2019.09.15

MirageF.1C-200 Completed

スペシャルホビー1/72ダッソー・ミラージュF.1C-200、完成しました。

Dsc_5279

ミラージュF.1Cはダッソー社がミラージュⅢ/5の後継機として開発、1966年初飛行、1973年に就役した軽量戦闘機。ダッソー社の戦闘機としては珍しい、切り落としデルタ翼と水平尾翼で構成されたオーソドックスな形態を採用しており、フランス空軍での採用はもちろん、海外市場での売り込みも狙っていましたが、時代はすでに大推力エンジン・FBWなど新技術を採用したF-16の時代に入っており、海外での採用は小規模にとどまりました。

Dsc_5293

スペシャルホビーのミラージュF.1は2018年発売の新規金型商品。バリエーション展開のためにたくさんパーツが入っているためか、シンプルで小型のキットなのにやや価格は高め。しかしながら、凸彫りの古いキットが多い中、適度なディテールと組み易さで、現状では1/72ミラージュF.1のベストキットではないでしょうか。機首部分、胴体がやや勘合に気をつければ、さほどの苦労はありません。

Dsc_5312 

塗装はEC 2/5と呼ばれる飛行隊の1981年当時のマーキングを再現。上面にやや明るめに調合したミディアムブルー、下面にガルグレーを多めに混入したシルバーを吹いています。実機写真を見ると、やや暗めかも知れません。

デカールは非常に品質が良いもので、マスキングが面倒なエアインティークサイドのレッドの部分が発色がいい上にピタリとくるところだけでも、高く評価しています。

Dsc_5315

ダッソー社がデルタ翼をいったん捨て、標準的な形態を採用したミラージュF.1。製作して手に取ると、写真で見るより小型の機体であることが印象的です。それも当然、胴体付近やエンジンはミラージュⅢそのままで、新世代機とはいえないものでした。航空大国の1つであったフランスの凋落の象徴でもあるようにも感じます。その一因は大推力を発揮する低バイパスターボファンエンジンがついに開発できなかったことでしょう。そんな歴史を感じさせるモデリングでした。

Dsc_5301

2019.08.04

MINERVA Completed

ハセガワ1/400ミネルバ、完成しました。

Dsc_5072

ミネルバは映画「クラッシャージョウ」に登場する外宇宙/大気圏内兼用宇宙船。クラッシャージョウチームの拠点となる船であり、ワープ航法装置、ファイター1など各種搭載機を積載しながら、大気圏内でも活動できるなど、ほぼ万能な宇宙船です。スタジオぬえに拠るメカデザインの説得力の高さ、映画内での縦横無尽の飛びっぷりは、1983年の劇場公開から35年を経ても色褪せません。

Dsc_5094

ハセガワ1/400のキットはクリエイターワークスシリーズの新商品。いわゆる色プラ、内部フレームを内蔵して大柄なパーツを支え、なるべくパーティングラインが見えないパーツ割りで、組み立て自体は3時間でできる優秀なキットです。背中の主砲、お腹のミサイルポッドなどのハッチも再現できますが、今回はすべて閉じてスリークな姿を再現。

Dsc_5088

さすがに塗装なしではオモチャっぽさが抜けないので、最低限のサンディングの上に透け防止のためサーフェサー吹いて全面ホワイト。特色のブルーを機首に吹いています。メインエンジンのノズルは黒鉄色1色の指定ですが、SFメカっぽく内部をレッドにしています。細部は細かく塗装指定やデカール指定がありますが、好みで省略しています。スミ入れはグレーを入れて、スジ彫りはあまり強調せず、キレイ目に仕上げてます。

Dsc_5056

静岡ホビーショーでミネルバのキット化が発表され、ブースの中の人にいろいろとヒアリングされたおじさんとしては、感無量の逸品です。もちろんもう1ケ買ってあって、そっちはハッチフルオープンでいくつもりです。しかし、新規でミネルバを組めるとは、いい時代になりました。

Dsc_5052_20190804174901

2019.07.25

MIRAGE Ⅳ A Completed

A&Aモデル1/72ダッソー・ブレゲー ミラージュⅣA、完成しました。

Dsc_4700

ミラージュⅣAはフランス初の核抑止力として開発された長距離超音速爆撃機です。1959年に初飛行して以後、改良を続けながら1980年代中盤にミラージュ2000Dが実戦配備されるまで、フランスの貴重な核戦力として現役にとどまりました。

Dsc_4719

ダッソー・ブレゲーは新規設計のリスクを抑えるため、ミラージュⅣを傑作機であるミラージュⅢを大型・双発化した形態で開発しました。大型の核爆弾は中央胴体を凹ませる形で機体と一体化して搭載、胴体下部に地形追随レーダーを搭載しているのが特徴です。

Dsc_4720

A&Aモデルのキットは昨年発売の新キット。ですが、簡易インジェクションのパーツはヒケが多数。スジ彫りは運河彫り、勘合は最悪と21世紀のキットとは思えませんが、瞬着とパテで強引に飛行機の形にしています。胴体付近は接着ダボもないため、プラ板で補強しています。スジ彫りについては、サンディングで消えたところはネットで拾った図面を元に彫り直し。各種アンテナ、機首のフィンなどは説明書もパーツも怪しさ満点なので、ネットの写真を元に自作しています。

Dsc_4731

サーフェサー吹くまでは一苦労ですが、塗装は迷彩パターンも複雑でないため、それまでの苦労を思えば一瞬です。ダークグレーはクレオスC337ダークグリーン、ダークグリーンはC309をビン生で吹付け。さんざんキットの文句書いてきましたが、デカールだけは品質最高です。ダークグリーンの上に載せた国籍マークの発色にはちょっと感動。

Dsc_4717

このキット、ちょっと挫折しかけましたが、下面に必要以上にこだわらず完成を優先しました。また、デカールは初期のシルバー塗装の指定もありますが、パテ、瞬着盛った後に荒い目のペーパーで削っているので、ワタシのウデでは表面処理が荒く、とても金属色の塗装は無理と判断。迷彩塗装としています。だいぶ割り切っての製作でしたが、ダッソーのデルタ翼機特有の雰囲気は出せたと思います。

同じ系列のメーカーからの発売がウワサされるミラージュ2000、もうちょっと作りやすいといいな。

2019.05.19

F-16C"BDU Splinter" Completed

静岡ホビーショーに2019に持ち込んだタミヤ1/72F-16C"BDU Splinter"、ちゃんと写真撮ったので製作記としてうpします。

Dsc_5124

アメリカ空軍にはベトナム戦争の教訓から、仮想敵の戦闘機を演じ、演習時の敵役となるアグレッサー部隊を創設しました。当初はノースロップF-5Eタイガーなどが部隊に採用されていましたが、近年は仮想敵であるロシア空軍あるいは中国空軍の機体も高性能となり、アグレッサー部隊の使用機も最新鋭機に近いものとなっています。特に電子戦兵装などは最新のものを搭載、訓練の内容を実践に即したものにしています。

Dsc_5122

キットはタミヤ1/72F-16C Block50をストレート組み。AGS仕様にするため、キャノピー前のIFFアンテナがないパーツをチョイス。あとはファインモールドのシートベルト、金属製のピトー管に交換するくらいだけで、精悍なヴァイパーが完成となります。ただし、エアインティークリップの分割だけはそのラインが目立つので、接着とサンディングに気をつけたいところ。

Dsc_5057

Dsc_5069

Dsc_5092

塗装はTWO BOBS のデカールを使用して、35thWing/18thAGRSの最新のスプリンター迷彩をチョイス。組み立てが楽なので、3機同時製作に挑戦しましたが、このスプリンター迷彩の塗装、正確にいえばマスキングが一番たいへんでした。エアブラシのうがいを少なくし、色は薄いものから濃いものを乗せるという基本にのっとり、うんうんと考えながらマスキングしたら、よけい面倒なことに。直線的な迷彩ということで舐めてかかるととんでもない手間でした。

Dsc_5052

Dsc_5076

Dsc_5086

カラーはブラウンバージョンがクレオスC301チャコールグレー、グリーンがC309、ブラウンがC310に軸に調整、以下、ブルーがC306グレー・ミディアムブルー・ブルーグレー(アメリカ海軍特色セット)。ブラックがC301チャコールグレー・C305ガンシップグレー・C311グレーをそれぞれ吹き付けています。

Dsc_5104

静岡ホビーショーのクラブテーマの1つが「タミヤ」だったので、ヴァイパーをチョイス。さらに「別売デカールはたいてい2~3機分製作できるが、たいてい1機分しか使用しないよね」というモヤモヤ感を解消するために一気製作にのぞみました。が、おかげで2019年、即位の礼と改元に伴う10連休は、マスキングをしてた記憶しかございません(笑)。まあ、実際に合同作品展に持ち込めたので良しとしましょう。

2019.04.28

BOING SST Clipper Completed

アメリカレベルのオールドキット、ボーイングSST”Clipper” 完成しました。

Dsc_0477

ボーイングSSTは航空機がスピードの覇を競った時代、1960年代に計画がスタートした超音速旅客機です。ヨーロッパではコンコルド、ソ連ではTu-144の開発が先行し、アメリカの超音速旅客機計画はその流れに乗るものでした。

モックアップまで開発は進みましたが、石油ショックによる燃料費高騰、衝撃波による環境破壊、高騰し続ける研究開発費などの要因により、開発は中止。時代は燃費の良いターボファンエンジンを積んだ大型旅客機、同じボーイングの747の時代に進むことになります。

Dsc_0475

キットはアメリカレベルのオールドキットをストレート組み。正確な発売日は分かりませんが、元々は50年前以上のキットであり、パーツはうまく抜けておらず、勘合悪く、直線部分はガタガタと基礎工作の段階で相当苦労しました。傷が多く残っていますが、いつまで経っても完成しそうにないので妥協。

Dsc_0465

塗装は下面をクレオスのスーパーファインシルバー、上面はガイアノーツのExホワイトを使用。サーファサーとシルバーを捨て吹きして、1000から始めて8000番台のペーパーまで順に磨き、その後再び塗装して、クリアーでコート。デカールは意外にも貼りやすく、今は亡きパンアメリカン航空のマーキングが再現できます。

Dsc_0474

自分が子供のころ、未来の航空機といえばジャンボジェットではなく、SSTでした。子供のころに手にした、金属製のボーイングSSTのおもちゃこそがおそらく自分の航空機マニアの原点だと思います。

静岡ホビーショー2019の合同作品展の所属クラブのテーマが”レベル”ということで、貴重なキットに手をつけ、なおかつ完成までもっていくことが出来たので幸いです。合同作品展では、「BlogModelers」の末席に展示させていただきます。

2019.02.10

HASEGAWA FIGHTER1 Completed

ハセガワ1/72ファイター1、完成しました。
Dsc_0152
ファイター1は1983年の映画「クラッシャージョウ」に登場する、小型戦闘機。原作小説の著者である高千穂遥自らが脚本を手掛け、キャラデザインと監督を安彦良和、メカデザインがスタジオぬえと、当時の超一流クリエイターが集った映画は、当時のアニメファンの多くに突き刺ささった伝説の作品。サントラも異例のヒットを記録しています。
Dsc_0155
ハセガワ1/72のファイター1はオールニューキット。内部フレームを用いた”ほぼ色プラ”のスナップキットで、本来ならキャノピーのみ(マスキングシール付き)塗装すれば、ほぼ劇中登場のファイター1が出来上がります。
Dsc_0160
今回の製作ではオリジナルのカラーで全面塗装。というのも、ガイアノーツの専用カラーがいまいちパステルカラー過ぎて、自分のイメージと違うんですよね。なのでブルーはインディブルーにホワイトを少し足して混色、グレーはクレオスC331シーグレー、ロケットノズルはクレオスのアイアンで塗装。自分なりの宇宙機のイメージを少しだけ足しています。
Dsc_0169
映画公開当時はタカラが登場メカをキット化していましたが、いまやコレクターズアイテム。正直、2020年も近い今に新キットが発売されるとは思わず、嬉しくて発売と同時に即製作しました。もうハセガワ様に感謝、感謝です。


Dsc_0171


2019.02.03

PHANTOM FG.1(AIRFIX) Completed

エアフィックス1/72ファントムFG.1,、完成しました。
Dsc_0088

西側世界に広く制式採用されたF-4ファントムⅡですが、イギリス空海軍に採用されたファントムⅡはロールス・ロイスRB-168スペイにエンジンを換装し、ブリティッシュファントムと呼ばれています。必要な空気量が増大したためにエアインティークが拡大され、それにあわせてショルダーラインが拡大。また、搭載される空母アーク・ロイヤルのサイズに合わせ、レドームが折りたたみ式に、前脚のオレオが二段式になるなど、様々な改良が加えられました。

Dsc_0092

エアフィックスの1/72キットは昨年発売の新キット。全面スジボリにリベット。機首を上げたカタパルト離陸状態、レドームと主翼を畳んだ格納状態、飛行状態を再現できる。接着跡が残りがちな胴体背部は別パーツ、などなどパーツ状態では最高のキット。しかし、そのコンバーチブルを再現するためか、表現が大げさで、勘合とディテールの細部は甘く、少々のすり合わせとパテが必要。

Dsc_0099

今回の製作では、レドームと主翼を折りたたんだエレベーター移動状態を再現。レドーム周辺はカラー指定がいまいちよく分からないので、目立つ機体内部色で塗装しています。

Dsc_0114

塗装はアークロイヤル搭載の892SQを再現。エクストラダークグレーはブルーとホワイトを足して、かなり明るめに仕上げています。デカールは小さなコーションマークまで完璧に再現されていますが、硬いのでマークソフターで充分に馴染ませます。

Dsc_0121

このキット、欠点は先に書きましたが、例えばキャノピーなんかも大きな接着面がついた差し込み式だったり、上級者向けというよりはプレイバリュー優先のキットなんですね。なので、あとはアークロイヤルの甲板を追加発売してくれると完璧なんですが(笑)。開発が発表されている1/72バッカニアがどういう方向のパーツ割でどんな表現をするのか、楽しみですね。

2019.01.12

T-1B Completed

プラッツ1/72T-1B、完成しました。
Dsc_0046
T-1Bは富士重工にて開発された国産初のジェット練習機。国産初のジェットエンジンを搭載した中等練習機でもあります。
Dsc_0048
キットはプラッツのオールニューキット。スジ彫りはやや深めでメリハリのあるパーツ割りにまったく問題はなく、オレはストレート組みでじゅうぶん満足。プラスチックの固まりをオモリとして機首に仕込むように指示がありますが、やや心もとないので、オモリを少し足しておくのが吉かと。

Dsc_0057

塗装は飛行実験団のマークをチョイス。カルトグラフのデカールでほぼマーキングを再現できますが、翼端の識別オレンジと機首のアンチグレアは塗装に変更しています。カルトのデカールは程よく硬く、ソフターにも馴染むので、胴体や主翼のラインもしっかり再現できます。

Dsc_0083

初期の小型ジェット機の美しいラインがよく再現されており、誰にでもおススメできる良キットです。みんなで買って作って、次はプラッツさんにC-1の開発をお願いしましょう。

Dsc_0081


2018.12.24

"F-4EJ "MiG SILHOUETTE" Completed

ハセガワ1/72F-4EJファントムⅡ "MiG SILHOUETTE"、完成しました。

Dsc_0014
F-35Aの本格導入に伴い、長きにわたり航空自衛隊で日本の空を守ってきたF-4EJファントムⅡが2019年で引退します。この機会に、FCSなどが改修される前の仕様でF-4EJを製作しました。

Dsc_0009_2
キットはハセガワの限定版をストレート組み。シートベルトをファインモールドの別売品、ピトー管を同じくファインモールドの金属挽き物に交換しています。塗装とデカール貼りに傾注。

Dsc_0020
塗装は”1984年に百里基地所属の301SQにて施された、ミグシルエット”と呼ばれる仮想敵機役を務めた有名な機体を再現。ライトゴーストグレーを全面塗装した後にC340グリーンでMig-21のシルエットをマスキングにて塗装。上面、側面とも空中で見事にMig-21が浮かび上がったそうです。

Dsc_0041_2

2005年発売のキットを中古にて購入したのですが、すでにデカールが限界に近くすぐにバリバリと割れるので、扱いに相当苦労しました。空自からのファントム引退に伴い、旧塗装のファントムを作りたい人も多いはず。プラッツあたり、オールドファッションのコーションマークセットを発売してくれないかなあ、とつくづく思った製作でした。

これにて2019年の模型製作も〆。来年もよろしくお願いいたします。来年もよろしくお願いいたします。


2018.11.10

Tu-128 Completed

トランぺッター1/72Tu-128Mフィドラー、完成しました。
Dsc_9657

Tu-128フィドラーは1960年代に開発、配備されたソ連の迎撃戦闘機。大量の燃料と大型AAMを搭載、全長30mにも及ぶ大型戦闘機で、ソ連領空に侵攻してくるアメリカ空軍の爆撃機が主任務。そのため、戦闘機にも関わらず大型機の設計を得意とするツポレフ設計局の手により開発されるなど異例、異形の戦闘機です。

Dsc_9662


キットはトランぺッターの新商品をストレート組み。合いは悪くありませんが、練習機型を後で発売するためか胴体が前後2分割されているなど強度に不安があるため、プラ棒やプラ板で補強しています。ディテールに関しては、リベット表現などがやや大味で、同社のMig-29やMig-31とは差があります。設計チームが違うのか、大型機の表現としているのかは謎。

Dsc_9664

また、オモリなしで尻もちつきません。脚の強度に不安があるので、オモリなしを推奨。ジェットノズル回りのエッチングパーツは冷却空気取り込み用。

Dsc_9674

塗装はブラックサーフェサー吹いた後、クレオスC8シルバーにクリアーを足して吹きつけ。特色のアルミナイズドシルバーを重ねぶきした後、エナメルでスミ入れ兼フィルタリングして、エイジングを表現。シベリアの過酷な環境での使用を想像しながら綿棒で擦り、やり過ぎたら薄くシルバー吹いて面が単調にならないように仕上げます。

Dsc_9667

デカールは付属のモノですが、解説などは特になし。派手なマークがついている方にしました(笑)。

Dsc_9697

Twitterの方にも書きましたが、Tu-128フィドラーは「長距離進出して爆撃機を要撃する」という任務に特化したフシギな魅力がある機体です。大きなキットですがこれぞ高速ジェット機という形態なので、工作はシンプルに、塗装を楽しめました。面白いキットでおススメです。


より以前の記事一覧

My Photo
October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter


無料ブログはココログ