2020.03.11

書評<一揆の原理>

一揆といえば、農民が鎌や竹槍を手に取り、集団で領主のもとに押し寄せたり、悪徳商人の蔵を打ち壊すイメージが強い。いわば虐げられた民の反乱だ。しかし、近年の資料の研究により、”権力者に立ち向かう弱者の集団”といったイメージが崩れつつある。本書は、そうした一揆の本質を解説していく。

本書で著者は「一揆を結ぶ」という言葉を多用する。一揆とは”武装蜂起”というよりも、”農民や僧侶たちの契約”が本来の意味であり、その契約に、例えば領主との年貢の交渉も含まれるのだ。いわゆる荘園の領主というと、過酷な年貢を課すイメージが強いが、農民たちが離散しては領主とて生活(たつき)の糧を失う。農民たちは一揆を結んでいわば”団体交渉”をし、領主と交渉する。また僧侶たちも、自分たちの利権を守ろうと交渉する。それに参加する人々の団結こそが一揆であると、著者は看破する。農民たちは領主に一方的に支配されているのではなく、一揆をとおして、いわば領主と駆け引きをしていたのである。もちろん、一揆の形態は多様だし、日本史の中世の長い歴史の中で徐々に変化していく。本書はそうした変化も、日本史全体の流れに合わせて紹介していく。

本書は著者の出版物で一貫してみられる「旧来の左翼的な歴史観の修正」の1冊となる。歴史は固定されるものではなく、研究で変化するものであると強く感じさせる一冊だ。

 

初版2015/12    筑摩書房/Kindle版

2020.03.10

書評<日本中世への招待>

中世の歴史好き、というクラスタのほとんどは、戦国時代や戦国武将を中心とした派手な合戦や政治的駆け引きを面白い、という人が多いだろう。自分もそうだ。しかし、当然ながら当時の庶民たちにも生活があり、現代とは少し違う形の家族、教育、生活があった。本書はそうした中世の”日常”を紹介する。

”中世の庶民の生活”にも歴史というものが当然ある。学校の日本史でしか学習したことがなく、ぼんやりとした知識しかない読者に、本書は日本の中世の世界観を教えてくれる。江戸時代に至るまでに、教育制度はどのような経緯をたどったのか?出産や葬式はどのように執り行われていたのか?旅行や娯楽はどのように行われていたのか?現在と同じ価値観と違う価値観が交錯する様は非常に興味深い。歴史の様々な面を知ることが出来る新書である。

 

初版2019/02    朝日新聞出版/朝日選書

2020.03.09

書評<独ソ戦 絶滅戦争の惨禍>

ヨーロッパでの第2次世界大戦のうち、独ソ戦、いわゆるドイツから見た東部戦線は、自国の利益目的とした通常戦争あるいは収奪戦争というよりも、ロシア人そのものを絶滅させるという意図を持った”絶滅戦争”であった。それは悪名高きナチス党やヒトラーその人に、全ての責任を負わせるべきものではない。国防軍もまた、その絶滅戦争に加担したのだ。本書は独ソ戦をその目的と戦線の動き、幹部たちの方針の変更といった大局に焦点を合わせ、絶滅戦争の惨禍を描き出す。

従来の歴史書、あるいは好事家向けの書物でも、独ソ戦が”地獄の戦場”であったことは詳細に語られている。本書の画期的なところはその戦争目的の変化という政治的な面と、ドイツ国防軍の”英雄神話”というべき軍事的な面を、最新研究によりひっくり返しながら、なおかつ独ソ戦をコンパクトにまとめたことであろう。石油という資源収奪という戦争目的からの逸脱。ドイツ国防軍の幹部はナチス党の方針には反してはおらず、”野蛮な戦闘行為”の決定に大いに関わっていたこと。ソ連は物量と欧米連合国の支援でドイツ軍を押し返したのではなく、優秀な作戦と兵器が手元に準備されていたこと。ミリオタの常識を覆すというにはオーバーだが、新事実を交えつつ、独ソ戦の大きな動きをまとめることに成功している。本書を頭に入れたうえで、各種書籍にあたれば、様々な発見があるだろう。

初版2019/07   岩波新書/Kindle版

2020.03.08

書評<未熟児を陳列した男:新生児医療の奇妙なはじまり>

20世紀初頭、現代医療の黎明期に、”興行師”であり”医者”であるドクター・クーニーが万国博覧会のある展示で注目を集めた。それは保育器に入った誕生時の体重が1000gにも満たない未熟児たちである。医療はまだ未熟児たちを助けるまでには発達しておらず、医師も親たちに平然と生まれたばかりの赤ん坊の運命を告げた時代に、未熟児たちの死亡率を下げ、また障害が残らないように育てるための保育器をクーニーは開発したのだ。しかし、中世から続く伝統的な医療を引きずった時代に、保育器はなかなか広まらなかった。また、それは金がかかるものであり、未熟児を扱う看護師の技術も高いものを要するため、一般市民に支払える額ではなかった。そこでクーニーは未熟児医療を”興行”とし、見世物としたのである。未熟児医療の先駆者であり、優生学が重視された時代に未熟児医療に情熱を注いだクーニーの数奇な物語を著者は追う。

 

19世紀末の現代科学の発達期、万博博覧会は科学技術の発達を披露する舞台であり、庶民の娯楽の1つであった。そうした舞台で、先端医療を見世物としたクーニー医師の功績は毀誉褒貶するものがあって当然である。しかし、クーニーの出自はともかくとして、その活動を追っていけば、そこには必ず”赤ちゃんへの愛”があった。それは彼の妻、そして”マダム”と呼ばれることを好んだ看護師も同様だ。クーニーらは頭の固い医師たちにまっこうから勝負を挑んだのだ。そして、優生学が隆盛するなかで、それに対抗する中で未熟児たちを救い続けたのである。

そしてこの伝記は、著者とクーニー医師に救われた未熟児たちの探索の物語でもある。怪しい興行師でもあったクーニーの足跡をたどるのは簡単ではないし、彼が救った子供たちももはや70代以上の高齢者たちだ。生存者の多くは高齢の女性だが、彼女らは自分たちの出自を面白がり、また誇りをもっていた。またクーニーが亡くなり、現代医学が隆盛した1970年代にも、彼を高く評価した小児科医が多数いたのだ。本書はそうしたエピソードを紡ぎ、見事にクーニーの数奇な人生を描き出している。

 

初版2020/02    原書房/ハードカバー

2020.01.21

書評<鳥マニアックス>

地球上の動物の中で、とりわけ特徴的なのが鳥類だ。彼らはなんといっても大気圏内を飛行し、水中と地上を行き来し、夜間に飛行する種もいれば長距離を飛行し渡りをするものもいる。著者は本書で鳥類のそれらのメカニズムを、物理的な解析とオタク的なマニアックな知識を比喩に使うことによって、とっつきやすく、なおかつディープに解説していく。

例えば、そもそも鳥はどうやって揚力を得ているのか?鳥の羽が航空機でいうところの翼断面をしているのは確かだが、では推進力や舵面はどう確保しているのか?映像解析すると、鳥の羽ばたきと飛行は、固定翼機というよりローターをアクチュエータ−で動かすヘリコプターに近い。これは本書の第1章の解説だが、もうこれだけで抜群に面白い。本書は著者の本業である鳥類の研究と、趣味であるミリタリーやアニメの要素を組み合わせて、鳥類の驚くべき身体的な特徴を解説していく。生物学は意外と学術的な解説だけでは難解だが、オタクが浅く理解している物理学の基礎を持ってすれば、理解が何倍も理解が早くなる。オタクにとって鳥類がもっと身近になる、そんな一冊だ。

 

初版2019/11    カンゼン/kindle版

2020.01.20

書評<反穀物の人類史――国家誕生のディープヒストリー>

我々は人類の歴史を一直線に考えがちだ。特に人類文明の発展初期については「狩猟採集生活⇒耕作・農業の発達⇒国の誕生」という流れが常識とされている。しかしながら近年、こうした定説が否定されつつある。特定作物、特に穀物の栽培は非常に重労働であり、そのうえ王による徴税があったのでは、農民たちはたまったものではない。それでは、実際には歴史はどう刻まれたのか?メソポタミアの沖積層の調査の結果を中心に、歴史学者たちの最新の研究を踏まえ、著者が大胆な仮説を唱える。

人類の居住域の拡大、文明の発達には集団による穀物の耕作は必須のものであったことは事実である。だが、歴史はそう単純なものではない。狩猟採集生活あるいは遊牧は不安定な生活だと考えがちだが、季節に合わせた小集団による移動生活は単一の穀物に頼るより、栄養バランスが取れていた。それに、大規模集団による耕作生活はしばしば感染症の大規模な流行を招き、コミュニティを破滅に追い込んだ。これは王家や国家が成立した後も続いたことは事実だ。”人類初の国家成立”は紀元前に遡るが、メソポタミアに限っても、その歴史は途絶えがちで”暗黒の時間”が存在するのだ。このことは文明の発展初期において、人類が柔軟に狩猟採集生活と耕作生活を行き来していることの証左となるだろう。本書はこうした事実と研究結果のレポートを積み重ね、新たな歴史の姿を紹介している。

皮肉な人は「我々はコメ・コムギとネコの奴隷だ」と言う。人類は自分たちに有利なようにこれらを品種改良しているつもりが、実は人間のほうが穀物とネコを世話するように誘導されているのだというのだ。本書を読むと、穀物についてはある意味で正しいと感じざるをえない。かように、穀物主体の農業生活への移行は謎が多く、本書はその理解の一助となるだろう。

初版2019/12   みすず書房/kindle版

2020.01.04

書評<異世界誕生 2006>


 


何度目かのライトノベルブームが到来し、後に定番となる「異世界転生」のストーリーがボチボチ見られるようになった2006年。ある一人のオタク、タカシが交通事故で死んだ。彼を溺愛してきた母親フミエは、HDDに残された小説のプロットを元に拙いタッチで小説を書き始める。一方で、そんな母親がたまらなく嫌な妹、チカはタカシをはねた事故当事者の片山に相談する。混沌とした家族関係、人間関係は解きほぐれるのか?

本書は"救いの物語"である。オーバーではない。息子の喪失から奇異な方法で逃れようとする母親。自分自身で賢いと思っていても、まだまだ子供である妹。罪の意識にさいなまれる交通事故加害者。そんな彼彼女らが"クソオブクソ"であるプロットのノベルを巡って絡み合い、そしてネットの助けも借りてある種の救いを得る。ネットのレビューでは"稚拙"と批判されてる劇中劇だが、稚拙であるからこそ人間模様が巡るのだ。爽やかな読後感のライトノベルである。


初版2019/08  講談社/Kindle版

2020.01.03

書評<未完の計画機3>


 


古今東西の未完の航空機たちの物語を、設計者や経営者まで遡って紹介するコラム集の第3弾。今回はアメリカのレンズ状の宇宙船やソ連の地球軌道往還船など宇宙関係の航空機も多く登場する。

昨今の航空機ははシルエットは多少違っていても、"設計のルール"は確定しており、どうしても似たような印象が多い。また、大手の老舗企業は例え政府請け負いの仕事でも、リスクを背負って開発することは少なくなっている。おかげで本書で取り上げられている"百花繚乱"ともいえる驚くような外形を持つ航空機は少ない。
だが同時に、いわゆるスタートアップ企業は続々と登場し、新規技術開発も盛んだ。モノになるかはどうかは別として、多くの"予想イラスト"が描かれる時代が到来している。2010年代や2020年代は後年、本書のような特集にどのように総括されるのだろうか。そんなことを考えさせられる一冊である。

初版2019/12    イカロス出版/大型本

2020.01.02

書評<人喰い――ロックフェラー失踪事件>


 


1961年、オランダ領であったニューギニアのジャングル奥地で、ロックフェラー家の御曹司、マイケル·ロックフェラーが行方不明となった。行方不明のまま、葬儀なども営まれたが、当時より「現地民に殺され、人喰いの犠牲になった」との噂は絶えなかった。げんにオランダ人の牧師たちは現地民の証言を取っていたのだ。事件から50年後、著者は真実を追うため、当時の記憶をまだ残す人物がいるかも知れない集落へ潜入する。

自分はこの事件のことを知らなかったが、「暗黒のジャングルで未開の地の原住民にロックフェラーの息子が喰われた」との話はオカルト界では有名なエピソードであったそうだ。著者は当時の宣教師たちが残した資料を調査し、マイケルの"死亡原因"を確信しながらも、いまだに到達するだけでも苦難が待ち受けるジャングルに向かう。そもそも、大富豪の後継者の一人であるマイケルがなぜ、ニューギニアに赴かねばならなかったのか?当時のニューギニアはどんな状況だったのか?マイケルを喰ったと推測される「殺人と狩猟と精霊とともに生きる」民族、アスマットとはどんな部族だったのか?著者が事件を追ううちに、マイケルがジャングルで犠牲になったのは当然かとも思えてくる。それは著者が現地に入り、ジャングルの実態をリアルに描いたからこそだ。この地球上に、都市住民にはまだまだまだ知らない世界と文化が生きているのだ。


初版2019/03    亜紀書房/Kindle版

2020.01.01

書評<大英帝国は大食らい: イギリスとその帝国による植民地経営は、いかにして世界各地の食事をつくりあげたか


 

1500年代から始まる大航海時代以降、イングランドは世界の各地を植民地化し、大英帝国を築いた。それは同時に、食のグローバル化の始まりでもあった。貴族と小作人たちのアイルランド入植やカナダ沖のタラ漁から始まった英国の植民地と食の関係を、北アメリカ大陸、カリブ諸島、アフリカ大陸、アジアと拡大していく入植地の順に考察していく。

世界各地を植民地化し、搾取の構造を作り上げた大英帝国。本書を読むと、実際にはそうした教科書的な解釈よりもずっと大きな影響を世界にもたらしていることが分かる。世界各地をプランテーション化し、単一の商品作物の生産体制を作り上げ、大英帝国の誇る帆船艦隊の流通網に頼らざるをえない体制を築いたこと。アメリカ大陸からアフリカにトウモロコシをもたらし、現地民の炭水化物供給源を変えたこと。砂糖と紅茶葉の過剰生産は、植民地どころか地元イギリス国民の労働者のカロリー供給源を貧しいものにしたこと。こうした事例は本書の内容のほんの一部に過ぎない。次々と拡がる植民地事情が複雑に絡み合って、現在の世界規模の食料貿易の原型を作り上げたのだ。グレートブリテンの凶悪さと強大さの歴史を、食卓から学べる貴重な一冊である。

初版2019/03    河出書房新社/ハードカバー

より以前の記事一覧

My Photo
March 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter


無料ブログはココログ