F-15E(1/72 GWH) Completed

期待の新商品、1/72GWH F-15Eストライクイーグル、完成しました。
Dsc_1270
F-15Eは制空戦闘機として開発されたF-15イーグルを大幅改修し、デュアル・ロール・ファイターとして生産された戦闘攻撃機です。新型FCSの搭載、期待構造の強化などで、実質的に別の機体といっていいほどに再設計され、CFT(コンフォマール・タンク)を装備、多彩な攻撃兵器で多彩な地上攻撃任務をこなす万能機です。
Dsc_1279
キットは中華系の新興メーカー、GWH(グレートウォールホビー)の新商品。繊細なディテールはもちろん、接着面がなるべく露出しないパーツ割り、CFT一体型の胴体など、作り手への配慮が随所にみられる好キット。久しぶりに新商品に感銘を受けました。不満点をいえば、多彩な搭載兵器がセットされてるのに、なぜかJDAMが付属してないことくらいですかね(笑)。
Dsc_1284
製作についてはまったくのストレート組み。せっかくエアインティークが離陸位置のものが付属しているので、そちらをチョイス。エルロン、フラップも下げ位置に出来ます。
Dsc_1300
塗装はクレオスC305ガンシップグレーにホワイトを少量加えて明度を変えたものを適宜吹き付けて、ベッタリならないように塗装。キット付属のデカールで391stFSQ,366FWの9・11記念塗装を再現。ツヤ消しが強すぎて、デカールについてはシルバリング警察を招く事態に。半ツヤクリアー吹くくらいの配慮が必要でした。
Dsc_1296
思えば1/72のストライクイーグル、メジャーな機体にも関わらず、長い間量産型の良キットに恵まれませんでした。これだ!と思われたフジミの新金型版が寸足らずだと発覚するなんてこともありましたが、アイリスのレジンパーツすら必要ないと思わせるキットがついに発売。ディテール、組み易さとも素晴らしいこのキット、安定供給されれば決定版キットになるでしょう。
Dsc_1304


| | Comments (0) | TrackBack (0)

VF-31J Completed

ハセガワ1/72VF-31Jジークフリード、完成しました。
Dsc_0005
VF-31Jジークフリードは「マクロス⊿」に登場する可変戦闘機であり、主人公の搭乗機。「戦術音楽ユニット;ワルキューレ」と連携するため、量産型VF-31を改修し、フォールドウェーブ・システムを搭載、前進翼を採用するなどの特徴を持ちます。
Dsc_0007
キットはハセガワ1/72の新商品。エアショーパフォーマンスを行うパーソナル僟という設定から、これまでのVFと比べても格段に塗装が派手、つまり塗り分けが難しい塗装が採用されており、そのためにエアインティークや背部ブロックに塗り分けしやすいようにパーツ分割されています。クリアーパーツの合いもよくさすがハセガワなのです。
Dsc_0012
塗装は主人公ハヤテ機を再現した後、バンダイの同スケールキットに付属するデカルチャーデカールを使用して、いわゆる”痛機”に仕上げてあります。機体のラインの塗り分けは塗装と付属デカールを使用。いろいろタッチアップもしたので、微妙なラインも塗装にすべきだったか、と後から後悔。ちなみに説明書の塗装図は原寸大なので、マスキングシート作ることも、メーカーとしては配慮してるのだと思います。
Dsc_0033
バンダイのデカールは大判で予想外に薄く、曲面にもなじみますが、デカール軟化剤にも弱い。なんか不自然なところがあると思いますが、ピンセット引っかけてデカールがやぶけ、泣く泣くそうしています。
Dsc_0027

当方、現用機モデラーなので、デカールの扱いだけは多少自信があったのですが、やはり大判デカールの扱いは難しい。ピンセットもデカール用にピタリのものを改めて探さなければ、と感じました。もう1回作りたいなあ。

Dsc_0024


| | Comments (0) | TrackBack (0)

SV-51γ Completed

ハセガワ1/72SV-51γ、完成しました。
Dsc_0067
SV-51γはマクロス・ゼロに登場した可変戦闘機。マクロス落下後にもたらされたオーバーテクノロジーを用いて開発された”幻のもう1つのVF”といったところでしょうか。いわゆるバルキリー系列がF-14トムキャットに始まるアメリカの第四世代戦闘機をモチーフにしているとすれば、こちらはフランカーを意識してデザインされた異形の可変戦闘機で、独特の雰囲気があります。
Dsc_0076
ハセガワのキットは反統合同盟のD.D.イワノフ機と一般兵の乗機が再現できる限定版。他のマクロス関係のキットと比べて、やや大味なディテールが特徴。なおかつハセガワにしては離型剤が多めなのか、パーツの洗浄なしだとマスキングテープでボロボロと塗装が剥がれます。これの修復で、ずいぶんと時間を費やし、なおかつ仕上げにかなり妥協しました。
Dsc_0070
塗装はD.D.イワノフ気を再現。クレオスRLM166ブラック・グレーを全体に吹き、各所をセミグロス・ブラックで塗り分けてます。下地にエンジンブラックを吹いて、なおかつニュートラルグレーでスミ入れして単調にならないように一旦塗装したのですが、キャラクターモデルにちょっと合わないと個人的に判断。ベッタリめに吹き直しています。
Dsc_0091
この限定版、デカールの質も悪くて、ちょっと苦労しました。メーカーとしても、数が出ないので妥協したキットなのかも。ただ、写真にすると悪役っぽさが出たのではないでしょうか。
<マクロス・ゼロ>冒頭の空中戦シーンは、アニメ史に残る屈指の5分間でした。現用機の空中戦後にトムキャットを圧倒するSV-51はマクロス世界における時代の区切りをはっきりと感じさせるものであり、SV-51がドラマに果たす役割は非常に大きいものがありました。その後のマクロス作品はいわばスタイルのいいVFばかり途上しますが、たまにはこういった異形の可変戦闘機も見たいですね。
Dsc_0072


| | Comments (2) | TrackBack (0)

VF-19EF/A Completed

ハセガワ1/72VF-19EF/A"ISAMU SPECIAL"、完成しました。
Dsc_0062
VF-19EF/A"ISAMU SPECIAL"はマクロスF劇場版に登場した、イサム・ダイソンの乗機です。2059年当時にS.M.Sに所属してイサム・ダイソンが、デチューンされたVF-19EFに満足いかず、旧知のヤン・ノイマン博士に頼んでVF-19A仕様に改造、さらにVF-25用のスーパー・パックを装備したいわば”魔改造機”という設定です。
Dsc_0050
ハセガワのキットは旧来のVF-19にキットにスーパーパックをセットした、限定版の新商品。ベクターノズルを後ハメできるなど、組み立て、塗装に留意した良キット。ただし、スーパーパックの方はサンディングしてもなかなか平面が出ず、多少苦労しました。
Dsc_0051
塗装は説明書に準拠し、機体をクレオスC311、スーパーパックをC60を基本に塗装。ただし、個人的好みにより、全体の彩度を落として、ソフトに仕上げています。マクロスはこういうの許されそうなのがイイですね。ロケットノズルもスーパーステンレス+ブラックの混色で、輝きを強めに。まあしかし、細かい塗り分けが多くて、マスキングに時間がかかりました。
Dsc_0058
今回はプラッツのスタンドを使用して、飛行状態で固定。スーパーパック付きはこれが似合いますねえ。北海道モデラーズエキジビジョンに向けて、特急工作、続きます。
Dsc_0049


| | Comments (0) | TrackBack (0)

QF-106A Completed

いつもなら静岡ホビーショー2017の振り返りをすべきですが、Twitterでの速報で満足してしまったので、Blogの方はアーカイブ用に通常運用でいきます。

んで、そのSHS2017に持ち込んだ「QF-106A used by NASA for"Project Eclipse"」です。
Dsc_0002
F-106Aデルタダートはアメリカ空軍の迎撃戦闘機。防空軍団(ADC)で運用され、半自動地上管制迎撃システム (SAGE) との連携が前提の機体です。そのため、上昇性能、速度が重視されたため、AAMは機内搭載、デルタ翼のスマートな外見となっており、ADCの鮮やかなグレーと相まって、センチュリーシリーズの中でも美しい機体です。

Dsc_0004
超音速性能が重視され、お世辞にも機動性が高いとはいえない時代の戦闘機ですが、デルタ翼という形態から低翼面荷重比・高推力重量比となり、F-15の登場までアメリカ空軍で最高の空戦能力を持つと評するパイロットも多かったそうです。
Dsc_0020
多くの戦闘機と同様、晩年はQF-106Aとして無人標的僟に改造される機体も多かったですが、もっと安価な標的僟としてC-141に牽引される形で運用される方法の研究がNASAで行われました。これが"ProjectEclipse"です。

Dsc_0024
キットはMENG MODELの昨年の新商品をストレート組み。機首のFCSや胴体下の兵器庫も精密に再現されたキットですが、今回はオミット。エアインティーク付近を除けば、あまり苦労の必要のない現代の典型的な中華製キットです。ただし、主翼と胴体パーツを組み合わせるときに、ダボにしっかり合わせて接着しないと、盛大にスキマが開いてしまうので要注意。機首の牽引フックはジャンクパーツと真鍮線で自作しています。

Dsc_0032

塗装はクレオスのエアクラフトグレー、自家調色のインターナショナルオレンジを吹いています。本来はテカテカ艶出しのエアクラフトグレーですが、実機の写真はややヤレた感じだったので、少しシャドーを残して半ツヤにしています。マーキングはエクストラデカールを使用。


Dsc_0027
静岡ホビーショーのサークルテーマ「NASA」に合わせた機体にしましたが、もっと量産したい、そんな風に思わせるくらい美しい機体、良キットです。
さて、次はHME向けの製作に入りましょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mig-31B FOX HOUND Completed

トランぺッター1/72MiG-31フォックスハウンド、完成しました。
Dsc_0001

MiG-31はソ連/ロシアが防空様に運用している迎撃戦闘機。Mig-25を基として開発され、翼配置などの外見は踏襲されていますが、乗員はレーダーオペレーターを加えて2名とし、エンジンもターボファンに変更、メインウェポンであるR-33は胴体下面に密着して搭載されるなど、ほぼ別の戦闘機として生まれ変わっています。特徴的な運用方法として、搭載しているフェイズド・アレイ・レーダーをデータリンクでつなぎ、ミニAWACSとして探知範囲を拡げることができ、広大なロシア領土を守るべき能力を持っています。

Dsc_0011

キットはトランぺッターが2月に発売した新商品。近年の同社のキットと同じく、繊細なスジ彫りと細かなディテールが再現されている良キット。ウェポンも満載ですが、まあ価格もそれなりに高いです(笑)。

Dsc_0014

いまだに中華製キットを揶揄する方もいらっしゃいますが、気をつける点さえ抑えておけば、ストレートに組む限りはさほど苦労することもありません。自分なりに気をつける点をまとめておきます。
①組む前にまず、離型剤は必ず落とすこと。自分は家庭用洗剤にランナーごと一晩つけておきます。
②最低限の資料は必要。といってもディテールがおかしいとかではなく、説明書が不親切で、選択式のパーツやウェポンのコンフィギュレーション、細部の塗装がいまいちよく分からないので。このへんは、実機写真を参考にするしかないですね。
③パーツの嵌合の問題は少ないですが、ダボはガンプラみたいに合いません。かといって切り落とすと位置決めや強度が不安なので、仮組みしながら調整してます。
いずれも基本的なことばかりなので、現用機モデラーとしては、どんどん新商品発売してほしいところ。あとは価格だけはなんとかしてほしいかな(笑)。

Dsc_0021

塗装はヴォイスカPVO(防空軍)所属の786IAP,3rdAD VVS”青の74”を再現。長距離迎撃用にR-33および内翼パイロンにR-40Rを搭載したコンフィギュレーションにしています。

Dsc_0039

機体全体はフラットブラックでシャドーを入れた後、クレオスC35(明灰色)をやや明るくしたものをベッタリならないように吹いています。レドームや電波を透過させる素材だと推測されるパネル部分はクレオスC305。後は全体にスミ入れとフィルタリングして、動翼のアクチュエーター部分に油汚れを加えています。

Dsc_0031

Mig-25に似ていながら、空力的に洗練されているディテールが魅力的なMiG-31。トランぺッターのキットは特徴をよく捉えているので、皆さんで買って、生産ロットを上げて、次の新商品は少しでも価格を下げていただきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道モデラーズエキシビジョン2016に行ってきた その②MMD編

もうすでに1週間が経ちますが、7月30日~31日に北海道モデラーズエキシビジョン2016にに行ってきました。ようやくカメラから画像をDLしたので、記録としてまとめておきます。
まずは所属クラブ、MMDの力作たちのほんの一部。
Cimg0423


Cimg0424


Cimg0429


Cimg0431


Cimg0432


Cimg0392

皆さん、相変わらずのウデ。今回も、いろんなテクを学んで帰りましたよ。酒を飲みながらですが(笑)。

ところで、2016年、MMDは結成10周年を迎えます。そこで、クラブ単独で展示会を実施することになりました。道外ゲストである私が参加出来るかどうかは分かりませんが、これまでの歴史が反映された、力作の数々が集まります。皆さん、今から完成品の運搬に悩んでます。北海道のモデラーさんは、ぜひともお越しください。


Mmd_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

北海道モデラーズエキシビジョン2016に行ってきた その①個人的お気に入り編

2016年も北海道モデラーズエキシビジョンに参加してきました。アートボックス関係のライターさんも多くいらっしゃる本イベント、今年もあらゆる分野で多くの素晴らしい作品が集まりました。備忘録として、その一部をうpしておきます。
Cimg0414


Cimg0416

Cimg0406

Cimg0408_2
サッポロファクトリーのアトリウムに展示された、monaco氏の1/32の現用機たち。自然光が当たった機体は、スケールエヴィエーション誌のグラビアを思わせる雰囲気を放ちます。何枚写真を撮っても撮り足りませんでした。
その他、今回は個人的にキャラものに注目してみました。どれもスゴイです。

Cimg0385_3


Cimg0386_2


Cimg0390_2


Cimg0434_3


Cimg0439_2


Cimg0445_2


Cimg0447_2


Cimg0448_2

暑さのせいか、またすぐ北海道へ行きたくなる今日この頃。イベントも満載なので、来年が今から楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

IAI Lavi/J-10S Completed

トランぺッター1/72J-10S改IAIラビ、完成しました。所属サークルMMDの10周年記念テーマ「10」への参加作品となります。
Dsc_9397
J-10S(殲撃十型)は中国国産の現在の主力戦闘機。1980年代後半、西側の技術援助を前提に開発は始められましたが、天安門事件を契機に関係は途絶。以後、イスラエルの技術援助を受け(両国とも否定はしている)、開発が進められました。クローズ・カップルド・デルタの機体構成が1980年代に開発中止となったIAIラビを想起させることは確かですが、エンジンや電子機器の小型化が遅れたために、軽量戦闘機といいながらF-16クラスより一回り大きな機体です。
Dsc_9400
J-10Sの設計上の原型ともいわれるIAIラビは、1980年代初頭にイスラエルで開発が進められていた国産戦闘機。アメリカの資金援助と技術援助を受けていることから、F-16をクローズ・カップルド・デルタに構成し直したイメージの機体でした。しかし、アメリカは財政難や技術流出の恐れから資金援助を取り止め、開発は中止になりました。この辺の歴史は、日本のFSXとどこか被ります。
Dsc_9402
本作は前記したMMD10周年企画にJ-10を選んだものの、中共の戦闘機は個人的にどこかダサさがつきまとう気がするので、「もしIAIラビが実戦配備されていたら」とのテーマでイスラエル空軍の砂漠迷彩仕様としました。
トランぺッターのJ-10Sのキットはリベット表現が目立つ中華スタンダードで、組み立てにさほど苦労はなし。ただし、ダボとダボ穴は合うようで合わないので、仮組みは必ずしましょう。
Dsc_9407
塗装はモデルカステンの特色セットを使い、イエロー・グリーン・ブラウンの砂漠迷彩を採用。「シャフリルに似たAAM」と「AIM-7Fに似たAAM」を西側仕様に塗装、ターゲティング・ポッドを装備すればあらフシギ、西側の機体に化けます。塗装パターンはF-16Iを参考にし、デカールはイスラデカールを使用しています。
Dsc_9422
写真撮影中に三脚に装着したカメラが倒れ込み破損、下面は接着跡で見れたもんではなかったりしますが、せっかくここまで作ったもの、北海道モデラーズエキシビジョンに持ち込むこととします。早く札幌に行って、みんなに会いたいよー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

IAI Lavi/J-10S Day4thあたり

今年の北海道モデラーズエキシビジョンは7月30日より。ありがたいことに今年も福岡より駆けつけられそうなので、所属サークルのテーマ「10」にちなんだモノの製作に入ります。
モノはこれ。
100000001002982734_10204
トランぺッター1/72J-10S。ただし、中国空軍仕様は個人的好みで回避したいので、今は亡きIAIラビ仕様にします。

IAIラビは1980年代前半、イスラエルが国産戦闘機の配備を目指し、アメリカの支援を受けて開発していた戦闘機。しかしながら、そのアメリカが「F-16を買え!」とのお達しを出したうえ、支援打ち切り。泣く泣く諦めた経緯があります。ここらへん、同盟国とはいえ、航空技術の発達を警戒するアメリカらしく、少し日本のFSXの際の駆け引きと似てますね。

ところでイスラエル、天安門事件以来の西側の武器輸出禁止以降、中国への「技術支援」というかたちで中国の兵器開発に関わっているとのウワサが絶えない。それが形として現れたのがJ-10シリーズです。中国もイスラエルも公にはもちろん認めませんが、その姿はどう見ても往年のIAIラビ。エアインティークなんかには時代の流れも感じますが、まあそういうことなのでしょう。

前置きが長くなりましたが、今までもイスラエル空軍を贔屓にしてきたウイングバックなので、最新型であるJ-10SをIAF(イスラエル空軍)仕様にします。

組み立てはサクサク進んだので省略。本日は砂漠迷彩の塗装順序をまとめておきます。
まずはサーフェサーでキズを確認した後、フラットブラックでシャドウをつけます。

012c90877271733f00250fe99f09ed2c5_2

01915e23c03c3f6e5d9e39d3485397cb039

下面はC308を吹いてマスキング。その後、モデルカステンのイスラエル空軍カラーセットのイエローを全体に吹きます。

01f1bcb8e080e2b46424399ce6e14fc47ed

0196323345e08ec8f22f5ae3821013e7300
カモフラージュパターンはF-16Iを参考にし、コクヨのひっつき虫をマスキングに使用してグリーンとブラウンを吹きます。もちろん一発ではうまくいかないので、修正しながらの作業です。
018b174e20b92a4c7fde02d38f73f15ee18
なかなかに似合うのではないでしょうか。
それなりに先進技術を持つ国なら必ず持つ、国産戦闘機の夢。プラモデルで実現しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧