2020.05.13

GWH1/72F-14A Tomcat Completed

GWHグラマンF-14Aトムキャット、完成しました。

Dsc_3949

グラマンF-14Aトムキャットは1960年代に開発が始まった艦上可変翼戦闘機。マクナマラ国防長官の肝いりだった空海軍共通戦闘機開発計画(のちのF-111)の挫折後、火器管制装置や超射程AAM、ターボファンエンジンなどの技術遺産を引き継いで開発されたF-14Aは、空母機動部隊を守る翼として、冷戦期を生き抜きました。

Dsc_3953

日本でトムキャットの人気が不動のものになったのは「トップ・ガン」と「超時空要塞マクロス」の2つの作品のおかげでしょう。特に「トップ・ガン」は主人公たちが羽織っていたMA-1ジャンパーやサントラまで大ヒットし、今に至るまで影響を残します。

Dsc_3965

GWHの1/72のキットは昨年の新商品。GWHのキットは精密で組み易いキットとして大感動したことがあるのですが、このF-14Aも健在。瞬着盛ってサンディングしたのは、主翼グローブの上下パーツの貼り合わせくらいでしょうか。後は塗装の厚みが邪魔になるくらいのクリアランス。そしてこのキットの特徴は主翼のスポイラーが展開できるところ。マスキング的にも難儀なところだし、見映えに迫力は出るしで、効果抜群です。本当は主翼の展開含めてタッチ・ダウンの状態を再現しようとも思ったのですが(なのでノズルは閉状態)、完成を優先しました。

Dsc_3963

塗装は1974年、配備後すぐに実戦のクルーズに出たVF-1”WolfPack"を再現。なので機首ピトー管もなし。初めて作った1/72のキットがハセガワ旧版のVF-1塗装で、約40年近くぶりのリベンジです。

Dsc_3976

ハセガワ、フジミ、ファインモールドその他、様々なキットがあるF-14Aですが、複雑な機体構成ゆえにパチピタのキットは今まで経験したことなかったのですが、このGWHのキットは高価なぶんだけのバリューがあるものです。ためらっている人は迷わずゲットです。

 

2020.05.02

SAAB37 Viggen Completed

タランガス1/72SAAB37ビゲン、完成しました。

Dsc_3915

SAAB37ビゲンは、それまでスウェーデン空軍の主力戦闘機であったSAAB35ドラケンの後継機として開発された戦闘/攻撃/偵察機。スカンジナビア半島という地理的状況、スウェーデンの国是である”武装永世中立”を鑑み、スウェーデンは2次大戦後の主力戦闘機を国産としています。戦時には深い森に隠された退避壕に分散配置され、高速道路から作戦展開するという運用構想からSAABの歴代戦闘機は特徴的な外見を持ちますが、ビゲンも例外ではなく、カナード翼とデルタ翼の組み合わせ、戦闘機としては異例のスラストリバーサを装備するなど、特徴をあげればきりがないほどです。

Dsc_3912

タランガスの1/72キットはスペシャルホビーと金型を同じくするキット。2018年発売と新しいキットらしく、全面スジ彫りでディテールも必要充分。特徴ある主脚なども正確に再現されています。分割も工夫されて勘合もよく、しっかりと仮組すれば問題はほとんどありませんが、眼鏡型のフレームの前後で前部胴体と後部胴体を接着する箇所のみ、胴体のラインを崩さぬように慎重に接着する必要があります。今回のようにシルバー塗装の場合は、リベット表現を足すと、もっと映えますね。

Dsc_3907

塗装は全面シルバー塗装の”赤の39”を再現。基本塗装をクレオスC8シルバーで吹き付け後、クレオスのチタンとステンレス、タミヤのフラットアルミなどをマスキングしながら適宜吹いていますが、思ったよりコントラスト出てないかも。もっと大胆さが必要ですね。

Dsc_3905

先に書いたように、このキットはタランガス版とスペシャルホビー版がありますが、断然おススメなのはスペシャルホビーの写真集付きの2機セット。タランガスの塗装図は細部の指示が薄く、基本的な部分も写真集だよりでカラーを決定しました。

Dsc_3938

サーブで生産された戦闘機の揃い踏み。国産とはいっても、エンジンや武装はライセンス生産で、自国の運用方法に合うように限られた予算の中でどういう戦闘機を開発するか、どこを国産にこだわるか、どの機体も非常に興味深いストーリーをもっています。タランガスのキットはそんなビゲンの特徴をうまく再現しており、おススメのキットです。

2020.04.12

C-2 Completed

アオシマ1/144川崎C-2、完成しました。

Dsc_7530-2

川崎C-2はC-1の後継として開発が始まり、2010年に初飛行した空自の国産輸送機。開発費を削減するため、海自のP-3Cの後継となるP-1と共通部分を持たせつつ、同時並行して開発が進められました。2007年にロールアウト後、主に胴体強度の不足などの不具合により、初飛行、配備とも遅延しましたが、部隊配備以後は順調に運用されているようです。

Dsc_7555-2

キットは2019年発売のアオシマの新商品。1/144とはいえ、コクピットや荷室の再現に手抜かりはなく、飛行状態、荷下ろし状態など多彩な姿が再現できます。パチピタとはいかないので、胴体の合わせなどは瞬着より流し込み系接着剤で慎重にすり合わせをするのがおススメ。

Dsc_7588-2

クリアパーツ付近の処理をきちんとしないと目立ちますが、自分はここでつまづき、完成が遅れました。ヒケやすき間を見極めて、テープでウインドウを保護しながら、作業を進めるのが吉。

Dsc_7536-2

塗装は美保基地の403飛行隊を再現。下面を含めて微妙な色合いのブルーの迷彩ですが、混色が難しい。今回はイメージより彩度が高く、派手な塗装になってしまいました。スケールエフェクトを考慮して、ややホワイト多めの淡い色合いにするのが実機に近くなるのではないでしょうか。

Dsc_7530-2

意欲的に新キットを開発してくれるアオシマさんですが、内装にも手抜きなく、なおかつマスキングが面倒なエンジンポッドのインティークリップが別パーツになっていたり、塗装工程にも気を使ってくれてます。大きさも適度なので、おススメキットです。

2020.03.03

EA-6B”VAQ-137 WORLD FAMOUS ROOKS”Completed

ハセガワ1/72グラマンEA-6Bプラウラー"VAQ-137 WORLD FAMOUS ROOKS"、完成しました。

Dsc_7514

EA-6BプラウラーはA-6イントルーダーを改設計した電子戦専用機。空母航空団の中でECM(現在ではEWと表される)とSEAD(対空防御網制圧)を任務とする、現代航空戦には欠かせない機体です。前身のEA-6Aでは電子機器はワンオペレーターであり、その能力に限界があったため、EA-6Bでは前部胴体を延長して4シーターとし、電子機器も大幅な自動化をはかって能力を高めています。

Dsc_7509

キットはハセガワ1/72を使用。このキットはハセガワの定番商品が凸彫りから凹彫りに切り替わる時期のキットで、スジ彫りではあるものの、リベット表現などはなく非常にあっさりしています。勘合もいいとは言い難いので、胴体部分や電子戦ポッドはストレートで済ませています。主翼はウルフパックの主翼折りたたみパーツを使用して、甲板上の駐機状態を再現。ウルフパックのアフターパーツはレジン製でディテールは精密なのですが、経年変化で縮んだのか、胴体主翼取り付け面とまったく合わず、プラ板の積層を挟んで強引に整形しています。その他、シートはディテールアップのためにこれもアイリスのシートに交換しています。要所要所をレジンに交換することにより、あっさりしたキットがわりと緻密に見えるようにしたつもりです。

Dsc_7504

デカールはマイクロスケールデカールを使用して”VAQ-137 WORLD FAMOUS ROOKS”のハイビジ仕様を再現。上面ガルグレー、下面ホワイトのスタンダード塗装で、今回はマスキングテープで、塗装の境界をはっきりさせています。クリーム色のレドームが時代を感じていいですねえ。キャノピーはクリアーブラウンにクリアゴールドを少量混ぜて、電波を反射させる保護膜を再現。ハイビジ塗装ということで、ウェザリングは控えめです。

Dsc_7491_20200303194401

前述したとおり、このキットはエアインテークやジェットノズルの奥行きがなかったり、ディテールが足りなかったりして、現在の基準でいうと不満があるモデラーさんもいるかもですが、出来上がってみればEA-6Bの特徴的なラインをよく捉えていると思います。

それと、今回はレジン製のアフターパーツに苦労しました。主翼折りたたみパーツは言うに及ばず、シートもF-14A用で代用しようとしましたが、入らないんですね、これが。プラモの設計とはかくも微妙なもの。仮組みの大切さをまた思い知りました。

Dsc_7488

2020.02.15

F−105D”NGUYEN VAN COM” Completed

トランペッター1/72リパブリックF-105Dサンダーチーフ”グエン・ヴァン・チョム”、完成しました。

Dsc_7486

F-105Dは1950年代に初飛行、部隊配備された”センチュリー・シリーズ”の中の1機。機体内に核爆弾装備のための爆弾倉を持ち、一撃離脱の戦法を実現するための機体として開発されましたが、実戦で活躍したのはベトナム戦争でのことでした。多くのMigキルスコアやSAMサイト潰しなど、華々しい活躍をする一方、損耗率も高く、生産された40%近くの機体をベトナムで失っています。

Dsc_7481

キットはトランペッター1/72をストレート組み。まだトランペッターがメーカーとして立ち上がった初期のキットで、現在ほどパーツのシャープさはなく、リベットもくどいほどの表現で、好みが分かれるところかも。パチピタとはいかないので、それなりにパテと瞬着が必要です。武装はハセガワの通常爆弾セットを使用。トラペのキットにはなぜか胴体下のセンターパイロンが付属してないので、ここもハセガワのキットから流用。F-105はMERが使えるのはセンターパイロンのみなのです。

Dsc_7462

塗装はマンガ「エリア88」より”トンキン湾の人食い虎”ことグエンが使用した機体をチョイス。デカールはハセガワのクリエイターシリーズから流用しています。SEA迷彩は本来3色迷彩ですが、塗装指示どおりにクレオスC309とC310の2色迷彩。ブラウンは退色表現のためにイエローを混色しています。タイガーストライプはデカールがあるのですが、密着度などへの不安から塗装をチョイス。なのでパーソナルマークとイエローの色が合わないのはご勘弁を。塗装全体を通して、マスキング5時間、エアブラシ塗装1時間というところでしょうか。

Dsc_7437

サンダーチーフはなんというか、殺気のある佇まいがあります。イジェクトした敵パイロットをバルカン砲で撃つようなグエンにピッタリのキャラクターを持つ機体であり、新谷かおる先生のチョイスはさすがというしかないですね。

 

2020.01.19

F-8P FrenchNavySpecial Completed

アカデミー1/72チャンス・ボートF-8Pクルーセイダー、完成しました。

Dsc_7377

F-8Pクルーセイダーは1950年代半ばに開発された艦上戦闘機。安全な着艦のためツー・ポジションと呼ばれる主翼取り付け角可変機構を採用が目を引きますが、翼端切り落としデルタ翼と主翼より下に位置するスタビレーターや一種のショックコーンになるレドームとエアインテークの位置関係など、多くの空力的な特徴も備えており、それは本気の高速性能と機動性能の良さに貢献。ベトナム戦争では”ラスト・ガンファイター”と呼ばれました。

Dsc_7381

キットはアカデミーの限定版キットをストレート工作。シートにファインモールドのシートベルトを加えたくらいです。ディテールおよびスジ彫りは非常にシャープで、1/72クルーセイダーのキットとしては個人的には決定版だと思います。コクピットや脚収納庫を胴体パーツ貼り合わせの前に入れ込むので、すり合わせだけは慎重にすれば、3日で完成できます。今回はフランス海軍に採用された機体、特に最終形態となっており、アンテナ類の追加がありますが、説明書の指示どおりでほぼ間違いない機体になります。ウェポンについては悩みましたが、記念塗装機ということで胴体脇のパイロンは無しで仕上げてます。

Dsc_7399

塗装は1999年のラストクルーズの記念塗装を再現。全体はクレオスC366インターミディエイトブルー(WWⅡアメリカ海軍機特色)を吹付け。フシギとピタリと合うブルーグレーです。ガルグレーでないクルーセイダーは非常に新鮮です。1964年から1999年まで現役にあった本機、フランス海軍の後継機の都合もあったのでしょうが、扱いやすく、優秀な機体だったのは間違いないところでしょう。

Dsc_7420

個人的には”コピーメーカー”との印象があったアカデミーの製品が、このキットにより認識がガラッと変わったことをよく覚えています。市中の在庫が薄めなので、見つけたらキープしとくことを強く推奨するキットです。

2020.01.11

Buccaneer S.2C Completed

エアフィックス1/72ブラックバーン・バッカニアS.2C、完成しました。

Dsc_7339

ブラックバーン・バッカニアは1960年代に開発されたイギリス海軍の艦載攻撃機。低空侵攻核攻撃を主任務としており、胴体内に爆弾倉を持つなど特徴的な外観をしています。イギリス海軍最後の通常空母アークロイヤルの搭載機であり、陸に上がった後の最後の実戦任務は湾岸戦争でのLGBの誘導でした。

Dsc_7344

キットはエアフィックス2019年末の新商品。主翼折りたたみ、エアブレーキ開閉などを選択できるなど、空母甲板上の形態を再現できるフルアクションキット。同じラインのブリティッシュファントムは、同じく主翼折りたたみを再現するためにディフォルメ過多でしたが、このキットは非常にバランスが取れており、作業時間はかなり短縮できます。

Dsc_7336

塗装は空母アークロイヤル搭載の809SQを再現。全体にクレオスC333エクストラダークシーグレーを明るめにして吹き付け。ハイライトも入れたのですが、あまり目立ちませんね。

Dsc_7347

1/72バッカニアのインジェクションキットはいにしえのマッチボックスのみで、自分のようなスキル無しではとても今どきの完成品にもってくことは不可能でした。そんななか、まさに待ち望んだキット。その出来は期待にたがわぬものでした。バリエーション展開に期待です。

Dsc_7360_20200111185701

Dsc_7365

 

2019.11.16

Mig-25RBT Completed

ICM1/72Mig-25RBT、完成しました。

Dsc_7267

Mig-25はミコヤン設計局が1960年代に開発した要撃戦闘機。アメリカのXB-70を仮想敵として、XB-70と同じくマッハ3の速力を発揮するべく設計されました。当時としては先進的な外見から、アメリカ空軍はかなりの高性能を予測していましたが、「ベレンコ中尉亡命事件」にて、アルミではなく鉄を多用した機体構造、限定的な速度域で高性能を発揮するジェットエンジンなど正確な情報がもたらされました。Mig-25RBTはその速力を生かした写真偵察/電子偵察機であり、機首にSARレーダーや各種カメラなど搭載しています。

Dsc_7236

ICMのキットは2018年発売の新金型キット。シャープなスジ彫りとパーツの現代的なキットです。眼鏡型のフレーム2個の中にエンジンのダクトを組み込み、機首や胴体を張り付けていく、いわばフレーム構造のプラモデル。パチピタとはいきませんが、特徴的なパーツ割を慎重にすり合わせればシャープなMig-25が出来上がります。

Dsc_7246

塗装はグレーをクレオスC11明灰色を暗めに調色して吹き付け。後部エンジン周辺はアイアンを基本にブラックやクリアーオレンジを混色した各種シルバーを吹き分けてメリハリをつけています。

Dsc_7258

エナメルのブラックでスミ入れ兼フィルタリングして、エナメルのウェザリング塗料でオイル漏れなど書き入れて仕上げ。過酷な使用環境にある旧ソ連機にしてはやや物足りない気もしますが、まあ良しとしましょう。

Dsc_7241

ICMもキットは初体験でしたが、非常にレベルが高く、短時間で完成できました。ややプラが柔らかくパーツが脆いため、スタビレーターやピトー管にピアノ線を仕込むだけでこの完成度は特筆すべきもの。このクオリティで旧ソ連機シリーズをラインナップしてほしいものです。

2019.09.15

MirageF.1C-200 Completed

スペシャルホビー1/72ダッソー・ミラージュF.1C-200、完成しました。

Dsc_5279

ミラージュF.1Cはダッソー社がミラージュⅢ/5の後継機として開発、1966年初飛行、1973年に就役した軽量戦闘機。ダッソー社の戦闘機としては珍しい、切り落としデルタ翼と水平尾翼で構成されたオーソドックスな形態を採用しており、フランス空軍での採用はもちろん、海外市場での売り込みも狙っていましたが、時代はすでに大推力エンジン・FBWなど新技術を採用したF-16の時代に入っており、海外での採用は小規模にとどまりました。

Dsc_5293

スペシャルホビーのミラージュF.1は2018年発売の新規金型商品。バリエーション展開のためにたくさんパーツが入っているためか、シンプルで小型のキットなのにやや価格は高め。しかしながら、凸彫りの古いキットが多い中、適度なディテールと組み易さで、現状では1/72ミラージュF.1のベストキットではないでしょうか。機首部分、胴体がやや勘合に気をつければ、さほどの苦労はありません。

Dsc_5312 

塗装はEC 2/5と呼ばれる飛行隊の1981年当時のマーキングを再現。上面にやや明るめに調合したミディアムブルー、下面にガルグレーを多めに混入したシルバーを吹いています。実機写真を見ると、やや暗めかも知れません。

デカールは非常に品質が良いもので、マスキングが面倒なエアインティークサイドのレッドの部分が発色がいい上にピタリとくるところだけでも、高く評価しています。

Dsc_5315

ダッソー社がデルタ翼をいったん捨て、標準的な形態を採用したミラージュF.1。製作して手に取ると、写真で見るより小型の機体であることが印象的です。それも当然、胴体付近やエンジンはミラージュⅢそのままで、新世代機とはいえないものでした。航空大国の1つであったフランスの凋落の象徴でもあるようにも感じます。その一因は大推力を発揮する低バイパスターボファンエンジンがついに開発できなかったことでしょう。そんな歴史を感じさせるモデリングでした。

Dsc_5301

2019.08.04

MINERVA Completed

ハセガワ1/400ミネルバ、完成しました。

Dsc_5072

ミネルバは映画「クラッシャージョウ」に登場する外宇宙/大気圏内兼用宇宙船。クラッシャージョウチームの拠点となる船であり、ワープ航法装置、ファイター1など各種搭載機を積載しながら、大気圏内でも活動できるなど、ほぼ万能な宇宙船です。スタジオぬえに拠るメカデザインの説得力の高さ、映画内での縦横無尽の飛びっぷりは、1983年の劇場公開から35年を経ても色褪せません。

Dsc_5094

ハセガワ1/400のキットはクリエイターワークスシリーズの新商品。いわゆる色プラ、内部フレームを内蔵して大柄なパーツを支え、なるべくパーティングラインが見えないパーツ割りで、組み立て自体は3時間でできる優秀なキットです。背中の主砲、お腹のミサイルポッドなどのハッチも再現できますが、今回はすべて閉じてスリークな姿を再現。

Dsc_5088

さすがに塗装なしではオモチャっぽさが抜けないので、最低限のサンディングの上に透け防止のためサーフェサー吹いて全面ホワイト。特色のブルーを機首に吹いています。メインエンジンのノズルは黒鉄色1色の指定ですが、SFメカっぽく内部をレッドにしています。細部は細かく塗装指定やデカール指定がありますが、好みで省略しています。スミ入れはグレーを入れて、スジ彫りはあまり強調せず、キレイ目に仕上げてます。

Dsc_5056

静岡ホビーショーでミネルバのキット化が発表され、ブースの中の人にいろいろとヒアリングされたおじさんとしては、感無量の逸品です。もちろんもう1ケ買ってあって、そっちはハッチフルオープンでいくつもりです。しかし、新規でミネルバを組めるとは、いい時代になりました。

Dsc_5052_20190804174901

より以前の記事一覧

My Photo
May 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Twitter


無料ブログはココログ