2019.07.24

書評<「いいね! 」戦争 兵器化するソーシャルメディア >

Twitter、FacebookといったいわゆるSNSが登場して間もないが、すでに世界中の人々に必然とされるようになった。SNSは短い文章と、決定的な一瞬を切り取った画像で世界中の出来事を瞬時に拡散する。そしてそれは、人々の感情を揺さぶり、分断させる。そういった革新的な機構が、世界の紛争・戦争に影響を与えるのに時間はかからなかった。「こども兵の戦争」「ロボットの戦争」」といった”戦争の変わり目”を的確にしてきた著者が、あらたな現代の戦争のかたちと、それに対する勝利条件を提示する。

 

ISを中心としたテロリストたちと国家機構の戦争。イスラエルとパレスチナゲリラの長きに渡る戦い。ウクライナとロシアの領土紛争。SNSが出現した後に起こった紛争は、いずれもそれが大きな影響を与えた。ISは残酷な画像と同時に、現代の世界に不満を抱える人々に”国家に対抗する理由とその物語”を与え、新兵を勧誘した。パレスチナでは、少女が激しい空爆やそれに伴う破壊と犠牲を生中継し、イスラエルを国際社会から孤立させた。ウクライナ東部を巡る紛争では、ロシア政府が民間企業に情報操作を委託し、国際社会の情勢判断を混乱させた。いずれも、武力に関係ないSNSの書き込みが、戦争の行方に決定的な影響を与えた。いわば「いいね!」の数が勝利の必然条件になってきたのだ(何を戦争の勝利とするかは別の話)。本書はまず、そもそもインターネットとは何か?という問いから過去に遡り、先に上げた事例を分析しながら、”SNSの戦争”を分析していく。国家が押し通そうとする”経済的利益と正義による戦争”よりも、SNSで拡散する”物語としての戦争”を人々が優先する時代になった理由は何か。人間は理屈ではなく、感情に左右される動物であることを理解せねばなるまい。そしてSNSはその感情を増幅し、訴える力を増していくツールである。インターネットは、その登場当初にいわれたように、人々を統合する道具ではなくなった。SNSの登場で、むしろ人々を分断していく道具になったことを本書は訴える。SNSを立ち上げたシリコンバレーの”ビリオンダラー”たちが唱える理想は、いまや幻のものであることを人々は自覚せねばならないのだ。そしてシリコンバレーにも、我々にも、等しく判断と責任が求められる時代であることを、本書は提示する。我々は21世紀における最初の戦争の形態変化を目撃していることを突きつける一冊である。

 

初版/2019/06    NHK出版/ハードカバー

2019.07.23

書評<エイズの起源>

1980年代、ニューヨークで突如出現したエイズ。最初はゲイのコミュニティを中心とした特殊な伝染病として危機感を抱かなかった世界だが、その感染性と致死率の高さが明らかになってくると、人類に対する大きな脅威と認識され、研究が始まる。エイズの原因がHIVウイルスと判定されると、その起源を追う努力も始まることとなる。本書は世界中の研究者が追ったHIVウイルス起源を追う研究をまとめ、パンデミックの謎にせまるものである。

 

HIVウイルスはチンパンジーの後天性免疫不全症候群を引き起こすウイルスを起源としている。遺伝子解析をはじめとした分子生物学でそこまでは追跡できる。だが、アフリカの奥地で暮らすチンパンジーのウイルスがヒトに感染したのはいつ、どこで?そして、どのようにして第一患者から、世界に拡散したのか。その疑問を解き明かすには、アフリカの植民地化のに伴う未開地医療、独立後は貧困に伴う売血と売春といった暗い歴史の研究が必然であった。植民地化によって、善意で為された医療行為がHIVウイルスを移動させ、遺伝子の多様化を招いた。さらに、南米のハイチの”援助”がウイルスをさらに蔓延させた。本書はそれらの歴史的事実を検証し、厳然たる事実を突きつける。文書にはまったく感情的な要素や表現はないが、HIVウイルスは人類の短期間で無計画な自然への侵入が招いた”罪と罰”といった暗い気分にさせられる。統計と確率に感情を揺さぶられる、すぐれたノンフィクションである。

 

初版/2017/07    みすず書房/ハードカバー

2019.07.22

書評<三体>

文化大革命中の粛清により父を失い、自らも北京から地方に派遣された天体物理学者の葉文潔。彼女はやがて人民解放軍と党本部の運営する大型電波施設で働くことになる。文化大革命での為された数々の愚行により、人類に絶望していた彼女がそこでとった行動により、人類は絶望的な未来を抱え込むこととなった。時は過ぎて現代。その絶望的な未来が現実なものとなりつつあった。

 

アメリカで火がつき、日本語に翻訳された話題のSF作品。天体物理学の大問題をモチーフとし、銀河系星系にまで大風呂敷を広げ、サスペンスも盛り込む。至極まっとう、正統派のSF作品である。中国が抱えている暗い過去をプロローグとしている点で「よく政府の検閲とおったな」感もあり(共産党の文革と天安門事件の扱いの違いが垣間見ることが出来る)、このSFが中国でしか書けない理由も作品の中にしっかり盛り込まれており、なるほどアメリカでもヒットするはずだ。本作は三部作のスタートとなる作品であり、ここからさらに驚きの展開が待っているそうだ。今から楽しみである。

 

初版/2019/07  早川書房/ハードカバー

2019.06.24

書評<増補 普通の人びと: ホロコーストと第101警察予備大隊>

ナチスによるホロコーストは、何も一部の異常思想の人間が行った悪行ではないし、強制収容所だけで行われたわけではない。本書は二次大戦中、ハンブルグからポーランドの占領地に派遣された警察予備大隊と呼ばれる部隊の”普通の人びと”がいかにホロコーストに関わり、ユダヤ人たちを殺害していったのか、戦後の裁判の供述をもとに現実を再現し、人間の感情、倫理、思考を分析していく。

ホロコーストというと単純にアウシュビッツなど連想してしまうが、強制収容所に至るまでの道をつくった人々いた。本書はそうした人たちの行動、心理を描いたノンフィクションだ。ゲットーからユダヤ人を駆り立て、強制収容所行きの列車に乗せるのが主任務だが、ときには大量の処刑を実行する。だが、第101警察予備隊大隊の隊員すべてが残酷だったわけではないし、処刑について抵抗がなかったわけでもない。本書は何人かの中心人物を取り上げているが、完全に処刑実行から”逃亡”した兵士がいれば、ゲットーがある”現場”に新婦を同行させる士官がいる。そこにある感情への様々な分析が本書には展開されている。どの理論が決定的なものでもないし、人々を残酷な行為に駆り立てた要因も1つではないのは明らかだ。だが”虐殺に至る何か”を各自が意識できるのは確かだろう。

初版2019/05(増補版) 筑摩書房/ちくま学芸文庫

2019.06.23

書評<140字の戦争 SNSが戦場を変えた>

「SNSが世界を変えた」と言われて、まださほどの時間が経っていないが、SNSは既に戦争すら変容させつつある。領域国家vs非国家組織という非対称戦争がメインの戦争の形態のなりつつある昨今、戦争に関与する市民たちのSNSの投稿の影響力は絶大だ。本書はパレスチナ・ガザ地区へのイスラエルの航空攻撃、ウクライナ東部へのロシア軍の浸透といった事例を例にとり、Twitterに代表されるリアルタイムの情報発信がいかに戦争を変えたかを検討していく。

 

本書で検討されるTwitterその他のSNSによる情報発信が戦争に及ぼす影響で印象的なことは2つある。一つは戦争と同じような”非対称性”だ。イスラエルに爆撃されるパレスチナ自治区からの情報発信は、一般人であるがゆえに感情を揺さぶる。自治区の民兵たちも、感情に訴えるため、あえて悲惨な状況を投稿する。世界はイスラエルはなんと非人道的な行為をするのだ、と憤る。それに対し、イスラエルが国家として行う反論は、官僚組織や軍の組織ゆえの制限がある。フェイクニュースを意図的に流すのはさすがに抵抗があるし、ピクトグラムを使った分かりやすい状況説明も、少女の爆撃に対する悲鳴には叶わないのだ。

もうひとつは、SNS投稿の徹底的な分析が、ときに偵察衛星などの”国家的技術手段”では出来なかったことを可能にしたことだ。病的にデータ解析に執りつかれた一般人が、ロシア軍の兵士やその家族が撮影しネットに上げる写真を繋げ、ウクライナ紛争中のマレーシア航空機撃墜事件の”犯人”であるSAM(対空ミサイル)搭載車輛を特定したのだ。ここでも、市民のネット上の繋がりが国家が持つ手段を上回ったのである。

今後、国家による情報伝達の遮断あるいは偽情報の拡散が当たり前になってきたとき(すでに当たり前の国もあるが)、我々ネット民はいかに情報を捉え、判断していくのかが問われる。ネット閲覧で沸き上がる感情を抑え、情報を取捨選択することが重要になる。「誰かと戦っているような気分になること」を厳に慎むべきであることがキーであると思うのだ。

初版2019/05 早川書房/ソフトカバー

2019.06.22

書評<生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む>

ダーウィンの進化論は、現代科学のセントラルドグマの1つだ。しかし、進化論は科学の大前提である「観察と実験による再現性」のうち、観察でしかそれを証明出来ていなかった。生物の進化とは、長い時間をかけて起こるものであり、人間の寿命を前提にすれば「実験による再現」を観察できるとは考えられていなかったからだ。ところが近年、人為的な環境の変化に生物が短い時間で対応しつつあることが解明されつつあり、それを「実験」で証明するプロジェクトがいくつも行われている。本書はそうした大腸菌から魚まで、自然あるいは人工的な生物の隔離実験を紹介しつつ、実験により進化を証明する研究の最前線を紹介する。

 

進化論研究の大御所の一人であったスティーブン・J・グールドは、名作「ワンダフル・ライフ」で「進化のテープを巻き戻しても、同じ進化は再生できない」と看破した。進化とは環境変化によって”偶然”起こるものであり、ほんの小さな環境の変化であってもその生物の将来に及ぼす影響は絶大だからだ。当時は広く受け入れられたが、グールドの理論は既に古くなりつつある。生物は自然の淘汰圧に対し、従来の考えよりもすばやく反応するのだ。もちろん、環境に人為的な介入があってこそなのだが、本質的な議論に影響は及ぼさない。

本書でもう一つ、中心となる議論が「収斂進化」だ。例えば鳥とコウモリの翼の成り立ちはまったく違うが、空を飛ぶ仕組みとして、同じ形態を選んだ。このような例は自然界に無数に見ることが出来る。設定された環境の中で生物は形態的に収斂していくということが、いわゆるDNA解析を利用して証明されつつある。「進化のテープ」は「再生できる」のである。

かつて「ワンダフル・ライフ」に心躍らせたものとしては、グールドの唱える進化論の否定には少し複雑な思いもある。だが、これが科学なのだ。

 

初版2019/06 科学同人/ソフトカバー

2019.05.21

書評<人はどのように鉄を作ってきたか 4000年の歴史と製鉄の原理>

製鉄の歴史は紀元前に遡る。青銅時代の次の時代となる鉄器時代初期、人類はどのように鉄を作ってきたか?そして製鉄はどのように銑鉄と鋼鉄を作り分けるようになったか?そして日本刀の元となる製鉄である”たたら製鉄”とはどのような製法なのか?著者が実際に歴史的な製鉄施設を訪ね、ノウハウを研究し、そして近代以前から受け継がれるたたら製鉄とか何かを著者が実践し、日本刀に使われる特殊な鉄の製法を伝える。

本書はいわば”ロスト・テクノロジー”を辿る旅である。現在、建材や自動車に使われている鋼鉄は高炉で大量生産されており、少量の特殊な銑鉄、鋼鉄を作る技術は受け継がれていないのだ。著者は鉄鋼地の産地であるスウェーデンやドイツで初期で製鉄方法のノウハウを研究し紹介する。「鉄鉱石に炭あるいは石炭を加えて溶かし、鉄を精錬する」技術は空気の吹き込み方や高炉の高さなど、各地で独特の進化を遂げているのだ。

さらに、著者の研究は日本に伝統的に受け継がれる製鉄方法に及ぶ。へんくつな”製鉄おやじ”にいわば一子相伝の製鉄方法を教わる。その入れ込み方は尋常ではない。さらっと技術者と関係を築いたことを流して書いているが、著者の苦労は相当のものだと思われる。製鉄の貴重な歴史書である。

初版2017/05   講談社/ブルーバックス

2019.05.20

書評<西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム>

2010年代中盤、シリアを中心とした中東各地、あるいは国家崩壊の状態と化した北部アフリカからの難民・移民が地中海を渡り、ギリシャやイタリアといった南欧の国々に押し寄せた。船舶とも呼べない粗末な船で乗船し、海を渡ろうとする難民たちは航海中に事故で命を落とし、小さな女の子の死体が漂着するというショッキングなシーンも撮影された。この事態に、EUの盟主であるドイツのメルケル首相は人道的見地から、難民・移民の受け入れを決定する。大量に押し寄せる難民・移民は、ヨーロッパの国々に大規模なテロ、EU加盟国国内の政治的摩擦、EUそのものへの懐疑などを招き、西欧世界の価値観を揺さぶっている。こうした事態はなぜ起こったか?本書はそれを論じていく。

第2次世界大戦後、戦場となったヨーロッパ諸国は外国人労働者を導入した。また、アフリカに植民地を維持していた国々は、そこからも移民を受け入れた。”アラブの春”以降の時代に急速に問題化した移民・難民受け入れより前に、とっくにアイデンティティの異なる人たちが西欧にはいたのだ。不幸だったのは、元々いた移民の同化政策の失敗の顕在化と、新たな難民・移民の到来が同時に起こったことだろう。ヨーロッパ社会が個人の自由を求め、リベラル化していく中でもアイデンティティを失わなかったムスリムたち。そして、政教分離の理屈など受け入れない新たな来訪者たちは、西欧社会で深刻な摩擦を起こしていく。問題は、西欧のリベラルな政治家たち、マスコミがその摩擦を隠そうとし、また顕在化しても政争の具にしたことだ。西欧社会が確立した基本的人権の尊重や男女平等、LGBTなどの思想を認めないムスリムたちの犯罪を、人種差別や宗教差別の建前のもとに批判を認めなかった彼らは、ムスリムたちがいずれ西欧の価値観に染まると夢想したのだろうか?

そもそもなぜ、西欧は移民・難民を受け入れたのか?本書は政治から哲学に話を移す。キリスト教価値観からポストモダンに移行した現代、西欧の人々は中心となる哲学を見失い、アイデンティティ的に虚無に陥りつつあったのではないか?長く厳しい植民地支配の時代やユダヤ人虐殺に対する罪悪感が、価値観が異なる人々を受け入れることの困難さを見失わせたのではないか?思想家たちは人種や宗教へのとらえ方に対し一種のタブーを形成し、”多様性”といった耳障りのよい言葉だけが独り歩きさせ、大衆の危惧に耳を傾けてこなかったのではないか?著者が本書のタイトルに「西洋の自死」を選んだのは、西欧のエリートたちが招いた現在のヨーロッパの混乱を的確に現わしていると言える。

日本でも外国人労働者を正式に受け入れる法律が制定され、価値観が異なる人々が本格的に流入してくることが予想される。いわゆる先進各国の唱える”多様性”とは「一定の基本的人権感覚の共有の元」にある。それの外側にいる人たち、例えばムスリムたちの流入に我々の社会は耐えられるのか?西欧諸国の混乱を俯瞰すると、少なくとも自分には無理なように思えるのだ。

初版2018/12    東洋経済新報社/kindle版

2019.05.18

書評<牙: アフリカゾウの「密猟組織」を追って>

前世紀から、象牙を狙ったアフリカゾウの密猟は環境保護における主要な問題の1つだった。危機感が高まったのは、中国が急速な経済発展を遂げた1990年代後半以降。中国大陸における象牙の爆発的な需要の高まりから密猟は増加し、アフリカゾウの絶滅が危惧されるまでになった。アフリカ東部、タンザニアやケニアといったアフリカゾウの生息地で何が起きているのか?新聞社特派員の記者がその構造の複雑さにせまる。

アフリカは近年、急速な経済発展を遂げているとされているが、それは都市部にとどまり、権力を持つ者と持たざる者の絶望的な貧富の差が生じているのが現状だ。そうした現状が、アフリカゾウの絶滅危惧に密接につながっている。貧者はサバンナで残酷なかたちでゾウを狩る。象牙を買い付ける中国人たちは実質的に駐アフリカ大使館を後ろ盾にしており、アフリカの行政関係者、警察関係者に賄賂を渡し、罪に問われることは滅多にない。中国マネーを軸にして、象牙の密猟がガッチリ構造化されているのだ。アフリカの権力者たちの腐敗はもはや改革不能であり、中国人たちはすでにアフリカ大陸の腐敗の一員と化している現実に本書はせまっていく。

衝撃的な事実とはいえ、残念ながら著者はそのアフリカの深淵の入り口にしか見ることが出来ていない。センセーショナルではあるが、事実に対する裏付けも、単行本としての文量も物足りない。それでも、国際会議で見られる偽善も含めて、漠然とテレビや新聞を読んでいるだけでは分からない腐敗の構造にせまったノンフィクションとはいえるだろう。

 

初版2019/05  小学館/ハードカバー

 

 

2019.05.05

書評<星系出雲の兵站 4>

星系出雲の人類の宇宙開発の最前線である小惑星に攻撃を仕掛けてきた異星人、ガイナス。彼らの生態や思考のパターンが分からないながらも、降下猟兵連隊とそれを支える兵站部隊の活躍などにより、かろうじてガイナスを退けてきた人類だが、ガイナスの行動パターンの分析の結果、人類の居住惑星の1つへの直接攻撃の可能性が高いことが示唆された。星系出雲のコンソーシアム艦隊は、ガイナスとの戦争で初めて先制攻撃をかける決断を下す。

 

星系出雲を舞台とした、戦争SFが一部完結。軍隊組織と運営の複雑さ、それを支える産業基盤の重要性に着目し、兵站部門にこそ英雄級の活躍があることを描いた本作だが、スペースシップやASと呼ばれるパワードスーツでの戦闘も程よく織り込まれ、バランスの良い作品であった。第一部完結となる本作品では、異星人の正体の分析と、それに対する対応がメインとなり、兵站部門の描写は抑えられていると感じるが、第二部でそれは復活するのだろう。人類が次の探索の地に選んでいた星が、実は異星人の本拠地であったという絶妙な引きを残しているので、早く続きを読みたいものである。

 

初版2019/04    早川書房/kindle版

より以前の記事一覧

My Photo
August 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Twitter


無料ブログはココログ