2020.01.21

書評<鳥マニアックス>

地球上の動物の中で、とりわけ特徴的なのが鳥類だ。彼らはなんといっても大気圏内を飛行し、水中と地上を行き来し、夜間に飛行する種もいれば長距離を飛行し渡りをするものもいる。著者は本書で鳥類のそれらのメカニズムを、物理的な解析とオタク的なマニアックな知識を比喩に使うことによって、とっつきやすく、なおかつディープに解説していく。

例えば、そもそも鳥はどうやって揚力を得ているのか?鳥の羽が航空機でいうところの翼断面をしているのは確かだが、では推進力や舵面はどう確保しているのか?映像解析すると、鳥の羽ばたきと飛行は、固定翼機というよりローターをアクチュエータ−で動かすヘリコプターに近い。これは本書の第1章の解説だが、もうこれだけで抜群に面白い。本書は著者の本業である鳥類の研究と、趣味であるミリタリーやアニメの要素を組み合わせて、鳥類の驚くべき身体的な特徴を解説していく。生物学は意外と学術的な解説だけでは難解だが、オタクが浅く理解している物理学の基礎を持ってすれば、理解が何倍も理解が早くなる。オタクにとって鳥類がもっと身近になる、そんな一冊だ。

 

初版2019/11    カンゼン/kindle版

2020.01.20

書評<反穀物の人類史――国家誕生のディープヒストリー>

我々は人類の歴史を一直線に考えがちだ。特に人類文明の発展初期については「狩猟採集生活⇒耕作・農業の発達⇒国の誕生」という流れが常識とされている。しかしながら近年、こうした定説が否定されつつある。特定作物、特に穀物の栽培は非常に重労働であり、そのうえ王による徴税があったのでは、農民たちはたまったものではない。それでは、実際には歴史はどう刻まれたのか?メソポタミアの沖積層の調査の結果を中心に、歴史学者たちの最新の研究を踏まえ、著者が大胆な仮説を唱える。

人類の居住域の拡大、文明の発達には集団による穀物の耕作は必須のものであったことは事実である。だが、歴史はそう単純なものではない。狩猟採集生活あるいは遊牧は不安定な生活だと考えがちだが、季節に合わせた小集団による移動生活は単一の穀物に頼るより、栄養バランスが取れていた。それに、大規模集団による耕作生活はしばしば感染症の大規模な流行を招き、コミュニティを破滅に追い込んだ。これは王家や国家が成立した後も続いたことは事実だ。”人類初の国家成立”は紀元前に遡るが、メソポタミアに限っても、その歴史は途絶えがちで”暗黒の時間”が存在するのだ。このことは文明の発展初期において、人類が柔軟に狩猟採集生活と耕作生活を行き来していることの証左となるだろう。本書はこうした事実と研究結果のレポートを積み重ね、新たな歴史の姿を紹介している。

皮肉な人は「我々はコメ・コムギとネコの奴隷だ」と言う。人類は自分たちに有利なようにこれらを品種改良しているつもりが、実は人間のほうが穀物とネコを世話するように誘導されているのだというのだ。本書を読むと、穀物についてはある意味で正しいと感じざるをえない。かように、穀物主体の農業生活への移行は謎が多く、本書はその理解の一助となるだろう。

初版2019/12   みすず書房/kindle版

2020.01.04

書評<異世界誕生 2006>


 


何度目かのライトノベルブームが到来し、後に定番となる「異世界転生」のストーリーがボチボチ見られるようになった2006年。ある一人のオタク、タカシが交通事故で死んだ。彼を溺愛してきた母親フミエは、HDDに残された小説のプロットを元に拙いタッチで小説を書き始める。一方で、そんな母親がたまらなく嫌な妹、チカはタカシをはねた事故当事者の片山に相談する。混沌とした家族関係、人間関係は解きほぐれるのか?

本書は"救いの物語"である。オーバーではない。息子の喪失から奇異な方法で逃れようとする母親。自分自身で賢いと思っていても、まだまだ子供である妹。罪の意識にさいなまれる交通事故加害者。そんな彼彼女らが"クソオブクソ"であるプロットのノベルを巡って絡み合い、そしてネットの助けも借りてある種の救いを得る。ネットのレビューでは"稚拙"と批判されてる劇中劇だが、稚拙であるからこそ人間模様が巡るのだ。爽やかな読後感のライトノベルである。


初版2019/08  講談社/Kindle版

2020.01.03

書評<未完の計画機3>


 


古今東西の未完の航空機たちの物語を、設計者や経営者まで遡って紹介するコラム集の第3弾。今回はアメリカのレンズ状の宇宙船やソ連の地球軌道往還船など宇宙関係の航空機も多く登場する。

昨今の航空機ははシルエットは多少違っていても、"設計のルール"は確定しており、どうしても似たような印象が多い。また、大手の老舗企業は例え政府請け負いの仕事でも、リスクを背負って開発することは少なくなっている。おかげで本書で取り上げられている"百花繚乱"ともいえる驚くような外形を持つ航空機は少ない。
だが同時に、いわゆるスタートアップ企業は続々と登場し、新規技術開発も盛んだ。モノになるかはどうかは別として、多くの"予想イラスト"が描かれる時代が到来している。2010年代や2020年代は後年、本書のような特集にどのように総括されるのだろうか。そんなことを考えさせられる一冊である。

初版2019/12    イカロス出版/大型本

2020.01.02

書評<人喰い――ロックフェラー失踪事件>


 


1961年、オランダ領であったニューギニアのジャングル奥地で、ロックフェラー家の御曹司、マイケル·ロックフェラーが行方不明となった。行方不明のまま、葬儀なども営まれたが、当時より「現地民に殺され、人喰いの犠牲になった」との噂は絶えなかった。げんにオランダ人の牧師たちは現地民の証言を取っていたのだ。事件から50年後、著者は真実を追うため、当時の記憶をまだ残す人物がいるかも知れない集落へ潜入する。

自分はこの事件のことを知らなかったが、「暗黒のジャングルで未開の地の原住民にロックフェラーの息子が喰われた」との話はオカルト界では有名なエピソードであったそうだ。著者は当時の宣教師たちが残した資料を調査し、マイケルの"死亡原因"を確信しながらも、いまだに到達するだけでも苦難が待ち受けるジャングルに向かう。そもそも、大富豪の後継者の一人であるマイケルがなぜ、ニューギニアに赴かねばならなかったのか?当時のニューギニアはどんな状況だったのか?マイケルを喰ったと推測される「殺人と狩猟と精霊とともに生きる」民族、アスマットとはどんな部族だったのか?著者が事件を追ううちに、マイケルがジャングルで犠牲になったのは当然かとも思えてくる。それは著者が現地に入り、ジャングルの実態をリアルに描いたからこそだ。この地球上に、都市住民にはまだまだまだ知らない世界と文化が生きているのだ。


初版2019/03    亜紀書房/Kindle版

2020.01.01

書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか


 

1500年代から始まる大航海時代以降、イングランドは世界の各地を植民地化し、大英帝国を築いた。それは同時に、食のグローバル化の始まりでもあった。貴族と小作人たちのアイルランド入植やカナダ沖のタラ漁から始まった英国の植民地と食の関係を、北アメリカ大陸、カリブ諸島、アフリカ大陸、アジアと拡大していく入植地の順に考察していく。

世界各地を植民地化し、搾取の構造を作り上げた大英帝国。本書を読むと、実際にはそうした教科書的な解釈よりもずっと大きな影響を世界にもたらしていることが分かる。世界各地をプランテーション化し、単一の商品作物の生産体制を作り上げ、大英帝国の誇る帆船艦隊の流通網に頼らざるをえない体制を築いたこと。アメリカ大陸からアフリカにトウモロコシをもたらし、現地民の炭水化物供給源を変えたこと。砂糖と紅茶葉の過剰生産は、植民地どころか地元イギリス国民の労働者のカロリー供給源を貧しいものにしたこと。こうした事例は本書の内容のほんの一部に過ぎない。次々と拡がる植民地事情が複雑に絡み合って、現在の世界規模の食料貿易の原型を作り上げたのだ。グレートブリテンの凶悪さと強大さの歴史を、食卓から学べる貴重な一冊である。

初版2019/03    河出書房新社/ハードカバー

2019.12.11

書評<奇書の世界史 歴史を動かす“ヤバい書物”の物語>

 

本書で紹介する奇書とは、数“奇”な運命をたどった“書”物である。”魔女狩り”という、当時の価値観では当たり前のように行われた際に参考にされ、ベストセラーになった本。多くの少年や科学者の運命を変え、人類を月にまで送り出すきっかけとなった著作。その著作により、異端審問にかけられたガリレオは「それでも地球は回っている」と本当に言ったのか?様々な著作の運命を探っていく。

本書はYoutubeで公開されている書評を書籍化したという、今風の著作だ。なので豊富な図表を交え、発売当時の書籍の雰囲気をうまく伝えながら、柔らかい文体で内容を解説していく。当時の人びとが本を読むことによって、現代では考えられない行動を促されたのはなぜなのか?当時の風俗や疫病、宗教などを分析しており、価値観の変化が分かりやすい。今現在も、本書でいうところの”奇書”が生み出されているんだろうなあ、と思わずにはいられない本である。

初版2019/08 KADOKAWA/kindle版

2019.12.10

書評<エイリアン――科学者たちが語る地球外生命>

地球外生命体の研究、探査は人々が思った以上に進展している。天文学の分野では地球によく似た惑星の発見が相次ぎ、太陽系内においてさえ、生命誕生の可能性が取りざたされる発見があった。本書は様々な分野の科学者が地球外生命体が存在する可能性を多角的な視点から探求していく。

本書は、20人の科学者が広い視点で地球外生命体の存在の可能性を論じた本である。その視点は映画やSFに登場するような知的生命体の存在や人類との”ファーストコンタクト”を果たすことが出来るかどうかといったものから、私たちの暮らす銀河に生命体が存在する確率、その生命体のセントラルドグマがなんであるかなど、様々な視点があって面白い。

「宇宙人がいるかいないか」の結論が異なるなど、偏った視点でないのも本書の魅力だ。宇宙は広大なのに、我々哺乳類のような複雑な生命体が生まれる確率は極小であること、まして知的生命体との出会いはおそらくない、という正直な結論もある。天文学から生物学まで、下敷きが多ければ多いほど、楽しめる本である。

 

初版/2019/09    紀伊國屋書店/Kindle版

2019.12.09

書評<アラスカ探検記>

氷河と森林が土地を覆い隠す、過酷な自然環境を残す地、アラスカ。100年前、鉄道王が当時の一流科学者と自然保護活動家をとともに海岸調査のため旅した海路を、アメリカの作家が同じように旅をする旅行記。100年前に彼らが何を目撃したのを記しながら、その100年後に著者が何を見てたかを綴っていく。

厳しい自然がいまだ人を阻むアラスカ。だが、その地がアメリカ合衆国のものになった後、その海岸には黄金、豊富な漁業資源、近年では原油を求め、人々が移住していた。もともとその地で暮らしていた先住民族の暮らしは大きく変わるどころか、存続すら危うい状態になった。これがわずか100年前の出来事である。そうした開拓時代や第2次大戦を経て、アラスカは観光と石油産出地、そして地球温暖化を象徴する土地となっている。石油の価格下落とともに、衰退に向かう街。ここ100年で大幅に縮小した氷河。著者は100年前の旅と絡め、アラスカの自然と社会、そしてその変化を淡々と記していく。クルーズ船で土地に降り立ち、3時間ほどお土産店の周辺を巡るだけでは分からない、アラスカという土地のリアルな歴史とその姿。ことさら環境破壊や現地住民の貧困を訴えるのではない、リアルな体験が貴重なできる紀行本だ。

 

初版2019/08   青土社/Kingle版

2019.12.07

書評<イスラム2.0: SNSが変えた1400年の宗教観>

西欧諸国がアルカイダやISといったテロ組織に対して”終わりなき戦争”を続けても、あいかわらずイスラム教が関連したテロが減らない昨今。テロの根本的な原因はどこにあるのか?それは貧困や教育でなく、イスラム教徒がインターネット時代になり、経典であるコーランに直接触れる機会が飛躍的に増加したからだと著者は説く。それが表題の「イスラム2.0」の世界である。本書は西洋的価値観に基づいた”テロとの戦い”の間違いを解説し、移民時代を迎えようとしている日本人に対し、イスラム教徒との共存の危険さを警告する。

イスラム教は根本的に神に従う宗教である。それは西洋で構築された民主主義、法治を基準にした国民国家で一般的な価値観とは相容れない、と著者は説く。それならばなぜ、この世界を構築する国家群の枠組みに今までイスラム教が収まっていたのか?それは経典であるコーランを一般教徒に説法するイスラム法学者たちが国家の権力者たちと”癒着”していたからだ。ここまでが著者のいう「イスラム1.0」である。前述のように、インターネットはイスラム世界をも変革した。ムスリムたちはコーランの教えに直接触れ、より”原理主義的”にイスラム教を解釈し、行動を始めているのである。それが今現在のヨーロッパや東南アジアで起きているリベラルとイスラムの摩擦の正体である。近代民主主義国家の「信教の自由」は、基本的人権の下に宗教をおいているからこその”自由”であり、神に従うイスラム教徒とは価値観が根本的に異なるのだ。本書にあるこうした解説は、イスラム教徒たちが本来の姿に戻りつつある現在において、非常に説得力がある。ヨーロッパのリベラルエリートの政治指導者たちがいかに「寛容であれ」と演説しようと、摩擦を経験した国民に響かないのは当然であろう。

翻って日本。著者は日本がすでにテロの”温床”になっていることを指摘する。平和ゆえの警戒感の薄さ、世界の状況への無頓着さを我々は自覚しなければなるまい。まして、日本人は自国民に対してさえ無神経だ。それが、イスラム教徒と本格的に対峙するとどうなるか?想像もつかない事件が起こるのも、そう遠くないのかも知れない。そう感じさせる一冊である。

 

初版2019/11    河出書房新社/河出新書

より以前の記事一覧

My Photo
January 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter


無料ブログはココログ