F-106B Completed

トランぺッター1/72F-106Bデルタダート、完成しました。
Dsc_0002
コンベアF-106デルタダートはセンチュリーシリーズと呼ばれる、1950年代~60年代に開発されたアメリカの超音速戦闘機の1つ。F-106は要撃戦闘機であるF-102を基礎に、エリアルールの採用やスタイルをブラッシュアップし、アメリカ本土で防空の任に就きました。AAMを機内搭載した大型のデルタ翼機は機動性も高く、F-15イーグルが登場するまで”ベストファイター”と呼ばれました。F-106Bはその複座トレイナーとなります。

Dsc_0007

キットはトランぺッターの1/72をストレート組み。細部はややダルいものの、組み上げるのにさほど手間はかからず。F-106Bをインジェクションキットで発売してくれることだけでも感謝です(笑)。今回は試験部隊の機体であるため、ウェポンベイは閉めましたが、キットではもちろん再現されています。

Dsc_0008_01

塗装はエクストラデカールを使用して、1979年のB-1B試験部隊でチェイサーとして使われた機体を再現。エアクラフトグレーと自家製のインターナショナルオレンジを吹いた後、経年劣化した機体であることを想定し、やや強めにフィルタリングしています。

Dsc_0030

Dsc_0048

昨年制作した、MENGのF-106Aとツーショット。翼端灯やリベット、エアブレーキなど各所に解釈の違いはありますが、意外にスタイルの違いはなくて両者ともエリアルール独特のくびれた胴体がよく再現されています。

Dsc_0054

センチュリーシリーズの機体は超音速戦闘機らしいスピード感と、後年のスマートな期待とは違う力強さが両方感じられて、見ていてあきませんね。ここまでくると、ゲテものF-102Bの発売にも期待です(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mig-21MF Completed

エデュアルド1/72Mig-21MFフィッシュベッド、完成しました。
Dsc_0001
Mig-21は1960年代にソ連のMig設計局が開発した超音速戦闘機で、2000年代まで多くの中小国空軍で現役にあったベストセラー戦闘機の1つです。当初はシンプルな前線用の戦闘機でしたが、後に電子装備や燃料タンクの増設などにより、だんだんとハンプバックやフェアリングが大きくなっており、Mig-21MFはその最終形態に近いサブタイプです。

Dsc_0005

機体はエデュアルドの新商品をストレート組み。多くのディテールアップパーツやそれをセットしたコラボ商品を発売しているエデュアルドですが、近年は自社製のインジェクションキットそのものも開発しています。パーツはシャープの一言で、カラーエッチングや質の良いデカールなどスキがないカンペキなキット...と言いたいところですが、唯一の欠点はシートのパーツが大きすぎて、コクピットに入らないこと。しかも組み立て説明書の最後の方にシートの製作記事があるので、油断してました。今回は塗装後のシートを無理矢理削って入れ込んでいます。

Dsc_0006

塗装はクレオスのオールドタイマー機用の特色、アルミナイズドシルバーを全面吹きつけ。この塗料、エナメルシンナーに弱いので、そこを逆手にとって、スミ入れついでに綿棒でやさしくこすって経年劣化によるムラを再現しようとしています。機首はアクセント兼ねてファインシルバーにしています。

Dsc_0019

デカールはルーマニア空軍を選択。冷戦時代の東欧というと、独裁者チャウシェスク大統領を思い出してしまうので(笑)。先に書きましたが、デカールもたいへん良質なものです。

Dsc_0023

キットのサイズと値段のつり合いはともかく、お手軽にシャープなMig-21MFが完成する良キット。誰にでもおススメできます。Mig-21SMTはじめ、サブタイプのラインナップも期待ですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mirage 4000 Completed

モデルズヴィート1/72 ミラージュ4000、完成しました。
Dsc_0004
ミラージュ4000はフランスのダッソー社が開発した試作戦闘機。1970年代、ミラージュ2000を基に大型戦闘機市場への参入を目論んだダッソー社が自主開発した双発戦闘機で、1979年に初飛行しました。F-14あるいはF-15をライバルと想定し、FBWやバブルキャノピーなど先進的な設計と技術が取り入れられていました。アラブ諸国、特にサウジアラビアへの輸出を想定していましたが、フランス本国で採用がない機体を採用する空軍はなく、試作機の開発にとどまり計画は中止されましたが、デルタ翼とカナード翼を組み合わせた双発戦闘機開発という経験は、ラファールの開発に生かされました。
Dsc_0005
キットはウクライナの新興メーカー、モデルズヴィートの新商品をストレート組み。パーツはスジ彫りが美しく、キャノピーはクローズとオープンの2種類セット。マスキングシートやエッチングパーツも付属する至れり尽くせりの内容のパッケージですが、肝心の胴体がプラ板による補強なしでは組み上がらないなど、プラモデルとしては少しハードルの高い内容です。
Dsc_0010
工作についてはなるべくスジ彫りの彫り直しがないよう、擦り合わせを念入りに行っています。それでも合わない場合は瞬着と硬化剤で強引に接着。多少の苦労はありますが、美しい機体のラインは完全再現されています。

Dsc_0014

塗装は1号機のデモ塗装を再現。ガイアノーツのアルティメットホワイトを吹きつけて磨くことを複数回繰り返して平滑な塗面を目指しましたが、一部は荒れたまま妥協。ブルーとレッドのラインは、エアインティークとカナードは塗装、それ以外はデカール再現。

Dsc_0033

東欧の新興メーカーのキットということで、パーツそのものはCAD/CAMとNC工作機械で驚くような精度ですが、プラモとしては少々難あり、というところでしょうか。それでも、インジェクションでミラージュ4000を作れるのですから、感謝しかありません。同じスケールで、ミラージュ2000の完全版もお願いしたいものです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-111A Completed

静岡ホビーショー2018合同作品展にも出展させていただいたハセガワ1/72ジェネラル・ダイナミクスF-111Aアードバーク、Blogにまとめておきます。
Dsc_2730_2

F-111はアメリカ空軍と海軍の新戦闘機として1960年代に開発されたVG翼の戦闘機です。アメリカ空軍初の可変翼、ターボファンエンジン搭載の戦闘機として開発され、さらに地形追随レーダー(TFR)を搭載。長距離阻止侵攻攻撃機として、突出した性能をもっています。

Dsc_2734_2

ただ、新機軸を多く盛り込んだ機体ゆえ、開発は難航、価格は高価格化。焦った空軍はあわててベトナム戦争でその性能を発揮させようと派遣したのが本機、F-111Aです。しかしながら高温多湿の東南アジアの環境に苦しみ、とてもその能力を発揮出来たとはいえませんでした。F-111Aが本来の性能を発揮するのは、ベトナム戦争後期となります。

Dsc_2762

キットはハセガワの1/72をストレート組み。TwoBobsのデカールを使用して前述したベトナム戦争初期の作戦"
Combat Lancer"参加僟を再現。大型の戦闘爆撃機らしく、スネークアイ×24発の重武装仕様に仕上げました。キットの組み立てより、スネークアイとパイロンのMERのバリ取りと固定のための金属線埋めの方が時間かかりました。
Dsc_2740


いわゆるSEA迷彩はブラウンにイエローを混色して退色感を出し、グリーンにホワイトを指してダークグリーンと明度の差をつけています。下面はブラックなのでコーションはほぼ省略。

Dsc_2779

サークルYDCCのテーマ<攻撃機>のための1機、ハセガワのウェポンセット4つ分のスネークアイを使っただけあって、スマートウェポン全盛の今の戦闘機にはない重厚さが出たと思います。それとVG翼はやはりイイ。
さて、次いきましょう。

Dsc_2731


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-18F"100th Years of Naval Aviation 1911-2011" Comleted

ハセガワ1/72F/A-18F"100th Years of Naval Aviation 1911-2011" 、完成しました。
Dsc_7547
2011年はアメリカ海軍航空100周年ということで、多くのアメリカ海軍航空機に記念塗装が施されました。その中でも、VFA-122は異彩を放つデジタル迷彩を施され、注目を集めました。
Dsc_7556
キットはハセガワ1/72をストレート組み。ただし、レギュラーキットは後部胴体のチムニーダクトなしのキットなので、後発の限定版のキットからパーツを拝借。追加パーツはファインモールドのシートベルトのみです。
Dsc_7562
塗装はSyhartというデカールメーカーの製品を使い、機体前面のデジタル迷彩を再現。いつもならフラットブラックでシャドウを吹いた後にクレオスのC308を吹くのですが、全面デカール貼りつけということで、サーフェサーを吹いた後にC308を前面にべったり吹いてシルバリング防止に努めています。デカールに関しては発色は問題ないものの、やや固めで割れやすい品質。
Dsc_7581
ぬるま湯でふやかした後、デカールを傷めないようになるべくデカールフィッターのみで貼りつけ、曲面のみ、剛力デカールフィッターを使用しています。もちろん、サイズが合わない箇所も多々あるので、基本的には現場合わせてカットしつつ貼ります。合計10時間くらいはかかりましたが、パズルみたいで見た目より苦労はしてません。充分な乾燥時間を取った後、半ツヤクリアーを吹いてツヤを整えています。
Dsc_7591
最終的にスミ入れをしようかどうか迷ったのですが、あまりにうるさそうなので、一部のみ実施。
一見するとすごくめんどくさそうな作業ですが、分割もよく考えられており、現用機のデカール地獄に慣れている方なら、さほど問題ないかと思います。ドイツレベルとハセガワでサイズが違う部分があるらしく、デカールがやたら多めで目的のものを探すのがメンドクサイくらい。ただやはり、コンプリートしたときの満足感はありますね。
静岡ホビーショー合同作品展に持ち込むつもりですが、細部はアラがあるので、遠くから見てくださいね。
Dsc_7595


| | Comments (0) | TrackBack (0)

EA-18G/VAQ-141 Completed

2018年の最初の製作は2018年ということで、ハセガワ1/72EA-18Gグロウラーにしました。
Dsc_0001
EA-18GはEA-6Bプラウラーの引退に伴い、F-18/Fを大幅に改良して開発された電子戦機。機体各所に設置されたECMアンテナ、ALQ-99ハイ/ローバンドジャマーを搭載していることなどが特徴。いまや数少ない電子戦機として、格空母航空団に配備されています。
Dsc_0037_01
ハセガワ1/72のキットは、2016年のCAG機塗装が再現できるデカールとパッチがセットされた限定版。2017年にはCAG機塗装が変更されたので、旧聞に属する塗装になりましたが、個人的にはこちらの方が好きですね。
Dsc_0016
組み立てはまったくのストレート。コクピット付近はさすがにディテールが足りないので、気になる方は別売パーツが必要かも。塗装はカウンターシェイド、ガイアノーツのエナメルのウェザリング塗料で、ややキツ目にウェザリング。あんまりリアルに寄せて汚くするのは好みじゃないので、あっさりめにしてあります。
Dsc_0022
自衛隊も導入するのではないかとウワサのグロウラー。搭載機器の運用やオペレーターの育成には相当のノウハウが必要だそうなので、買うと決まっても、戦力化は相当先でしょう。貴重な電子戦機の動向は、今後も要注目ですね。
Dsc_0045


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-117A Completed

ハセガワ1/72F-117Aナイトホーク、完成しました。
Dsc_0171
冷戦時代、長らくウワサされていたレーダーに捉えられない戦闘機の存在が1枚の写真とともに公開されたとき、世界は驚愕しました。平面で構成された、従来の概念を覆した航空機。”コックローチ”とも”ホープレス・ダイヤモンド”とも呼ばれた本機ですが、湾岸戦争ではその実力をいかんなく発揮し、敵防空施設や重要施設の破壊など、戦果を残しました。
Dsc_0174
キットはハセガワ1/72キットをストレート組み。湾岸戦争後、突貫工事で発売にこぎ着けたからか、意外とスキマが開くので、けっこうパテのお世話になっています。
Dsc_0167
塗装は爆撃スコアを機首に記入した、37TFWの機体を再現。当初はフラットブラックを中心にカラーモジュレーションに挑戦しようと思っていたのですが、どうにもワザとらしく、クレオスC116 RLM66ブラックグレーでハイライトを入れる方法に変更。「前方から光が入った状態で、給油機から撮影」風に明るさを調整しています。
Dsc_0217
この時代のアメリカ空軍機を語るときに、必ず必要な攻撃機、F-117A。工作よりは塗装で勝負ですが、なかなかうまくいかないものです。まだまだ修行ですね。
Dsc_0212


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-4EJ"JASDF 60thANNIBERSARY" Completed

ハセガワ1/72F-4EJ"JASDF 60thANNIBERSARY"、完成しました。
Dsc_1607
長く航空自衛隊で国防の任に就いていたF-4EJですが、後継たるF-35Aの導入も始まり、終焉のときが確実に近づいています。そうした状況の中で、様々な記念塗装機が施されて、ファンを楽しませてくれています。
Dsc_1611
今回制作したのは、飛行開発実験団が2014年の航空祭に合わせて施した、航空自衛隊60周年記念僟。現在、F-4EJはゴーストグレー2色のカウンターシェイド迷彩が主流ですが、本機はF-4EJ導入当初のガルグレー×ホワイトの塗装を再現しています。
Dsc_1623
キットはハセガワの限定版キットを使用。オールドキットの部類に入ってきたので、モールドも甘くなってきており、リベットの打ち直しを実施。また、垂直尾翼端は金属線を入れて強化、ピトー管はファインモールドも金属挽き物に交換しています。
Dsc_1621
塗装はキット付属のデカールを使用していますが、「ゴーストグレーに書いたコーションをマスキングして、ガルグレーを塗装」した実機を再現しているため、コーションマークがウザい感じに。かといって間引くのもバランスが悪いし、ここらへんは1/72の限界ですかね。コーションマークのデカールは複数がつながっているため、ニス部分を半乾きのときにカッターの刃を軽く入れてカットしています。
記念僟なので、グレート塗装後に♯6000のペーパーで磨き、クレオスのスーパークリアーでオーバーコートした後も磨いています。
Dsc_1622
エアフィックスがブリティッシュファントムの新金型商品を発売する昨今、ロングノーズもそろそろ新金型ほしいのが正直なところ。期待したいですねえ。
Dsc_1628


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-16C"DARK VIPERS" Completed

タミヤ1/72F-16C"DARK VIPERS" 完成しました。
Dsc_1390
F-16Cは数的にはアメリカ空軍の主力機であり、全米各州のANGにも多くの機体が配備されています。長い間、カウンターシェイドの制空迷彩をまとってきたヴァイパーですが、近年、低観測性に配慮した”HAVE GLASS Ⅴ”と呼ばれる塗装の導入が始まりました。
Dsc_1392
前作に引き続き、タミヤの1/72のキットに関しては、まったくのストレート組み。コクピット前のIFFアンテナがないタイプのパーツを使用し、Block40仕様にして、スナイパーXRポッドを装備させています。
Dsc_1401
今回の製作のテーマは、モデルカステンの新商品、ステルスグレー(1)の人身御供(笑)になること。ダークグレーにメタリックが配合されており、現用機モデラーが試行錯誤しているステルス機用の塗料です。非常にキラキラ感が強く、光の具合によっては虹色に輝きます。個人的には少し派手な感じがするので、エナメルのフラットブラックでウォッシングした後、仕上げはクレオスのフラットを吹いて落ち着かせています。
Dsc_1409
デカールはCaracalModelsの”DARK VIPERS"を使用。サウスダコタANGの機体を再現しています。航空ファンやウェブの小さな写真しか資料がないため、また汚れ具合が分からず、ウェザリング表現はなし。このへんはF-35含めて、長期間使用した後の写真待ちですね。
Dsc_1419
光の当たり具合によって見え方が大きく変わるこの種のメタリック塗装の再現は相変わらず難しい。この新商品も「これ吹いとけば大丈夫」って感じでもなく、好みによって工夫が必要ですね。とはいえ、自家調色では出せないメタリック感はさすがにメーカーさんなので、F-22用のゴーストグレーの発売にも期待です。
Dsc_1415


| | Comments (0) | TrackBack (0)

F-16C”50Years of YGMSM” Completed

タミヤ1/72F-16Cヴァイパー”50Years of YGMSM”、完成しました。
Dsc_1345
F-16Cはアメリカ空軍で様々な任務についていますが、もっとも危険な任務の1つがSEAD、つまり対空防御網制圧です。従来、この任務については専用の電子戦装備を搭載したF-4Gが就いていましたが、現在はHTS(HARMターゲティングシステム)ポッドを搭載したF-16C Block50/52がその後継となっています。
Dsc_1347
キットはタミヤの1/72の武器フル装備仕様をストレート組み。現用機モデラーにとってはタミヤのキットは縁遠く、ワタシも覚えてないくらいに久しぶりですが、丁寧に塗り分けるだけで抜群の出来の完成品となります。ただし、左右分割のエアインティークは実機に分割線がないだけに、ちょっと残念なところです。
Dsc_1357
塗装はTWO BOBSのデカールを組み合わせて20thFWの”50Years of YGMSM”を再現。自らをSAMサイトに晒す危険な任務を"WildWeasel"と名付けて50年。その重みが感じられます。F-16Cはイラクはアフガンでかなりハードな任務に就き、塗装も傷んでいるため、ガイアノーツの新商品であるエナメルのウェザリング塗料「赤サビ」と「オイル」を使って、やつれた感じを強調しています。
Dsc_1363
ベトナム戦争でSAMの脅威に晒され、急激な電子機材の発達により、次々と開発されたワイルドウィーゼルたちも、おそらくステルスの時代には専用機は生まれないでしょう。198年代中盤の航空ファン連載「くもりのち晴れのSAMハント」こそが、ミリオタの原点である自分にとっては、どうしても早く作りたい機体でした。

Dsc_1385


Dsc_1381


Dsc_1383


Dsc_1387_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧