の時代は現在より”おおらかな”な時代であり、自衛隊員の家族も、基地周辺の住民もそれをよく支えた。我々がよく知るマンガ「ファントム無頼」は、まるっきりフィクションではなかったのだ(笑)。
その他、本書の那覇基地の警備犬のエピソードなどは涙なしでは読めない。厳しく、人情深く、破天荒で、緻密。矛盾の固まりのようなファイターパイロットの貴重な証言がまとまっている。

2020.08.13

Su-30SM Completed

ズベズタ1/72スホーイSu-30SMフランカーC、完成しました。

Dsc_7834

Su-27/30フランカーシリーズはいわずと知れたロシアの誇るエアスぺリアリティ/マルチロールファイター。基本設計自体は70年代までさかのぼる第四世代戦闘機ですが、FCSなど機体全般をアップデートし、ロシアはじめ世界中で様々な国の空軍で実戦任務に就いています。

Dsc_7832

なかでもSu-30SMはカナード翼と推力偏向ノズルを装備し、プガチェフコブラをはじめとしたスーパーな機動力を持つ機体です。さらにFCSは地対空モードを強化し、それを操作するWSOを搭乗させるため複座型としています。ステルス性を除けば、世界最高水準のマルチロールファイターといえるでしょう。

Dsc_7817

キットは2019年発売の新キット。人気のあるフランカーシリーズは様々なタイプを様々なメーカーがキット化していますが、複座型カナードで実戦配備に就いている機体はなぜかキットに恵まれず、待望の商品化となります。繊細なスジボリ、前縁・後縁フラップのダウン状態の再現、様々なウェポンも付属など、ユーザーの期待に応える出来。とはいえ、これは個人的な感想ですが”組み易い”とはいえないキットでした。前後・フレームに分割されたキャノピーパーツや、やや大味なところもあるパーツなどズベズタ特有のパーツ処理に手間取りました。

Dsc_7812-2

塗装はブルーの三色迷彩の”赤の03”を採用。淡いブルーは悩んだすえ、クレオスC117RLMブルーをチョイス、ライトグレーとスカイブルーはモデルカステンのフランカーカラーⅡからチョイスしています。それぞれ彩度を落とすため、ホワイトを混色していますが、それでも実機写真と比べると派手になってしまいました。難しいですねえ、ロシアの迷彩。

Dsc_7800

キット付属のデカールは非常に薄く、取り扱いに注意が必要です。強力なデカールフィッターは使わない方がいいかも。ただし薄いので、よっぽどのつや消し塗面のままでなければ、シルバリングしないと思います。

というわけで、少し荒いモデリングになってしまいました。柔らかいプラのキット、ちょっと苦手なんですよねえ。これはリベンジします。
Dsc_7798

2020.08.09

書評<壊れた世界の者たちよ>

初版2020/07 ハーパーBOOKS/Kindle版

メキシコの苛烈な麻薬組織を巡る犯罪物語や、ニューヨークの汚職警官の戦いを描いてきた著者が放つ短編集。”アートケラーの物語”につながる国境警備に携わる人々の救いのない物語、あるいはアメリカ西海岸の個性的かつ有能な窃盗団と警官の駆け引きなど、珠玉の物語が詰め込まれている。

刹那と呼ぶにはあまりに利己的で過激に見える、犯罪者と警官の物語。あるいはどこかユーモアとペーソス溢れる、ユニークな物語。その両方を精緻な筆致で描けるのがドン・ウィンズロウの魅力だと再発見されられる短編集。南部の国境からサーファーたちのカリフォルニア海岸、ニューヨークの摩天楼を舞台に、”ハッピー・エンド”はわずかしかなく、結果的に救われない物語が展開される。まともな神経をしていては、生き抜くことすら難しいアメリカ社会。だが、救いのない物語の中でも、信念に突き動かされる主人公たちにどうしても感情移入してしまう。そえが悪でも、正義でもだ。次作が待ちきれない作家の一人である。

2020.08.08

書評<白人ナショナリズム アメリカを揺るがす「文化的反動」>

初版2020/05 中央公論新社/中公新書

アメリカで発生した、一件の警察官の暴力による死亡案件が世界を揺るがしている。人種差別問題だ。決して新しい問題ではないが、近年の人種間の経済的格差の拡大、アメリカ建国の歴史の再解釈、あるいはBLM運動とよばれるラジカルな社会運動とあいまって、一時は大規模な暴動にまで発展した。そうしたなかでクローズアップされた思想の一つが”白人ナショナリズム”だ。アメリカにおける白人人口減少問題に危機感を持ち、現在のアメリカ社会が抱える人種差別問題について、白人の優越を唱える。もちろん、それは現在では政治的に正しい思想ではなく、公職追放の憂き目にあったりする。しかし、白人ナショナリズムはトランプ大統領の登場も相まって、勢いを失っていない。本書はアメリカ社会の問題の分析を長年続けてきた筆者が、白人ナショナリズムを唱える団体や指導的な役割を果たす個人に接触し、その実態を明かす。

現在のアメリカ社会は、個人の心情の中で、建前と内心が葛藤する社会であると思う。”ポリティカル・コレクトネス”と呼ばれる政治的な正しさに基づいた発言が重視されるが、個人、あるいは社会はそれにうんざりしている。ゆえに、白人ナショナリズムは消えない。かつてのKKKのような過激な動きは抑えられているものの、裕福な白人たちは献金で政治家を動かし、政治家は社会的な問題にうんざりした貧困層の白人に”アメリカ社会の正しさとは何か”を訴える。本質は絶望的かつ固定化・階層化された社会構造にあるはずなのに、動くのは”キャンセル・カルチャー”や”文化の盗用”に代表される、表面的なことでしかない。何もこれはアメリカだけではなく、移民問題で揺れるヨーロッパ諸国も同様だ。ゆえに彼らは連帯する。ヨーロッパでは、保守的なキリスト教的価値観を訴える政党が与党になる国も生まれつつあるのだ。本書はそうした世界の動きの”源泉の一部”にせまる著作である。

2020.08.07

書評<牛疫――兵器化され、根絶されたウイルス>

初版2020/05    みすず書房/kindle版

 

牛は人類にとって大切な食糧家畜であり、また東南アジアなどでは重量物を扱うなど労役用の家畜でもある。それゆえ、牛の大量死を招くような感染症の克服は、人類そのものの感染症と同じくらい大事だ。牛にとっての感染症の1つ、牛疫は感染力も強く死亡率も高く、そのウイルスの根絶は人類全体の課題であった。本書は完全に根絶された数少ない感染症の一つとして、牛疫とその根絶の歴史を辿る。

牛疫は牛を家畜とする人類にとって身近な感染症であったが、人類全体の問題としてクローズアップされたのは、船舶の発展により、地球の大陸間貿易がはじまった中世以後のことである。インド、アフリカ、東南アジアと家畜を移動させるたび、牛疫は世界に拡散した。そして第2次大戦前夜、「敵国の経済を破壊するため、家畜や農作物に多大な被害を与える」生物兵器としても注目されることとなる。大規模なワクチン開発が始まったのはそのときだ。カナダとアメリカの国境にある大河の孤島に研究所は設置された。そのときには免疫の獲得の仕組みはすでに知られていたが、いかに大量のワクチンを生産するか、研究者たちは苦悩する。それは中国大陸で畜産の研究をしていた日本人も一緒で、本書には日本人研究者も多く登場する。

本書のメインテーマとなるのは二次大戦後設置された、国際食糧機関(FAO)を中心とした国際機関の活動による、地球上からの牛疫の根絶の過程である。大国の様々な思惑に翻弄されながらも、冷戦の只中にあって理想に燃える国際機関は、世界中の保健機関、畜産研究所などを奔走する。その過程でワクチンの大量生産の方法も見つかり、やがて牛疫は克服された。天然痘の根絶とともに、国際機関と国際協力の力を示したのだ。

翻って、COVID-19ウイルスが世界で猛威を奮って昨今、世界はWHO(世界保健機関)の旗の元に一致団結しているだろうか?国家はWHOを信頼し、行動しているだろうか?様々なことを考えさせられる歴史書である。

2020.08.06

書評<現代ミリタリーのゲームチェンジャー 戦いのルールを変える兵器と戦術>

初版2020/06 潮書房光人新書/ソフトカバー

 

中東での対テロ戦争も一段落した感があるが、その間の中国の軍事力の増大、ロシアの軍事テクノロジー開発の進展が、アメリカ軍とその同盟国軍の大きな脅威となりつつある。なかでも従来の兵器のテクノロジーの延長戦ではない新兵器、”ゲームチェンジャー”が専門家の注目を集めている。極超音速ミサイルしかり、UAVしかり。だが、それは本当に戦争を変える兵器なのか?もしそうなら、ゲームチェンジャーと呼ばれる兵器を生み出せる組織とその仕組みはどうなっているのか?最新のテクノロジーの動向に詳しい専門家の入門書。

 

ミリタリーを語る際にも流行語があり、今現在は”ゲームチェンジャー”がその最たるものだろう。だが、その兵器は”より速く、より強く”が求められる兵器開発の常道と何が違うのか?我々は印象論で語ってはいないだろうか?そうした問いに答えるのが本書である。だが、本書の本質的な部分は兵器そのものにあるのではないと思う。”ゲームチェンジャー”を生み出す発想とは何か?そのキーテクノロジーはどう開発されたか?そうしたテクノロジーを生み出す、アメリカのDARPAとはどんな組織化か?本書はそうした問いに答える。これは業種を問わず、激しい競争にさらされる民間メーカーにも求められるものであろう。従来の製品を分析し、それを改良するだけではライバルに勝てない。発想の転換が必要なのだ。それは一本道ではなく、無駄な知恵とお金を費やすこともあろう。そうした工程を乗り越えてこそ、”戦闘、戦争を変える”ものが出来上がるのだ。そういう意味で、本書はミリタリー関連本でもあり、ビジネスの参考書でもある。

« July 2020 | Main | November 2020 »

My Photo
November 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Twitter


無料ブログはココログ